【炎上】LGポーランド公式が「このスマホは盗撮に最適!」と意図する広告を出し大批判を食らう!

女性差別的な広告が大炎上!! LGグループ傘下の「LGポーランド」が配信した、ある最新スマホの広告が不適切だとして大炎上している。 こちらの広告は、最新スマホ「LG V60」を宣伝するためにTikTok向けに配信されていた動画。 広告の内容は、老人が女性のスカートの中を撮影しようとしてスマホを取り上げられるというもの。 女性にスマホをチェックされるが、片方で撮影した自分の顔しかないため、女性は勘違いを謝り去っていく。だが、実際は盗撮に成功しており、老人がガッツポーズをする・・・といったものである。まさに、「バレずに盗撮できる!」と言わんばかりの内容である。 当然問題視された動画は、あるユーザーによってTwitterに転載され、LGポーランドの公式には批判が相次いだ。これを知ってか、公式はすぐさま動画を削除して火消しを行なったという。 有名TikTokerが投稿したものを採用したか ちなみに、動画を制作したのはTikTokで活動する映像アーティスト「@sawardega」というユーザーが作成したもの。 彼は特殊メイクによっておじいちゃんになりきる動画シリーズを数多く制作しており、今回の動画もそのうちのひとつだった。この動画を広告に採用してしまったことはLGポーランドの落ち度と言えるだろう。 LGポーランドは今回の炎上に関して、このようにコメントしている。 「LGのポリシーに準拠していない動画がLGポーランドによって投稿されました。LGエレクトロニクスのマーケティングチームによる審査が適切に行われていなかったため、すぐに削除されました。 この誤った考えの動画が引き起こしたあらゆる違反に関してお詫びし、再発防止に努めます。」 

Read more

近畿大学が公式ツイッターで『事件が起こりました』と写真を投稿。衝撃が走っています・・・

Twitterで話題となっていた『事件が起こりました』というワード。 何事かと思ったら、近畿大学の公式Twitterが投稿したもので本当に事件が発生していました。 衝撃の画像がこちらです。 事件が起こりました。 pic.twitter.com/enXzyeXEzo — 近畿大学 (@kinkidaigakuPR) May 29, 2020 猫ちゃんがあんなところに行ってしまったんですね・・・!これは息を飲みます・・・ その後近畿大学は近況を報告。 場所は本学クラブセンターグラウンド南側、附属高校グラウンドの鉄柱。「鉄柱にネコが登って、降りられないようだ」と通報を受けました。 pic.twitter.com/3jp9Ww6N50 — 近畿大学 (@kinkidaigakuPR) May 29, 2020 ただ君を救いたい。必死の説得を行いつつ、レスキューを待つ。 pic.twitter.com/U5ouIdxGfg — 近畿大学

Read more

トマトもダメ!冷蔵庫に入れてはいけない食品11選について

スーパーから帰ってきたら、食材を全部冷蔵庫に詰め込んでいませんか?それは大きな間違いかも!食材を美味しく無駄なく食べるための秘訣は保存方法。 正しい方法で保存してあげれば、今までよりずっと長持ちする食材もあるかもしれません。 1. 玉ねぎ 玉ねぎは湿気が苦手で、冷蔵庫に入れるとすぐに腐ってしまいます。風通しが良く湿気の少ない場所で保存します。常温でも十分長持ちしますが、室内の湿気が増える梅雨〜夏の時期は冷蔵庫に入れておいた方が良いでしょう。 2. アボカド 熟していない時期に収穫され、店頭に並ぶアボカド。購入したら常温で保存して熟すのを待ちましょう。皮が緑から黒色に変色し、指で触った時少し押せるくらいの弾力があれば食べ頃。熟した後は、冷蔵庫で保存します。ただ、温度が5℃以下になると低温障害といって黒く傷んでしまうことがあるので、熟したら冷蔵庫で何日も保存せず早めに食べるのが一番。 3. さつまいも さつまいもは寒さに弱い野菜で、冷蔵庫に入れると低温障害を起こして早く腐ってしまいます。保存の適温は12〜13℃なので、1個ずつ新聞紙に包んで常温保存が一番です。 4. トマト まだ実が青いトマトは、常温保存して追熟させますが、赤く熟れたトマトは、5〜10℃の冷蔵庫の野菜室で保存します。ただ、5℃以下になるとこの野菜も低温障害を起こし、味も薄くなっていくので、野菜室のない冷蔵庫の場合は、冷蔵しないほうが良いでしょう。風通しの良い14℃以下の場所なら室内でも保存可能です。 5. コーヒー コーヒーは粉も豆も冷蔵庫に入れてはいけません。冷蔵庫内の臭いを吸収してしまいまうのです。これはお茶の葉も同じです。開封済みのコーヒーやお茶は、密封できる容器に移して冷暗所において保存しましょう。 6. しょうが しょうがを保存する適温は14℃。冷蔵庫に入れず、風通しの良い暗い場所に保管してください。しょうがを冷蔵庫に入れると低温障害を起こして傷みやすくなります 7. タバスコ 冷蔵すると出し入れに伴う急激な温度変化で風味が劣化しやすくなるので、冷暗所で常温保存するのが一番です。 8. 桃

Read more

【ペットじゃね?】パキスタンからのスパイ容疑をかけられたハトをインド当局が拘束!

パキスタンから飛来したスパイのハトを当局が拘束! インドとパキスタンは、カシミール地方の領有権問題を主にして関係が悪化している。そのせいで疑心暗鬼になっているせいか、どうみても勘違いにしか思えないような事件が起きたという。 インド当局によると、5月24日、パキスタンに面する国境のジャンムー・カシミールにて、1羽の足輪がついたハトが捕獲されたという。 飛来してきたのは民家で、番号がかかれた足輪をつけていることから、この家に住む女性が「パキスタンからの暗号ではないか」と思い込んだという。こうして村人で協力し捕獲を行い、地元の国境警備隊に引き渡した。 地元当局の担当者、シャイレンドラ・ミシュラ氏は「スパイであるとは断言できません」「足輪の番号が、パキスタンからのメッセージコードではないかという方が地元に何人かいらっしゃいます。」と冷静に語っている。 また、村に隣接するパキスタンのパンジャーブ州では、飼育しているハトに番号札をつけ、所有権を示す文化がある。そのため、今回のハトも誰かのペットである可能性が高い。 ちなみに今回のように、番号付きのハトが飛来したのは初めてではなく、過去にも何度か同様の出来事がおこっている。 警察は、ハトには罰則を与えない方針を示している。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジャンムー・カシミールのカシュア警察は、地元メディアNDTVに対し、「国境付近は非常にセンシティブな地域になっており、不法侵入もしばしば起こっております。」と述べている。 国境での緊張関係が続く中、いたずらに村人を刺激しないためにハトを拘束したのかもしれない。 

Read more

幼少期、性虐待受けて育った女性は80代になって・・・その様子に絶句する

虐待やいじめなど、一度受けた傷は生涯消えることはありません。 とある投稿者さんは介護士をしていた時代に出会った一人の女性とのこんなエピソードを紹介しています。 私、幼少期実父に性虐待受けて育った80代のお婆ちゃんを介護してた時あったんだけど、80代でも苦しんでたよ。トラウマで男性看護師の処置受けれなかったり、人間不信で介護士を信じれなかったり、幻視幻覚があって「穴という穴からゴキブリが入ってくる」って言って、寝る前は塞げる穴はすべて塞いで→ — 土砂おふとん(画家) (@uchida_yurika) May 27, 2020 私に「今ゴキブリが入ったから口の中にゴキジェット噴いて」って言うの。性暴力って、その人のその後の人生を壊すんだよ。死ぬまで苦しむの。すべて奪われる。だから絶対にしないでほしい。心の殺人だから。#被害者の立場から性犯罪を考える — 土砂おふとん(画家) (@uchida_yurika) May 27, 2020 言葉になりませんよね。心の傷の大きさが伺えます。 しかしそんな中でも、こんなほっこりする思い出もあると言います。 なんか多くの方に見てもらえてるみたいなので、この利用者との楽しかった思い出も話します。介護は汚れるので基本汚れてもいいいらない服を着て仕事していたのですが、凄く申し訳なさそうに「気を悪くしたらごめんだけど、なんでいつも服めっちゃダサいの?」って利用者に言われて爆笑しました。 — 土砂おふとん(画家) (@uchida_yurika) May 28, 2020

Read more

夏野菜ガーデニングで注意!苦いズッキーニは食べちゃダメ

夏を代表する野菜の一つ、ズッキーニ。育てやすくたくさんできるので、家庭菜園でも人気の野菜です。 パスタやサラダはもちろん、炒め物にもスープにも使える嬉しい食材ですよね。でも、実は食べる前にちょっと気をつけておきたい点があるのです。ある条件が揃ってしまうとズッキーニが毒性を持つこともあるからです。 2015年ドイツでは、自家製のズッキーニが原因で命を落とした人もいるほどズッキーニは危険になることも。でもズッキーニが毒性を持つのはいくつかの条件が揃った場合だけで、しかも危険なズッキーニは一口食べればわかります。 ズッキーニが毒性を持つ条件と、毒性のサインをみてみましょう! 1. かぼちゃの仲間を近くに植えている ズッキーニの近くで観賞用のかぼちゃを植えていませんか?観賞用のかぼちゃの実は食べられないので、交雑してしまうとズッキーニが毒性を持つ可能性があります。 2. 自家製のタネを使っている 購入したズッキーニのタネは通常まったく問題はありませんが、自家製ズッキーニから取れたタネを使っている場合、復帰突然変異によって苦い毒性の成分を生成することがあります。 3. 強い日差しと暑さ どんな環境でも育ってくれるタフなイメージがあるズッキーニですが、実は今年のような夏の暑さはズッキーニの敵なのです。暑さや乾きがストレスとなり、ズッキーニは毒性の成分を作り出してしまうのです。 4. 巨大 実が大きくなり成熟すればするほど、苦くなります。苦いズッキーニは食べてはいけません。加熱しても苦味は消えないので、舐めて苦味を感じたらもったいないですが廃棄。この苦味成分は「ククルビタシン」と呼ばれ、ズッキーニに限らず、ウリ科の植物にもともと含まれる成分で、きゅうりやメロン、かぼちゃなどにも入っています。まれに苦いメロンもあるそうで、これも残念ながら食べられません。 どのくらいの苦味? ズッキーニの切り口をちょっと舐めてみて、苦味を感じないか確かめましょう。ズッキーニが毒性を持つほどの苦味は、普通はちょっと舐めてみればわかる強い苦味で、食べようとは思わないはず。ところが、自家製野菜への愛情から、苦くても我慢して食べてしまう人もいるようです。ここ数年、異常な夏の暑さに見舞われたヨーロッパでは、苦いズッキーニを食べて、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状を催したり、消化器系に致命的な障害を負ったという事例が報告されています。   自家製栽培のズッキーニだからといって、怯える必要はありません。一口食べて苦味を感じなければ、まったく問題ないのです。それにしても史上最高を更新し続ける真夏の暑さでストレスを感じるのは人間ではないのですね。異常な暑さで育つ野菜も、かなりストレスを溜め込んでいるようです。一口食べて苦かったら、堆肥にしてしまいましょう。 

Read more

【衝撃打法】「右打席の構え」で「左打席に入り」予想の斜め上すぎる打法を繰り出す猛者が現れる!

すげえ!カナダのパフォーマーが繰り出した”背面撃ち” アメリカの人気テレビ番組「Sports Center」の公式インスタグラムが、衝撃的な打法の動画を投稿したとして野球ファンの間で話題になっている。 そのバッターは、なんと右打席の構えで左打席に入ったが・・・・ View this post on Instagram WHAT?! 😳 (via @renaudlefort) A post shared by SportsCenter (@sportscenter) on May 26, 2020 at 5:29pm

Read more

【そっち?】危険な場所でキスするイランのアスリートが危険行為ではなく下品行為で逮捕される

イラン人気パルクール選手が逮捕 先日、イランの人気パルクールアスリート、アリレザ・ジャパラギー選手が、パートナーの女性とビルの屋上でキスする動画をネット上にアップしたところ逮捕されてしまったという。 動画を見ると撮影チームが結成されており、パルクール選手らしく自慢の体を張ったものが多い。しかし、一歩間違えると命を落とすかもしれない危険な場所での撮影に警察が動き出したのかと思ったがそうではなかった。 ジャパラギー選手とパートナーの女性は、危険行為ではなく下品な行為で逮捕されてしまったのだ。 公共の場でキスをした罪 テヘラン警察によると、シャリーアと呼ばれるコーランと預言者ムハンマドの言行を法源とする法律に反する彼らの行為が今回の逮捕につながったとのこと。 動画には「綺麗な映像なのに‥」「自国の法律だからわかってたよね」「キスが犯罪になるなんて」「それが信仰する宗教なら仕方ない」と様々な意見が寄せられた。ちなみに、イランでは公共の場でのキスが厳しく禁じられている。 人気パルクール選手の逮捕に国内では驚きの声が上がっているが、他国では危険行為ではなくキスが理由で逮捕されたことに驚く人も多い。しかし、本人もわかっていながらそんな動画をアップしてしまったのはなぜだろうか。いろいろと疑問点が残る事件であった。 

Read more

夜中に枕元のタブレットから『大きな音』が。飛び起きて見てみたら・・・ゾッとした。

夜中、物音で目が覚めて見てみると不審者が・・・!なんて話は耳にしたことがありますが今回紹介するのはある意味怖い話。背筋がゾッとします。 枕元のタブレットから大きな音がして目覚めた男性。何が起こっていたかと言うと・・・ 夜中に枕元で「…ミシッ…ミシミシミシ…バコッ!」と大きな音がして目が覚めたら、数年前に買った中華タブレット(未充電)が裂けてました。うわぁバッテリーパンパンやねん。大事に至らなくて本当に良かった。 pic.twitter.com/logTJs7Knz — いちかわ(ICHI) (@atsuyuki1kawa) May 17, 2020 気づいて本当によかったです( ;ᵕ; ) Twitterでの反応は・・? Liイオン、LiPo電池は時々充電して最低電圧以上を維持しないと金属リチウムが析出して危険が危ないです。もちろん過充電も危険ですが。大事に至らなくて不幸中の幸い。 — だよもんフレンズは在宅BSD仕事したい (@daemon1995) May 18, 2020 FF外から突然すまねぇ。こいつは怖ぇな!でぇじに至らなくてホントに良かったぞ! — やけに電池に詳しい孫悟空 (@denchigoku)

Read more

【動画あり】マスクを忘れて郵便局でサービスを断られた女性がパンティを脱いで頭からかぶる!

パンティを脱いでマスク代わりにする女性 5月24日、ウクライナの首都キエフにある郵便局で、マスクをつけていないことを理由にサービスを断られた女性客がとんでもない行動に出た。 その場でズボンを脱ぎ、そして白いパンティを脱いで、それをすっぽりと頭からかぶったのである! 郵便局員が動画をSNSに投稿 社会的距離を確保するために窓口でサービスを受ける人以外は距離をとって並んでいるが、周囲にいる人たちは女性の奇行に驚いたことだろう。目撃者によると女性は二児の母親だというが、監視カメラが捉えていたこの動画を郵便局員がSNSに投稿してしまったため、世界中に拡散してしまったようだ。 郵便局長は動画をアップした職員に何らかのペナルティーを与えると話しているが、ネット上では「奥の手だね」「マスクの代わりに下着を使うことは禁止されてないしね」などと女性の行動を批判する声は意外にも少ないようだ。 とはいえ、公共の面前で下半身を露出し、いくら自分のものとはいえ脱ぎたてのパンティを頭からかぶるなんて行き過ぎた行為であることは否定できない。サービスを断られたことに腹をたてたのかもしれないが、ウクライナでは安全管理徹底のためにマスク着用を義務付けられているとのことだ。 

Read more