【現代の闇】香港のマクドナルドに地元民が大量に居座る?いったいなぜ・・・

“マック・レフュジー”と呼ばれる難民たち 24時間、100円でドリンクやハンバーガーが楽しむことができる、マクドナルド。お金がない人にとっては非常にありがたいお店である。 世界各国に展開しているが、中国・香港のマクドナルドは夜になると、家がない人々や、光熱費を節約したい人が集まり始めるのだという。 当記事では、経済成長を続ける香港の闇をお送りしよう。 深夜、香港のマクドナルドには、仕事から帰ってきた地元民が訪れる。安い食事にありつけ、空調がきいているマクドナルドは、家のない人たちにとっては天国と言えるだろう。 現在、香港は世界でもトップクラスの国家となったが、一方で激しい格差が広がっている。超高層ビルがひしめく中、低賃金で働く労働者は、地価の上昇と共に家賃が払えなくなってしまったのだ。 こうしたマクドナルドに来るホームレスたちを、地元では”マック・レフュジー(マクドナルド難民)“と呼ばれているという。 夜が更けると、店内に残るのは若い労働者と家のない高齢者ばかり。疲れ果てており、席で眠りこけている様子が見受けられる。 香港のメディア”South China morning post”の取材では、高齢者は「ここには話し相手がいるし、ここはエアコンがあって快適だから」と明るく話していたというが、笑顔の下には悲しみがにじんでいたという。 マクドナルドはこれを受け、追い出すどころか、むしろ歓迎する姿勢を見せている。 いつでも、どんな立場の人でも来てほしい。すべてのお客様に快適な思いをしていただくため、更におもてなしをしていくつもりです。 日本で言えば、ネットカフェのような存在に近いだろう。ホームレスシェルターなどの社会保障が行き届いていない中国では、今やマクドナルドがシェルターとなっているのだ。 マクドナルドの寛大な対応に、多くの家なき人達が感謝しているに違いない。だが言うまでもなく、彼らが普通の家に住めるようになるよう、政府は何かしら対策を打つべきだろう。

Read more

東大が世界最高記録の強磁場を発生させる→爆発の様子が完全にSFのやつ

タイムリープとかするときのやつ 東京大学物性研究所の強磁場グループ(嶽山研・松田研)が、実験室レベルとしては世界最高となる1200テスラの強磁場の発生に成功した。プレスリリースには、磁場発生直後の爆発の様子を写した写真が公開され、話題を呼んでいる。 【研究成果】嶽山研、松田研の強磁場グループが、1200テスラの強磁場を記録しました。室内発生、物性実験として利用できる高度に制御された強磁場として、世界最高記録を更新しました! 写真は、磁場発生直後、爆発している様子https://t.co/I4smH7AJxo pic.twitter.com/gyZHNXRNOx — 東京大学 物性研究所 (@UTokyo_issp) 2018年9月18日 写真だけ見るともはやSFの世界であるが、超強磁場発生に爆発はつきものであり、物性研究者からすれば珍しい光景ではないそうだ。 この磁場発生装置は、「電磁濃縮法」という電流の反発力を用いて磁束を濃縮させる方法を適用したもので、「1000テスラ領域での安定した物性計測を可能にした」とのこと。 我々が普段生活している環境に存在する磁場の大きさはおよそ10万分の1テスラ程度であり、医療用機器(CTやMRI)の内部になると3テスラ前後。1200テスラというと、それより遥か上の極限状態である。そんな極限状態でモノがどんな不思議な物性を示すのかを明らかにすべく、物性研究者達は日々実験を重ねている。今回開発された装置によって、それらの研究がさらに加速することが期待できる。 ちなみに、強磁場グループの松田研究室は以下のようなPR動画を作っており、極限物性研究の流れについて紹介している。これを見る限り、極限状態なのはサンプルだけではなく、研究者達もまたしかりである。  

Read more

【ありがとうございます…】台風の対応に追われた後の救助隊員の写真が話題に。

先日、日本を襲った台風21号。西日本を中心に大きな被害を出した。 同様に、アメリカ南部からもハリケーン「フローレンス」による被害が報告されている。特に、ノースカロライナ州やサウスカロライナ州では甚大な被害が出ている。 そんな中、対応にあたった救助隊員たちのある写真が話題となっている。 対応の後に… その救助隊員たちは地元の消防と協力しながら、ノースカロライナ州のニューハノバー郡という地域で救助活動を行っていた。豪雨によって孤立した人やそのペットの救助は夜通し行われた。「今までで最もハードな夜の1つだった」とSNSでコメントするほどだったようだ。 その活動の大変さをもの語った写真が話題となっている。それがこの1枚だ。 Posted by Indiana USAR Task Force #1 on Sunday, September 16, 2018 コンクリートの床でそのまま睡眠をとる隊員たち。部屋に戻る時間さえ惜しいということだろうか。起きている人たちからも疲労の色が見える。 数々の現場を経験してきた隊員がハードだったと語るほどだ。ハリケーン「フローレンス」の規模の大きさが伺える。 多くの人が自分のことで手一杯の状況で、救助活動を行う隊員たちには本当に頭が下がる思いだ。 現在、各地で大きな災害が起きている。この隊員たちだけでなく、多くの国でたくさんの人が救助にあたっている。そういった人々もしっかりと休んで、身体を壊さないようにしてほしい。 

Read more

【新開発】デカイのに軽くて”浮いちゃう”バックパックが爆誕!!

浮くバックパックで衝撃軽減! すごいバックパックが誕生した。まずはこの動画を見てほしい。 開発したのは、アメリカのライトニングパック社。 その名も「HoverGlide(ホバーグライド)」。 “浮いてすべる”と言うわけだ! バッグが上下に揺れることで、人への衝撃を最大で86%軽減するというから驚きである! 動画では、大きなバックパックを背負っているにもかかわらず、身軽に走ったりしている!いったいどれぐらいの快適さなのだろうか? バックパッカーや登山者のみならず、ビジネスマンもノート型PCを入れると結構重たいので、これはいいかも!? このバックパックは、近々クラウドファンディングサイトのKICKSTARTERでキャンペーンが開始されるということだ。 

Read more

【親しみゼロ】ブラジルの保健省のゆるキャラが雑すぎる着ぐるみで登場し全世界に拡散されてしまう!!

キッズもドン引き 自治体や企業が人々に親しみを持ってもらおうとして作る、ゆるキャラ。そんなマスコットを使ったPR活動は、日本だけではなく海外でも行われている。 今回紹介するのは、南米ブラジルの保健省が発表しているキャンペーンキャラクター「ゼ・ゴティンハ」。 1980年のポリオワクチン接種キャンペーンにあわせ、公募で採用されたゆるキャラだ。過去にはアニメなども作られており、今やブラジルでは国民的キャラクターとして扱われているという。 A vacinação contra a poliomielite e o sarampo vai até o dia 14 de setembro em alguns estados. Vacinar nossas crianças

Read more

命の終わりを迎えるペットの飼い主へ、獣医の必死の訴え

ペットは飼い主にとって大切な存在です。「ペットロス」という症状があるように、愛情を注ぎ家族の一員としてずっと一緒にくらしてきたペットとの別れは、飼い主には何よりも辛いものです。 想像するだけでも胸が締め付けられるものですが、ペットとの永遠の別れはいずれ訪れるものです。最後まで自宅で看取る飼い主いれば、末期症状に苦しむペットの苦痛を少しでも和らげてあげたいと、苦渋の思いから安楽死を選択する飼い主もいます。 安楽死の是非について世間の意見は別れるところですが、今回は安楽死の現場に立ち会う一人の獣医の訴えを紹介します。(画像はイメージです。安楽死処方を受けている画像ではありません) 安楽死当日、最期の日を迎えたペットは飼い主とともに動物病院を訪れます。そして安楽死の処方を受け、心臓の鼓動が止み息を引き取るまでの間、愛する家族に見守られて最期の時が訪れるのを待つのです。しかし、残念ながら安楽死を受ける全てのペットがそうだとは限りません。 ある獣医は一部の良識のない飼い主たちに対してFacebookで苦言を呈しています。 This was written by a vet and is so true. Posted by Hillcrest Veterinary Hospital & 24hr Emergency Service on Sunday,

Read more

五輪ボランティアに1日1,000円を支給 ※「もうこれが限界」と言う理事は月収200万円

東京五輪組織委員会がボランティアン対し、交通費として1日1,000円のプリペイドカードを渡すと決めた。少し改善したが、まだまだおかしい。 交通費全額支給ではないところがポイント。 1日1,000円ということは片道500円。足りない分は自腹となる。宿泊費はこれまで通り自己負担で、地方からの参加者にとって千円程度渡されても大したことがないというのが正直なところ。清家篤座長は「予算に制約がある中で最大限出せる金額」とコメントした。 問題はこの待遇改善で目標の8万人が集められるのかどうかということだ。ただでさえブラックな労働環境なのに人手不足に陥って応募者の負担が過度に増えるのだけは避けなければならない。炎天下において最悪の事態も考えられるからだ。 なお、ロンドン大会では主要交通機関にフリーパス券が支給されたとのこと。細々とプリペイドカードを渡すよりも、いっそのこと全部無料にしてしまったほうが手っ取り早い気もする。 最もおかしいのは理事のメンバーが高額な報酬を貰っていることだ。 参考:【炎上】オリンピック理事の報酬はMAX月200万円。一般人ボランティアから搾取するブラック企業の構図 最大月収は月200万円とあまりにも多すぎる。今やスポンサー企業にも人材派遣を依頼し、庶民にタダ働きを強要しているのだから理事のメンバーもボランティアでやらないと筋が通らない。金が無いというのに自分たちの報酬はしっかり受け取っているのは明らかな矛盾だ。 ちなみに森喜朗会長は「私はボランティアのつもりでやっている」とコメントしたことがある。非常に腹立たしい。 組織委員会のトップなのだからおそらくMAXの月収200万円だろう。裏ではお金を受け取っておいてよくこんなことが言えたものだ。 漫画「カイジ」の地下強制労働が1日 35,000ペリカ(3,500円)なのに対し東京五輪ボランティアは1日1,000円。 

Read more

「自衛隊は戦争の負の遺産!写真を消せ」 金沢工業大学・写真部に圧力がかかる

金沢工業大学・写真部が航空自衛隊の写真を撮影してネット上にアップしたところ、匿名の人物がクレームをつけて消させようとしたことが分かった。 質問サイトのPeing(ペイング)でクレームが…。 匿名の人物は「自衛隊の戦闘機は戦争の負の遺産」と解釈したうえで掲載するのは不適切だと指摘。もし削除されなければ大学に通報すると強い警告を行った。 しかしこのクレームはおかしい。まず大前提として戦時中の日本軍と自衛隊はまったくの別組織であるし、さらに自衛隊は防衛のための組織なのだから戦争とは関係ない。 金沢工業大学・写真部はこの質問に対し毅然とした態度で返答した。 部員が撮影した自衛隊機の写真を掲載しているだけであって、何かしらの政治的主張等を行っている訳ではございませんので、全く問題はないと考えております。よって、ご指摘に該当する記事および写真を削除することは一切考えておりません。 #peing #質問箱 https://t.co/vQs7dTAPeZ — 金沢工業大学 写真部 (@kitphotoclub) September 16, 2018 写真部のTwitterやブログを見ると、数日前に航空自衛隊による「小松基地航空祭2018」の写真が予行演習も含めていくつか掲載されていた。 クレームをつけた人はこれらの写真が気に入らなかったらしい。その後、写真部の「削除しない」という方針がネット上で支持される中、金沢工業大学のTwitterアカウントも写真部を応援するというツイートを行った。

Read more

母親が6歳の息子の言動を恥ずかしいと思った。しかしその直後、彼女は息子から教えられた

子供に対するしつけの中で恐らく最もはじめに教えることの一つは「他人を指さしてはいけない」というものでしょう。 ある一人の若い母親が、元気に動き回る男の子に対して注意しようとしていました。しかし、今回はどうやら母親の方が子供に教えられることになったようです。 「何年か前のことです。私は息子を連れて近所の大きなおもちゃ屋さんに来ていました。店内には商品が天井近くまで山のように積まれていました。 売り場の通路を進み、角を曲がると、その先の通路に一人の男性が車椅子に座っているのが見えました。まだ若く見えますが、髭と髪の毛はかなり長く伸びています。恐らくひどい事故にでも遭ったのでしょう、男性は両足がなく、また顔にも大きな傷があるように見えました。 ところが、私が何か言葉を発するまでもなく、6歳の息子が大きな声でこう叫んだのです。 「ねえママ、あそこの男の人を見て!」 恐らく親であれば誰もがするように、私は息子を黙らせようとしました。他人を指差してその人の話をするなんて失礼なことだからです。しかし、息子は私がギュッと掴んだ手を振り払い、通路を走って車椅子の男性の元へ走り寄って行ってしまったのです。 息子は興奮しているようでした。私は生きた心地がしませんでした。そのとき、息子の大きな声が聞こえました。 「うわあ、こんなカッコいいイヤリング見たことないや!ねえ、どこで買ったの?」 若い男性は驚いていました。予想もしなかった形でイヤリングを褒められ、はじめは息子に圧倒されていたようでしたが、すぐに息子と楽しそうに会話を始めてくれました。息子が気に入ったイヤリングや、彼が身に着けていた他の「カッコいい」アクセサリーについて、二人は熱く話し合っていました。あの時の出来事は、一生忘れられそうにありません。 私に見えていた彼の姿は、痛々しく全身傷だらけで、両足を失い車椅子に座っていた男性でした。しかし、6歳の息子の目に映っていたのは、カッコいいイヤリングを着けた男性であり、それ以外のなにものでもなかったのです」 子供が持つ純粋なものの捉え方は、ときに大人のモノの見方がいかに先入観に満ちたものであるかを教えてくれます。成長するにしたがって失っていく純粋な観察眼、子供の助けを借りないと取り戻すことができないものなのかもしれませんね。 

Read more

【超絶技巧】台湾の街角で11歳の男の子が弾くウクレレの音色が激アツ&ソウルフル!

美しい音色と超絶技巧を11歳が披露 台湾・台北の公園に、近頃素晴らしい音色を奏でるウクレレ演奏者が現れたという。 その名も、フェン・ヤオヤオ。わずか11歳の男の子でありながら、彼の超絶技巧によって数多くのネットユーザーが虜になっている。 フェンくんのソウルフルな技をご覧あれ!! うおぉぉ~~~っ!!ハンパなくかっこえぇ~~~っ!!! 通行人がパワフルな音色と、フェンくんの可愛くてカッコイイ姿にくぎ付けだ。卓越した技だけではなく、彼の姿からは音楽への深い愛が伝わってくる! 彼が演奏しているのは、伝説のギタリスト、メーソン・ウィリアムスが1968年に発表した「Classical gas」という曲。原曲よりかなりアップテンポに仕立て上げられているが、ウクレレの魅力を余すことなく発揮しているぞ。 後の地元メディアの取材によると、フェンくんは独学でウクレレを始めてから、わずか数年でここまでの技術を手に入れたのだという。 下の動画では、アナと雪の女王の「Let it go」をアレンジしている。 話說馬小弟上個月去廣州表演的時候還順便參加了學樂樂主辦的比賽,贏了這把ACE Ukulele Taiwan 的F65,楓木側背板、雲杉面板,馬小弟很喜歡,他說整把白色的琴很騷包,很適合他⋯⋯ Posted by 馮羿小烏克 Feng E on Sunday, January 14,

Read more