「もうおねがい ゆるして」わずか5歳で虐待死してしまった女児が残した言葉が悲しすぎて胸が痛くなる!

東京都目黒区のアパートで3月、当時5歳の船戸結愛ちゃんが父親からの暴行直後に死亡した事件。 自宅の捜索で見つかったノートには、女の子が鉛筆で書いた書き込みが見つかりました。 警視庁によりますと、死亡した船戸結愛ちゃん(当時5)は、しつけと称して、毎日午前4時ごろに自分で起きて体重を測ったり、ひらがなを書く練習をしたりすることを命じられていました。 結愛ちゃんは父親に「太っている」と指摘されたことから、食事は1食につきスープ1杯か、おわんに半分のご飯とみそ汁などしか与えられず、ノートには自分で測った体重を毎日、書き記していたということです。 こんな反省文を書かされて、ついには虐待で5歳の子供が殺された。 腸が煮えくりかえっている。悲しすぎて胸が痛い。 ちゃんと愛せないなら!!なんで産んだんだ!! 目黒虐待死:被害女児、大学ノートに「反省文」  https://t.co/RG66Tx1Brt pic.twitter.com/HllEATqZd7 — カツボーくんLINEスタンプ(公式) (@Iyasare_LINE) June 6, 2018 Twitterでの反応は・・? あんな言葉を残して死んでいく子供がいることを俺らは決してこの社会に織り込んじゃいけない。一人も出しちゃいけない。社会が手を尽くして防がなきゃいけない。親が拒否したから諦めました、じゃなくてさ。子供の栄養状態や虐待の有無くらい、公的機関が強制力を持ってモニタリングして良い。 — シュナムル (@chounamoul) June 6, 2018 児童虐待。このような悲惨な事件を1つでも減らすことが地方自治体の長の責任だと思う。大阪で児童虐待の相談件数が増えているが、認知件数が増えるのは事実が隠されるよりいい。大阪市では新たな児相の設置を進めてる。児相の対応能力を高めないといけない。

Read more

やぶ信の「にゃんこ蕎麦」が面白いと話題に

仙台にある蕎麦屋が「蕎麦で猫を再現する」というユニークなメニューを提供している。猫を飼っている人にとっては非常に嬉しいサービスだ。 一目見れば「にゃんこ蕎麦」の意味がすぐに分かるはず。 こちらがやぶ信のにゃんこ蕎麦。玉子と海苔で目が作られており、ネギでヒゲをつくっている。 これで確かに顔に見えるのだから面白い。現在、ネット上ではこの画像が拡散され「そば処居酒屋 やぶ信」(〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目6−13 プラザおおまちビル B1F)はネット上で注目の的になっている。 鰹節と煮干しつき。にゃんこ蕎麦は2月22日までの期間限定メニューで、売上の一部は猫のための寄付に使われる。 猫の顔は色々なパターンがあるようだ。こちらはやぶ信公式Twitterが愛猫ニーナちゃんに似せて作ったバージョン。鼻が魚肉ソーセージで、黒目部分が丸い。 写真を見せれば似せて作ってくれるようだ。店を訪れた人は素晴らしいサプライズ蕎麦を受け取った。 肝心の蕎麦もボリュームたっぷりで美味しそう。にゃんこ蕎麦は「家庭でもつくれそう!」とネット上で盛り上がり、自作のにゃんこ蕎麦の写真をアップする人も出始めている。 ▼この記事をシェアする 

Read more

パートの主婦4人で18歳女子アルバイトをイジメ。彼女が置き忘れたメモを見て衝撃を受け我に目覚めた!驚愕の彼女のメモの内容とは・・

私は、以前務めていたパート先で イジメをしていました。 とても深く猛省するとともに、 自分の大人げなさと未熟過ぎる心を 知る事が出来ました…。 もちろん、たくさんの批判を受けて当然の人間です。 地方にある大型のスポーツショップ。 旦那と二人暮らしで、子供はいません。 夫は、町工場に勤務するサラリーマンで、 収入もそこまで良いとは言えません。 そのため、少しでも家計を楽にするために 私も週2日だけこのスポーツショップで パートをしていたのです。 元々、近所の主婦友達に紹介してもらい 働き始めた事もあり、お店には仲の良い 主婦友が既に働いていました。 私と合わせて4人の主婦仲間は、普段から 一緒に買い物へ行く程仲の良い ご近所さんだったので、職場でも楽しい 時間を過ごし、有意義に働けていた気がします。 しかし、そこに入って来たばかりの新人が問題に… まだ18歳という若さではあったものの、 とにかく仕事が遅い。 イライラがどんどん募る私達は、次第に彼女を いじめる様になっていました。

Read more

【まさかの展開】レストランで「このチキン作ったの誰だ!」と叫ぶ男、一触即発かと思いきや拍手喝采!

チキンに不満?声を荒げる男性 和やかなムードでレストランで食事をする人々。そんななか、突如一人の男性が立ち上がり、声を荒げてこう叫んだ。 「このチキン作ったの誰だ!」 チキンに何か不満があったのか、威圧的な態度で何度も叫ぶ男性。店内は静まり返り、一触即発の事態が誰もの頭をよぎっただろう。 しかし、店員が「なぜですか?」と尋ねると、男性の口から出たのは予想もしない言葉だった。 View this post on Instagram @nandosuk got me so passionate about that chicken 😆😂💯 @futureculturex #nandos #chicken #insta #comedy #grmdaily

Read more

プロが教える『拳銃を突きつけられた時の対処法』

私たちの住んでいる日本は基本的に銃を持つことは禁じられています。 だからと言って、銃を突きつけられる危険性は皆無なのかといえば、答えは「ノー」です。 今のご時世何があってもおかしくない・・ と言うことで今回は見て損はない護身術を紹介したいと思います。 知ってて損はない。拳銃を突きつけられた時の護身術。 こんな状況に陥るとパニック状態なるだろう・・とてもじゃないけど、とっさにこんな護身術は出てこない(ー ー;) でも、さすがはプロです。鮮やかな手さばきで身を守ります。 色々なパターンの護身術を紹介してくれているので、為になります。 つまりのところ、観て損はないと思います・・(笑) SPONSORED LINK いかがでしたか? さすがはプロ、動きが軽快でとても私たちには真似できないようにも見えました。 でも何となくでもいい、知っているのと知らないとでは最後の結果がかなり変わることはしばしばです。 今回の動画が少しでもあなたのお役に立てることを祈っています・・ 

Read more

逢坂誠二「森友・加計学園問題は悪夢だ!」←まだやろうとしているあんたが悪夢だよ

立憲民主党の逢坂誠二議員がまた森友・加計学園問題を持ち出してごね始めた。安倍総理の「悪夢」という言葉を使って言い返すのだが、日本国民からすればそんな逢坂誠二議員の存在こそが悪夢だ。 もううんざり。 逢坂誠二「森友学園の土地の値引きがされたのかわからないのは悪夢!」野党「そうだー!」逢坂誠二「加計学園も獣医学部が認可されたのも全くわからない悪夢!」本多平直「そうだ!そうだ!」 2年以上もモリカケを中心の議論をやろうとしてる立憲民主党の存在が国民の悪夢#kokkai pic.twitter.com/8rywcDSCO8 — DAPPI (@take_off_dress) February 18, 2019 森友・加計学園問題はあれだけ野党とマスコミが攻撃の材料にしたのに、結局、安倍総理が黒だという証拠は見つからなかった。それどころか籠池理事長がとんでもない詐欺師で安倍総理と昭恵夫人は巻き込まれた被害者だったということが分かり、世論は「冤罪だった」と捉え始めた。 世間の関心事は徴用工問題やレーダー照射問題に移りつつあるのに、逢坂誠二議員は国会でモリカケ問題をぶり返してしまう。立憲民主党は本当に日本国民のためになる政治をしようとしているのだろうか?生産性のないことに時間を費やす様子を見ていると甚だ疑問に思えてくる。 最新の政党支持率調査では立憲民主党は3.4%にまで下落した。 ※時事通信社調べ 結党当初は注目が集まっていたものの、党としておかしな行動が目立ち、信頼を失った立憲民主党。最近では韓国の火器管制レーダー照射問題が起きたときに何の抗議もせずにずっと沈黙していたのが国民の反感を買った。 支持率たった3.4%の泡沫政党がモリカケ問題を持ち出して国会を引っ掻き回すのはやめてほしい。悪夢と言われてムキになって反論しているのだろうが、そんな様子を国民は冷めた目で見ている。 あわせて読みたい→【炎上】立憲民主党の堀越けいにん、放射能汚染(妄想)を理由に娘の給食費(牛乳)支払い拒否交渉 

Read more

「お前の娘は預かった」と家で娘と留守番している夫からこんなメールが・・まさか脅迫状で涙するとは!

幼い娘さんを旦那さんに預けてお出かけしたあるママさん。 少し罪悪感を感じていたら、夫からこんなものが送られてきました。 「お前の娘は預かった」という内容で始まる脅迫状。 恐る恐るその内容を読んでみると・・ まさか脅迫状で涙するとは・・ その素敵すぎる脅迫状はこちらです! お昼に少しの罪悪感と一緒に一人でおでかけしたら娘とお留守番してる夫からこんなの送られてきた。娘は返してもらったぞ。 pic.twitter.com/5nN3j18PgP — たくあんちゃん (@sosocanishino) September 3, 2018 更にはこんな仕掛けも・・ これ、数日前の話で下書きに残してたのをやっと投稿したんだけど、さっきしびれを切らした夫が一言「あの手紙、縦からも読めるねんけど…気づいてないみたいだから言っちゃった」 うああああぁぁぁぁ — たくあんちゃん (@sosocanishino) September 3, 2018 Twitterでの反応は・・? やばい😭こんなの出先で見たらうっかり泣いてしまいそう…

Read more

「知らない誰かを殺してしまった」脳死とされた男性を安楽死させるも別人だったとわかり病院を告訴

脳死した弟と思い込んでいた誰かを安楽死させる 病院における赤ちゃんの取り違えといった事故はしばしば聞くものだが、安楽死予定の患者の取り違えはあり得るものなのだろうか。 米紙”The Washington Post”が1月29日付で発表したニュースによると、昨年7月29日、ニューヨーク・ブロンクスにあるセント・バーナバス病院にてフレデリック・ウィリアムズさん(40)という男性患者が入院していたという。 ‪A New York City woman sat vigil for days at her dying brother's hospital bedside.‬‪She authorized doctors to stop life…

Read more

【ネットが騒然】母親がディスカウントショップで13歳の息子に与えた教訓

米国ジョージア州在住のシエラ・ブリタニー・フォーニィは10代の息子に忘れがたい教訓を与えました。 商品の衣類を引きずりながら憮然とした様子で店内を歩く13歳。シエラはそんな息子の姿を撮影し、写真をFacebookに投稿。その背景のエピソードと一風変わった教育方法を公開しました。 So lately, my 13 year old son had been acting a little… entitled. Acting like he's too good to shop at Wal-Mart or…

Read more

【猫王】銀行の片隅で堂々とソファに寝そべるふてぶてしさMAXの猫が捉えられる!

キング・オブ・キャット 飼い猫の余裕に満ち溢れた姿はまさにセレブであり、むしろこっちが飼われているんじゃないかという感覚に陥ってくるのは筆者だけではないだろう。 そんな猫界でもトップともいえるだろうふてぶてしさを誇る猫が発見された。 この猫様は、昨年11月にブラジル・リオデジャネイロで撮影された。 銀行のロビーの片隅で飼い主のリュックに寝そべる姿は・・・あまりにクール。サングラスをかけリラックスしている姿は、まるでゴッド・ファーザーのようである。 完全に通行の邪魔になっているが、猫様はそんなことは気にしない。せわしく動き回る人間どもを高みの見物・・・といったところだろうか。 地元メディアが飼い主に直撃したところ、「正直ここまで有名になるとは思っていませんでした。日頃からちょっとだらしない正確ではあるものの、のんびり屋で物怖じしない性格なんです」と語っていたという。 このふてぶてしさは、アメリカの人気キャラクター「ガーフィールド」そっくりである。ネット界隈からは、「かっけぇ・・・」「こいつはワルだな…」「かわいい〜」といったコメントが多く挙がっていた。  

Read more