【脱中国依存】ダイキンが国内回帰を検討 有事に中国製部品がなくてもエアコン生産できる体制の構築を目指す

0 Shares

ダイキン 国内回帰を検討 円安、脱中国依存で 記事によると… ・ダイキン工業の十河政則社長は8日、円安を受けて海外で生産して日本国内に輸入しているエアコンなどについて「国内回帰を検討している」と明らかにした。すでに一部の部品は国内調達に切り替えており、今後、関東地方への工場新設なども含めてさまざまな可能性を検討する。 ダイキンは中国のロックダウンや米中摩擦などのリスクを受け、すでに脱中国依存の方針を示している。有事に中国製部品がなくてもエアコンを生産できる体制の構築を目指し、一部の部品生産を国内回帰させたり、取引企業に中国以外からも部品を調達するよう依頼したりしている。 2022/11/8 21:25https://www.sankei.com/article/20221108-HQGBEMLD25JMJB7SLBXRO5FP6E/『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら 十河政則 十河 政則は日本の実業家。ダイキン工業株式会社代表取締役社長兼CEO、関西経済連合会副会長。北海道中川郡池田町出身。生年月日: 1949年1月11日 (年齢 73歳)出典:Wikipedia ネット上のコメント・これからはダイキンを買わせていただきますね👍 ・ごもっとも‼️村田は大丈夫か😭 ・最善の方針です ・流石ダイキン!頑張って下さい! ・すばらしい。 ・新工場で雇って欲しいくらいだよ!頑張ってください! ・元々硬派なイメージのダイキンは好きです。 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

イーロン・マスク氏、「Twitterの有料化」を検討中との報道

0 Shares

「Twitterの有料化」をイーロン・マスクが検討中との報道 記事によると… ・マスク氏は2022年10月28日にTwitterを買収して以降、大幅な人員削減や認証済みバッジの有料化宣言など、Twitterの抜本的な改革を進めています。 ・Platformerの新たな報道によると、マスク氏は実業家のデイヴィッド・サックス氏とTwitterの今後に関する会合を開いており、その中でTwitterの有料化計画についてのアイデアが話し合われたとのこと。 ・内部の事情に詳しい人物の情報では、マスク氏は「一定時間は無料で利用でき、一定時間を過ぎると課金が必要になるサブスクリプションモデル」の構築を計画しているとされています。 2022年11月08日 19時00分https://gigazine.net/news/20221108-twitter-paywall/ イーロン・マスク イーロン・リーヴ・マスクは、南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの実業家、エンジニア、投資家である。 宇宙開発企業スペースXの創設者およびCEO、電気自動車企業テスラの共同創設者、CEOおよびテクノキング、テスラの子会社であるソーラーシティの会長等を務める。 2021年10月31日、推定保有資産は3020億ドル。 生年月日: 1971年6月28日 (年齢 50歳) 身長: 188 cm 純資産: 1572億アメリカ合衆国ドル (2021年) イーロン・マスク – Wikipedia ネット上のコメント

0 Shares
Read more

ひろゆき氏、れいわ・山本代表の「外国人に地方参政権を」に持論「日本ではデメリット大きい」

0 Shares

ひろゆきさんのツイート 山本太郎議員 「外国人にも地方選挙権を認めるべき」 多くの先進国では外国人移民の問題で揉めてたりします。 北欧やカナダなど、人口密度が低く、時給1500円でも人手が集まらない地域ならいざ知らず、時給1000円で働く日本人が余ってるの日本ではデメリット大きいです。 山本太郎議員 「外国人にも地方選挙権を認めるべき」https://t.co/fNd6TrCwJ1多くの先進国では外国人移民の問題で揉めてたりします。北欧やカナダなど、人口密度が低く、時給1500円でも人手が集まらない地域ならいざ知らず、時給1000円で働く日本人が余ってるの日本ではデメリット大きいです。 — ひろゆき (@hirox246) November 6, 2022 参政権 参政権とは、国民が政治に参加する権利の総称である。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・サヨク「わかっててやってんのよ」 ・デメリット「しか」ないわな 乗っ取り目的だろうし ・最近こっち寄りなんだけど、 どうした? ・あら、正論。 ・どこの国でもデメリットしかない ・あれだけ他の国で問題になってるのに、なぜ日本は大丈夫だと思ったのか、、、

0 Shares
Read more

いきなり3500人クビで社員が半分になったTwitter、サクサク動いてしまう…

0 Shares

谷本真由美 (めいろま)さんのツイート Twitter、いきなり3500人クビにして社員半分だけどサクサク動いてるじゃん クビになった人らは何やってたの? Twitter、いきなり3500人クビにして社員半分だけどサクサク動いてるじゃん クビになった人らは何やってたの? — 谷本真由美 (めいろま) 「世界のニュースを日本人は何も知らない3」発売中 (@May_Roma) November 5, 2022 イーロン・マスク イーロン・リーヴ・マスクは、南アフリカ共和国・プレトリア出身のアメリカの実業家、エンジニア、投資家である。 宇宙開発企業スペースXの創設者およびCEO、電気自動車企業テスラの共同創設者、CEOおよびテクノキング、テスラの子会社であるソーラーシティの会長等を務める。2021年10月31日、推定保有資産は3020億ドル。 生年月日: 1971年6月28日 (年齢 50歳) 身長: 188 cm 純資産: 1572億アメリカ合衆国ドル (2021年)

0 Shares
Read more

“必要な保護を行う”… 政府、外国人の生活保護定めた局長通知「見直す状況にない」

0 Shares

外国人の生活保護定めた局長通知「見直す状況にない」 政府が答弁書 記事によると… ・外国人への生活保護の取り扱いをめぐり、政府は4日、人道上の観点から「行政措置により一般国民に対する保護に準じて必要な保護を行う」とした1954年の旧厚生省の局長通知について、「現在においても、見直す状況にない」とする答弁書を閣議決定した。 参政党の神谷宗幣氏の質問主意書に答えた。 (略) 2022年11月4日 20時30分 https://www.asahi.com/articles/ASQC46HSDQC4UTFL013.html 『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら 生活保護 生活保護は、国や自治体が「健康で文化的な最低限度の生活」を日本国民に保障するためとして設けている公的扶助制度。日本国憲法第25条や生活保護法の理念に基づき、生活に困窮する国民に対して、資力調査を行いその困窮の程度によって、要保護者に必要な扶助を行い、最低限度の生活を保障するとともに、自立を促すことを目的とする。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・こういうことは「検討」じゃないから腹が立つ。 ・法的根拠がないだろ。 ・ほんとガラクタだな…(-_-;) ・選挙が怖くてできないと ・何年放置する気だ?😒 ・もう期待を裏切らないね(皮肉) ・その「当分の間」ってのが戦後からずっと続いてるんだが。 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

【動画】百田尚樹氏「車を走らせれば走らせるほど税金を取られるってどういうこと?」「もう岸田政権はバカの集まりか」

0 Shares

YouTubeチャンネル『百田尚樹チャンネル』より 概要欄 気まぐれライブ「何ー!車を走らせれば走らせるほど、税金を取られるだと!!」 政府がとんでもないことを考えている! 自動車の走行距離に合わせて税金を取ろうと言うのだ。もう岸田政権はバカの集まりかと。 百田尚樹さんのツイート 車を走らせれば走らせるほど税金を取られるってどういうこと?岸田政権は、国民から金を取ることしか考えてないのか!https://t.co/280YgVsK6j — 百田尚樹 (@hyakutanaoki) November 4, 2022 百田尚樹 百田 尚樹は、日本の放送作家、小説家。代表作に『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』などがある。 2019年12月時点での著作の累計発行部数は2000万部を超える。 生年月日: 1956年2月23日 (年齢 65歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・庶民から取らずに新聞とテレビ局から広告税を取って欲しい。世論気にせずがっぽり取れるよ! ・ハイブリッドとEVだけで良いと思いますが!

0 Shares
Read more

【話題】朝日新聞さん「発行部数がどんどん減る!なぜだ!まだ反権力がたりないのか!もっと反権力で…」

0 Shares

もへもへさんのツイート 朝日新聞さん 「発行部数がどんどん減る!なぜだ!まだ反権力がたりないのか!もっと反権力で、徹底的に正義の新聞様が反権力で戦い続ければ部数は回復する!」 みたいな旧日本軍末期みたいな考えになっててワロス。 朝日新聞さん「発行部数がどんどん減る!なぜだ!まだ反権力がたりないのか!もっと反権力で、徹底的に正義の新聞様が反権力で戦い続ければ部数は回復する!」みたいな旧日本軍末期みたいな考えになっててワロス。 — もへもへ (@gerogeroR) November 4, 2022 朝日新聞 朝日新聞は、朝日新聞社が編集・発行する日本の新聞である。日刊、全国紙。販売部数では読売新聞に次ぐ第2位である。2022年上半期の発行部数は429万部で読売新聞に次ぎ国内第2位である。 2022年1月時点で国内に44総局、180支局を配する。 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・朝刊販売部数だと 読売が長らく世界トップでもあったのですよね ・局地的な勝利では、全体の戦局は挽回できない所まで来ている。 ・社員全員があたままるめて社旗を太陽拳にしたら新聞取ることを考えちゃる ・記事も竹槍みたいな攻撃力に(´•ω•` ) ・最早市場ニーズに合った商材にしても、既存顧客を逃し、新規顧客を見込めない段階になっているのでしょうね。 ・しかも隊員が足りない召集令状じゃなく…社員は、いつ早期・希望退職者募集がされるかという恐怖の毎日 ・それをしても取れるのは東京新聞の購買層だけなんだよなぁ 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

儲けすぎNHKに、高橋洋一氏「スクランブル放送にして受信料は月300円でいい」

0 Shares

命令違反に罰金50万円以下 フリーランス保護新法で検討 政府 記事によると… ・「NHKの受信料は月に200~300円でいいでしょう」 そう語るのは、元内閣官房参与で嘉悦大学教授の高橋洋一氏。 「ニュースや災害報道、国会中継や良質のドキュメンタリー番組などには公共性があります。でも、お笑い番組などはどうでしょうか。そういう番組は『スクランブル放送』にして見たい人だけに課金し、それを番組制作費に充てればいい。また、電波は公共のものですが、総務省が差配するなりしてNHKの電波のEテレの周波数帯などを貸し出し、それをNHKの制作費に充てることなどを考えればいい。そうすれば、受信料は200~300円まで下げられるのではないでしょうか」 元経産官僚で政策工房代表の原英史氏は、公共と民間のそれぞれを担う“2つのNHK”に分割することを提案する。 「災害報道など公共放送として残すべき領域は『公共NHK』として、見たい人だけが見る『民間NHK』と分割する。公共部分は受信料をタダにして国費を投じてもいいと思うし、民間部分は民放と同じ仕組みにすればいい。広告収入を得るか、動画配信サービスなどのように定額課金制にするか。いずれにせよ、現在の受信料制度に頼らないようにして、分社化するのが妥当でしょう」 そこまでして初めて「改革」と呼ぶに値するという意見だ。 11/4(金) 6:59 https://news.yahoo.co.jp/articles/491ae62d4d05be75d641709e3d43607c41a9c5ef 高橋洋一 高橋 洋一は、日本の経済学者、数量政策学者、元大蔵・財務官僚。学位は博士。嘉悦大学ビジネス創造学部教授、官僚国家日本を変える元官僚の会幹事長、株式会社政策工房代表取締役会長、NPO法人万年野党アドバイザリーボード。研究分野はマクロ経済学、財政政策、金融政策。 生年月日: 1955年9月12日 (年齢 67歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・金は取るが 番組の質は年々低下 ぼったくんだな ・公共放送局なら本来は無料 ・NHKの受信料はとても高額。NHKの職員給料もとても高額

0 Shares
Read more

韓国メディア「日本から間違った形でハロウィン文化を取り入れたせいで梨泰院の事故は起きた」

0 Shares

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 【萬物相】よその文化を間違った形で受け入れた韓国のハロウィーン 記事によると… ・ハロウィーン・デーはもともと宗教の祭だ。「諸聖人の日」というキリスト教の祝日がアイルランドの伝統的な祭と混ざり、1000年前からヨーロッパで根を下ろし始めた。 ・韓国と日本は非常に特異だ。宗教的意味合いはなくなり、若者たちの熱気があふれる祭に変わった。 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ・4年前、渋谷で「クレイジー・ハロウィーン事件」と呼ばれる事件が発生した。群集が突然、暴徒化して物をたたいたり壊したりしたほか、グループ同士でケンカするだけでは収まらず、女性に対してセクハラ(性的嫌がらせ)をする騒動を起こした。日本人は集会・応援・祭の時に比較的秩序を守る方だ。だが、ハロウィーンでは不祥事ばかりが無限に起こる。10月の最終週になると、日本の警察はテロ対策に準じる警備を渋谷で行う。 ・梨泰院で多くの若者たちが無念なことに命を失った。安全対策上、惜しまれる点が一つや二つではないが、原点にも立ち返るべきだ。外来の文化をこのように受け入れたことは果たして正常なことだったのだろうか。他人の文化を間違った形で受け入れたのが事故の原因ではないだろうか。 10/31(月) 18:10 https://news.yahoo.co.jp/articles/5b4a021833e6acb14c59ba3fabe39b3ac9609fb3 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 関連記事 ハロウィンはいかにして韓国の祭りになったのか ・慶煕大学グローバルコミュニケーション学部のイ・テックァン教授は30日、本紙の電話取材に対し、ハロウィンの流行を「商業化」と「ソーシャルメディア」という2つのキーワードで説明した。 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ ・イ教授 「米国の代表的な祭りといえるハロウィンが日本でコスプレと結びついて本格的に商業化の様相を呈し、韓国にはそのようなルートを通じて商業化したハロウィンが上陸した。その後、若い世代の文化として固定化した」とし、「特にインスタグラムなどのソーシャルメディアを通じて自己のアイデンティティを確認しようとする若い世代を中心に、最も強い効果を与えうるビジュアル的要素としてのハロウィンが脚光を浴びるようになった」 10/31(月) 9:09 https://news.yahoo.co.jp/articles/b250dcfdd308cabe889e1ee0d2a5d95f41f6ae20 ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ 大韓民国 韓国は朝鮮半島の南半分に位置する東アジアの国で、非常に厳しい軍事境界線が北朝鮮との間にあります。韓国はまた、桜の木や数百年前に建てられた仏教寺院が点在する緑に覆われた丘陵地帯や、海辺の漁村、亜熱帯の島、首都ソウルのようなハイテク都市でも知られています。 出典:Wikipedia

0 Shares
Read more

#自民党に投票するからこうなる が連日のトレンド入り!自民党政策への怒りや不満が相次ぐ!「増税ばかり」「一律給付金を」「政権交代しかない」

0 Shares

*自民党 大手SNSのツイッターでハッシュタグ「#自民党に投票するからこうなる」が連日のトレンド入りとなっています。 先日に政府の有識者会議でさらなる消費増税を検討しているとの報道や、国民年金の納付期間延長などがキッカケになって、政府や岸田政権への不満が増大し、それに合わせてハッシュタグ「#自民党に投票するからこうなる」の投稿数も増えました。 1日の投稿数が1万件を超えた日もあるほどで、「とりあえず消費減税くらいしろ」「そのためにはまず議員歳費の支出減らせ」「物価高で国民が困ってるのに消費税上げるの?」「自民党が日本を滅ぼす」などと悲痛な声や怒りの声が飛び交っています。 岸田首相への不満も目立ち、現状を変えるためには政権交代しかないとのコメントもあったほどです。 「自民党に投票するからこうなる」がトレンド入り…消費税、退職金、雇用保険に国民年金まで負担増の “超重税国家” に https://news.yahoo.co.jp/articles/321eb80092005fa9b2eece193e1fc9f82702b544 《#自民党に投票するからこうなる》 ツイッター上で、こんなハッシュタグをつけた投稿が多数おこなわれ、10月に入ってから複数回トレンド入りしている。 「《#自民党に投票するからこうなる》は、10月27日にもトレンド入りしました。前日におこなわれた政府税制調査会で、『消費税の引き上げについて議論すべき』という意見が相次いいだため、不満が噴出したのです。ほかにも、さまざまな負担増について抗議の声が上がっています」(週刊誌記者) 「税金が北欧並みになっても、社会保障が充実するなら構わない」なんて言う人がいるけど、日本は既に北欧を超える重税国家なのに社会保障は縮小されていくという悲惨な状況なんだよね。#自民党に投票するからこうなる pic.twitter.com/xacWhybXoh — 大神 (@ppsh41_1945) October 28, 2022 日本は高課税国家だと何も考えず自民党へ投票する人とか、選挙に行かない人は知っているのだろうか?そして高課税国家なのに、どんどん福祉が削られていることを知っていますか?このままじゃ軍事と利権中抜きに税金使われるだけになるよ。#自民党に投票するからこうなるhttps://t.co/MrwKbUUdnQ — Peace is the

0 Shares
Read more