熊が犬を買収!鹿の骨を渡してゴミ荒らしを見逃してもらう知能プレー

「うちのお馬鹿な犬が熊に買収されていた!」カナダ在住の男性が驚くべき写真をアップして世界的な注目を集めている。 鹿の骨にまんまと釣られてしまった。 鹿の骨を大事そうに抱えているのは犬のブリックレベリー。 美味しそうに味わっているが、飼い主からしたら「鹿の骨なんてどこで手に入れたの!?」という感想。 そして次に目に飛び込んできたのは荒らされたゴミ。野生の熊の仕業だ。 ここで遡って話をしよう。ある日の夜、飼い犬が熊を追い払うことに成功した。番犬として非常に優れた功績なのでたくさん褒める。 しかしまた別の日、熊は犬に鹿の骨をプレゼントすることで侵入する権利を得た。そして家庭のゴミを荒らしたのだ。 飼い主によるとこの犬が大事そうに鹿の骨をもっていたのはこれで3回目。熊はこの手口でうまくいくと理解しているようだ。 母犬はブリックレベリーを産んでからすぐに死んでしまったから飼い主の男性がまさに親代わりとなって育てたという過去がある。ちなみにブリックレベリーはなぜか「ブリック」という言葉にのみ反応する。 「ブリックレベリーは子供が大好きな犬です。そして熊も好きみたいです」 

Read more

爆毛ベビー|ネットで話題になったフサフサヘアーの赤ちゃん

念願の赤ちゃんとの対面は、どの親にとっても大きな喜びです。しかし2017年12月に生まれた女の子は、家族だけでなく世界に喜びを運んできてくれました。 生後8ヶ月にして20万人ものInstagramフォロワーを獲得した女の子…一体何がそんなに特別なのかは、一目見ればすぐに分かります。 産まれた頃の写真はこちら。 View this post on Instagram 1/2歳おめでとう🎉🎈 . #産まれた頃 #あらやだ #こんな爆毛になるとは🙈 #もみあげ全開 #halfbirthday #halfyear ♡毎日ありがとう♡ #baby#hair#babygirl #6ヶ月#6months #爆毛#モンチさん A post shared by 髪記録

Read more

【驚愕】中国の化学工場が爆発→数キロ離れた建物の窓が衝撃波で大破する光景が怖すぎる!!

時間差でやってくる衝撃波 爆発が起きると衝撃波によって物が吹っ飛ぶと言われているが、平和な国に生きていたら想像すらできないだろう。今回、それを物語るような衝撃的な映像が飛び込んできたので紹介しよう。 先日3月21日、中国江蘇省の化学工場にて爆発事故が起こった。 27日現在までに、死者78名、13名が重体、66名が重傷と報じられているほか、化学物質による空気汚染なども指摘されており、凄惨な状況が広がっている。 この爆発は数キロ離れた工場からも観測されたというが、その瞬間を捉えた映像が非常に衝撃的だとして話題になっている。 事故が起こったのは、塩城市にある天嘉宜化工の化学工場。地元紙によると、漏れだしていた天然ガスが引火し、ニトロベンゼン製造装置とメタノールの貯蔵タンクが爆発したことが原因とみられている。 上の動画は、爆発が起きた場所から5キロ離れた工場で撮影されたもの。かなり離れているにも関わらず、数秒遅れでやってきた激しい衝撃波が窓ガラスを粉々に。 逃げる作業員の悲鳴がその恐ろしさを物語っている。吹き飛んだガラスによって、工場の人々が怪我をしていないことを祈るばかりだ。 爆発事故といえば、2015年に起こった”天津浜海新区倉庫爆発事故”もまた記憶に新しい。このような爆発が頻発しては、現地の人々も安心することができないだろう。 当時イタリアを訪問中だった習近平国家主席もこれをさしてか、「最近、一部地域で重大事故が頻発している。各地の関連局は教訓を学び、潜在リスクの洗いだしを強化するなどして、再発をなんとしてでも防いで国民の命と財産を守るように」と語気を強めていた。 

Read more

難病にかかったイギリス人青年、トレーニングで生きる力を取り戻す

運命は時に残酷に、人生を思わぬ方向に導きます。それに抗うことなど、誰に出来るでしょう?しかし今回紹介するある男性は、運命に翻弄されつつも、強靭な意志で道を切り開きました。 View this post on Instagram 2 Years Today.. . . I spent Christmas laying in A&E for 12 hours not knowing if I was

Read more

【泣ける】神風特攻隊の兄が幼い妹に送った手紙が胸に刺さる・・・

みなさん「神風特攻隊」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 第二次世界大戦で大日本帝国海軍によって編成された爆装体当たり攻撃隊のことです。 命じられたものは、ただただ敵の艦船をめがけ体当たりし、生きて帰ってくることは出来ません。 そんな特攻隊の1人が幼い妹に宛てた手紙が泣けてくると話題になっているので紹介したいと思います。 両親を失い、兄妹二人だけとなった 大石清(おおいしきよし)伍長。 特攻隊員となり、出撃する前に 親戚に預けた妹に書き残したという 『静(せい)ちゃんへの手紙』 有名なお話ですのでご存知の方も いらっしゃるかと思います。 当時17~18歳位かと思われるこの青年、 どんな気持ちでこの手紙を書いたのでしょうか・・・ 両親も亡くし、たった一人になってしまう妹を 思う気持ちに胸が痛みます・・・ 私たちが今日こうして平和に生きていけるのも、こんな形で戦場に散った方々のお陰なのでしょう。 改めて平和な世の中に感謝しつつ、この平和を守っていきたいと思いました。 

Read more

白い口ひげを持つジェントルマン、猫のグリンゴ

生まれつき白い口ひげをもつブリティッシュスコフィールドのグリンゴがとても可愛らしい。これは偶然か、はたまた必然か。あなたはきっと不思議な顔に魅了されることだろう。 参考:gringomoustachecat(Instagram) 子猫の頃からジェントルマンだった。 顔は茶色いこの猫、なんと鼻と口の間が髭のように白くなっている。おそらく本人は何とも思っていないのだろうが、人間からするとオシャレな猫のように思える。 卵から孵った?猫って卵から生まれるものだっけ? 「これぐらいのネズミがいたよ!」 「きゃー!こんなでっかいネズミがいたよ!」 こちらの写真はまだ顔が幼い。 大人になってから。手元にあるのはオリジナルグッズ。ハットと丸いサングラス、パイプがよく似合いそうだ。 ( ˘ω˘)スヤァ 安らかな寝顔が可愛い。 絵まであるよ。 腕ぴーん。何をしているのだろう? 白い髭がオシャレなグリンゴ。その唯一無二の個性で絶大な人気を誇っている。  

Read more

拒食症に苦しんだ20歳の女性、勇気を持ってTwitterでメッセージを発信する。

20歳のオランダ人のエヴァを見たとき、まさか彼女が壮絶な過去に苦しんでいたなんて知るよしもないでしょう。 しかし彼女は、16歳にして拒食症を発症し、うつ病と闘い、そしてリストカットにも苦しんできました。20歳になるまでの4年間で、エヴァは何回も入退院を繰り返してきたのです。 そして今、20歳になったエヴァが、Twitterで8回に分けて投稿したある文章が、世界中の共感を集めています。 View this post on Instagram Possible TW ON NEXT PHOTO. I wrote an article on bored Panda, never expecting someone would actualy

Read more

【動物虐待】生後3日の子犬7匹を猛暑の中ゴミ箱に捨てた女の動画が公開されマッハで逮捕される!

ゴミ箱に捨てられた7匹の子犬 アメリカ・カリフォルニア州に位置するコーチェラ。毎年4月に開催されている、世界最大級の大型野外音楽フェスティバル『コーチェラ』は近年日本でも人気を博しており、耳にしたことのある人も多いかもしれない。 コーチェラの4月の最高気温は30℃にもなると言われているが、そんななか、7匹の子犬をゴミ箱に捨てた女の動画が公開され、警察が捜査に踏み出した。 4月19日午後、ゴミ箱に捨てられた子犬を見つけたのは自動車工場の従業員だった。彼は猛暑の中、プラスチックのゴミ袋に入れられた7匹の子犬を発見し、すぐさま地元リバーサイド郡の動物愛護団体に連絡を入れた。 従業員が発見が遅ければ、気温30℃のなか袋の中で生存することは難しかったに違いない。救助された子犬たちは健康状態に問題はなく、現在も施設で保護されているという。 防犯カメラが決め手で女を逮捕 テリアとの雑種犬だとみられる7匹の子犬たちは、生後わずか3日だったと米メディアに報じられている。 自動車工場の防犯カメラを確認すると、19日午後1時過ぎにカメラに写っていたのはジープに乗った女の姿だった。女はリサイクル用のゴミ箱を一旦開けるも、その横にあった一般ゴミの方へ歩き、片手に持っていたプラスチックの袋を放り投げたのである。 その後、防犯カメラの映像が決め手となり、当局は22日に54歳の女を逮捕した。 今回の事件を受け、捜査官や地区検事は「いかなる理由があろうと子犬を遺棄することは許される行為ではない」とし、女を動物虐待の容疑で起訴することも視野に入れているようだ。今後、このような悲しい事件が起きないためにも、法律で取り締まるべきなのかもしれない。 

Read more

大津市の保育園、安全に最大限配慮する姿がストリートビューに

騒ぎになっている滋賀県大津市の保育園についてマスコミが保育園の管理体制を責める中、ネット上では擁護する声が飛び交っている。 ストリートビューではできることをしっかりする保育士の姿が映っていた。 信号待ちの間、横断歩道からやけに離れて立っている保育士と園児たち。安全のために配慮していることが分かる。 別角度から見ても同じ。園児とは手を繋いでいるようだ。 さらに少し前。保育士が車道側を歩き、なおかつ車道から離れて隅を歩いていることが分かる。 偶然にもGoogleストリートビューの車がその姿を追っていた。ずっと同じ調子でマナー良く歩いている。 記者会見では保育園の管理体制に不備があったという前提で意地悪な質問をする記者が散見されたが、実際には保育園は安全に相当配慮していたと思われる。不可抗力に対して努力義務を要求するのはあまりにも酷だろう。 ストリートビューのキャプチャ画像は現在、ネット上で拡散され、保育園を擁護する声が飛び交っている。 

Read more

コーヒー×コーギー。バンコクのコーギーカフェはこの世の天国

タイ・バンコクにある「Corgi in the Garden」がコーギー好きにはたまらないスポットだと写真が共有されている。 コーギーがたくさん。 カフェなのでもちろんコーヒーもあり。コーギー&コーヒーという組み合わせは語呂も良く、リラックスする第三の場所として最適だ。 場所は338/1 Kallapaphruek Road Bang Wa, Phasicharoen Bangkok 10160。たくさんのコーギーがお出迎えしてくれる。 人懐っこいコーギーはとても可愛らしい。 おやつをあげることもできる仕組み。一気にコーギーが集まってくる。 みんな並んで記念撮影…と思いきや動いてしまう。 おすわりができるお利口さん。 お手もばっちり。 「いらっしゃいませー」よく見るとみんなちょっとずつ顔が違う。 帰るときは寂しいかも。また来るね。 日本でも同じようなコーギー専門のカフェができないだろうか。Corgi in the Gardenの人気は絶大でタイの人気観光スポットとなっている。

Read more