トップを走っていたマラソンランナーがゴール100m手前で脱水症状から転倒・・この後に起こった美しいドラマに感動せざるを得ない!

2017年12月10日にアメリカ・テキサス州で開催されたダラスマラソンでそのドラマは起こりました。 マラソンの部でトップを走っていたチャンドラー・セルフさんは、ゴールまで残りわずか100mというところで、脱水症状から足が思うように動かなくなってしまい転倒してしまいます。 ちょうどその近くを走っていたリレーの部のアンカー、17歳のアリアナ・ルターマンさん。 同じランナーとして居ても立っても居られなかったのか、セルフさんに手を差し伸べます。 セルフさんは抱きかかえられながら、必死にゴールに向かいます。 もう意識は朦朧となりながら、ただただ本能だけで走り続けるセルフさん。 ルターマンさんも同じランナーとして彼女を見捨てる訳にはいかないと、自身のレースをそっちのけで肩を支えながら併走を続けます。 そして、やっとの思いでゴール!! まさに執念のゴールです。 異なる部門を競うランナー同士だったとはいえ、勝負が決まる最終局面で自身の競技を中断し他の出場者を救うなど、簡単にできることではありません。 スポーツマンシップに満ちた感動的な映像に、海外掲示板redditユーザーからもたくさんの反響が集まりました。 ネットでの反応は・・? ●公式発表では、セルフ選手は2番手をかなり引き離していたから、たとえあのまま這ってゴールしても1番だったと説明されていたよ ●勝負を捨てて、人情を取る。それが世の常なのに、この子は人情を取って勝負にも勝った。ずるいよ! ●素晴らしい。本当にすごい ●こんなに若いのに、なんて偉いの これぞスポーツマンシップの美しさでしょう。 同じ目標を持つものだから分かるものがあったんだと思います。 2人の選手に改めて大きな拍手を送りたいですね。 

Read more

ダイソーのフタ付き製氷皿、本用途とは違う意外な使い方がネットで大反響!・・こんなの探してました。

100円ショップに行くと商品の種類の豊富さにいつも驚かされます。 中には本当の用途に使うのはもちろん、ほかの用途に使うと便利なものってありますよね・・ そんな中、ダイソーで売っているフタ付き製氷皿の意外な使い方が話題になっています。 ダイソーのフタ付き製氷皿がお弁当のオカズ冷凍保存に便利と知って試してみたのだけど、なにこれすごい。8号のカップにぴったりですよ。 pic.twitter.com/ruOUPzUywo — ナシエ❖お勉強中📚 (@y3al5o12_ne) 2018年1月14日 Twitterでの反応は・・? フォロー外より失礼します。作り置き冷凍出来ますね!このアイデア、アップして頂いてありがとうございます!! — ゆいりー&桜✿12/22ロウさん誕生日会 (@yuiriy_sakura) January 15, 2018 探していた物が!!!お弁当のおかずを冷凍するのに、色々と考えていたのですが、なかなかこれっ!と思う物に巡り会えずにいました。ありがとうございます! — ぴー (@y8a51puIiHyTehK) January 15, 2018 これいいですね!アイディアいただきましたっ

Read more

陸上自衛隊が「U.S.A.」を踊ったらこうなった!・・生演奏で急遽リクエストに応えてくれた自衛官に好感度集まる!

今年の大ヒットソング 「U.S.A.」 既に数多くの人や団体がカバーしていますが、今回は陸上自衛隊が見せてくれました。 しかも生演奏で披露してくれるというおまけ付き。 生演奏終了後に突然のリクエスト。 それに快諾した自衛官に好感度が集まっています。 日々私たちを守ってくれる自衛官。 様々な厳しい訓練の合間で練習していたのでしょう・・ キレキレのダンスに多くの人が釘付けになりました・・ 本家も顔負けのパフォーマンス。 流石の自衛官。 がっつり高感度をかっさらっていきましたね・・ 【番外編】 ここで数多くの人がカバーした「U.S.A.」をいくつかご紹介したいと思います。 まずは佐賀県バージョン 会社のPRに製作した企業も・・ さらには西日本豪雨の復興の一環として・・ 第一弾は岡山 第二弾は愛媛 第三弾は広島 とても覚えやすい曲調と親しみやすいダンスで、多くの人がカバーした「U.S.A.」 今後もどんなカバーが登場するのか注目したいですね・・

Read more

瀕死の猫を救ったホームレスと猫の恩返し。

これは数年前にロンドンで実際に起きた話です:ジェームス・ボーウェンというホームレスの男性はいつものように道に座って、ギターを弾いていました。 ヘロイン漬けの毎日を過ごす彼ですが、新しいドラッグを手に入れるにはあと2時間ほどパフォーマンスを続けなければいけません。すると、彼の目の前に突然毛むくじゃらの生き物が姿を現したのです。その時、この世のどんな脚本家の書いたものよりも素晴らしい物語の第1章が始まったのです。 ジェームスはドラッグを買う金稼ぎのためにストリートミュージシャンをしていました。その日も一仕事終え、荷物を片付けようとしていたとき、どこからともなく1匹のトラ猫が現れたのです。猫は最後の力を振り絞って彼の足元に横たわり、動かなくなってしまいました。よくみると猫は出血していました。 ジェームスは即座に猫の様子がおかしいことに気づきます。出血はひどく、もう虫の息でした。「もしかしたら車に轢かれたのか、それとも他の猫と喧嘩でもしたのだろうか」とジェームスは考えます。いずれにせよ猫は助けを必要としていました。その猫の姿に、ジェームスはドラッグ漬けになって意識朦朧としていた自分を重ね合わせます。 そこでジェームスはさっと荷造りを済ませると、そのオス猫をそっと腕に抱え、動物病院へと足を急ぎました。病院まで走っている途中、ジェームスは昔自分が買っていた1匹の猫が自分の腕の中で瀕死の状態のこの猫に似ていたことを思い出します。その猫の名前はボブでした。そこでジェームスはこの猫もボブと呼ぶことに決めます。 獣医の診察でボブはおそらくキツネに襲われたのだろうという事が分かります。身体中に噛み傷があり、狂犬病に感染している恐れがありました。獣医はその後ボブの傷の処置をし、ありとあらゆる予防接種を行います。手術は2時間以上にも及びました! しかし1番の問題はその後でした:手術費用と薬代の請求書を手にとったジェームスは目が飛び出そうになります。そんなに沢山お金を持ち合わせているか分からなかったからです。カバンの中をガサゴソ探し回ると、その日稼いだお金が出てきました。両手一杯の小銭と何枚かのお札が入っていました。ジェームスは究極の選択を迫られます:そのお金でドラッグを買うか、それともボブの手術費を払い、彼の治療に必要な命の薬を買うかの二択です。一度深呼吸して、自分の心に問いかけたジェームスはボブを選びました。持っていたお金を全て医者に渡すと、まだ麻酔が効いたままのオス猫を抱えて病院を後にしました。 いつもの寝床へ戻ったジェームスは思いに耽っていました。「もしかしたらボブにとって保護施設に預けられるのが一番なのかもしれない。ホームレスの俺がどうやってこの猫の世話をできるだろうか。」自分には無理だと考えたジェームスは、ボブを近くの動物保護施設に預けます。そこでならボブはまた元気になって、新しい家族と巡り会えると思ったからです。 しかしボブには別の計画がありました。保護施設に預けられたその夜に目を覚ましたボブは施設を抜け出して、昨日ジェームスと出会ったあの場所へ戻って行ったのです。ジェームスの事がよほど気に入ったのでしょうか。ジェームスはボブの行動に驚き、あることに気づきます:昨日の出来事が印象的過ぎた上、一文無しだったジェームスはドラッグの事を丸一日忘れていました。それにも関わらずまるで元気な自分に気づいたのです。   それからジェームスとボブは毎日一緒にストリートで暮らし始めます。ギターを弾くジェームスとその前に座って喉をゴロゴロ鳴らしているボブ。ボブのおかげか、通りすがりの人が沢山お金を帽子の中に投げ入れてくれました。そしていつの間にかジェームスはドラッグの事を全く考えなくなっていました。自分を頼りにしてくれる友達を見つけたからです。ボブがそばに居るだけでジェームスの心は躍りました。その後ホームレスだったジェームスはアパートを借り、ボブと一緒にそこで暮らしながら、朝になると一緒に仕事へ出かけて行きました。 しばらくしてジェームスはボブとの物語を本にする事を思いつきます。本の名前は「ボブという名のストリートキャット」で、元薬物中毒者のジェームスさんとボブとの友情を描いた物語です。彼らの出会いとその後について詳細に記されています。 出版されると数週間で全英70万部のベストセラーとなり、その後日本語へも翻訳されています。その後続編も出版され、映画化までされました。映画の中で特に注目すべきなのがボブ役の猫は実はボブ本人だという点です! ジェームスさんは神妙に語ります:「もしボブに出会っていなかったら、きっと俺にはひとりでドラッグを止める力はなかったと思う。ボブは俺にとって命の恩人だよ。」 ジェームスさんの様な幸運に巡り会えるホームレスの方はそう多くはないでしょう。しかしこの物語は私たちに「人生を変えることは誰にでもできる」ということを改めて実感させてくれます。その際一番大事なことは清い心を忘れないこと。たとえ周りが真っ暗で先が見えなくても。

Read more

寝る前のスマホ使用による寝不足・肥満・睡眠の質の低下

夜、ベッドに寝そべりながらスマートフォンを手にして、メールをチェックしたり、SNSを開いたり、友達とチャットしたり、ゲームで遊んだり… 多くの人にとってこれが寝る前の習慣となっているのではないでしょうか。中には、ガラケーの時代からずっとやっているという人もいるでしょう。 しかし、このような行為が健康にどのような影響を与えるのかを真剣に考えたことのある人は少ないのではないでしょうか。実は寝る前のスマホいじりによる健康への悪影響が最近話題に上がることが多くなってきています。今回はそのうちいくつか代表的なものをご紹介します。 1. 脳を覚醒させる 携帯電話などのLEDディスプレイから発せられるブルーライト(青色光)は非常に明るく、強いエネルギーを持っています。角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するこの光は、睡眠を妨げる原因となることがあります。眠りにつく際には脳からメラトニンという睡眠誘発ホルモンが分泌されるのですが、明るい光に目がさらされることでメラトニンの分泌が抑えられてしまうのです。最近はこのアプリのように、夜間の携帯電話からの光をコントロールするものも出ているようなので、活用してみてください。 2. 脳細胞の修復を妨害する 日中の活動で傷ついた細胞の修復は、睡眠中に行われます。中でも重要なのは、脳細胞の修復です。就寝前に携帯電話をいじることで睡眠が足りていない状態が習慣化してしまうと、脳にもダメージを与えることになります。日中の記憶力や集中力の低下する他、問題処理能力や思考力にも大きな影響を及ぼすこともあるそうです。質の高い睡眠を取れないと、身体の疲れが回復しないばかりか、脳が記憶の整理や脳細胞の修復などを行えないということです。 3. 睡眠の時間と質が低下することにより、身体の健康に悪影響が発生する。 夜遅くまでパソコンなどのLEDディスプレイでブルーライトを浴びる生活は体内時計を乱れさせ、自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします。特に食欲や体重の増減などを制御するインシュリンの分泌量の乱れは直接的な健康への影響が大きいため、注意が必要です。 4. 睡眠時間が短くなる 眠りにつく前に携帯電話をいじるようになると、当然ながらいじっている時間の分だけ眠りにつく時間が遅れ、睡眠時間がどんどん短くなるということになります。睡眠不足は、睡眠不足のため疲労回復が十分にできない状態が慢性化すると、太りやすくなったり、精神状態が不安定になったり、がんのリスクを高めたりと、あらゆる健康上の問題を引き起こす原因にもなります。 それでは携帯電話を絶対に使ってはいけないのかというと、もちろんそんなことはありません。しかし、床につく1時間ほど前から携帯電話を使用しないようにすることに様々なメリットがあるということを覚えておいてください。ダイエットにも効果があると考えれば、苦にならないはず、ですよね? でも、携帯電話のアラームを使用しているから…という人は、これを機会に目覚まし時計を買うのもいいかもしれません。 寝るときくらいは携帯電話から解放されてみるのはいかがでしょうか。横にいる恋人と語らったり、本を読んだり、音楽を聴いたり、目を閉じて色々と考える、なんて時間を取るのもいいかもしれませんね。

Read more

マーモットの家族と4年間交流している8歳児。

マテオ・ワルシュには4歳の頃からある特別な友人がいます。それはなんと、アルプスマーモットの家族です。 他の子供たちが犬や猫を遊び友達にするように、マテオはアルプス山脈に生息するげっ歯類と友情を育んでいるのです。フォトグラファーとして活躍するマテオの母親は、息子とユニークな友達の心温まる交流の様子を写真に収めています。 毎年夏になるとマテオとその家族はオーストリアで最も標高の高い山グロースグロックナー近くで2週間の休暇を過ごします。自然愛好家のワルシュ家にとって自然豊かなアルプス山岳地帯での夏休みは毎年の恒例行事。マテオは高山に暮らす友達一家を訪ねることを毎年楽しみにしています。 マーモットは集団生活を営む習性があり、20頭から50頭ほどが集まってコロニーを形成して生息しています。警戒心が強く、危険を察知すると口笛のような甲高い警告音を発し、地下の巣穴に避難するように仲間に呼びかけます。 本来 警戒心が強く、侵入者に対しては防御的な反応を示しがちなマーモットですが…どうやらマテオは例外のようです。 「マテオはマーモットが大好きで、マーモットも彼を怖がることはありません。きっと気持ちが通じ合っているのでしょうね」と母のミカエラは語っています。 「息子とマーモットの友情を見守ることがなによりです」とミカエラ。 数か月のブランクがあっても、マーモットたちはいつもすぐにマテオを認識するそうです。もちろん、マテオから餌をもらうのもマーモットたちの楽しみの一つのようです。 アルプスでの2週間の休暇はあっという間に終わってしまいますが、来年の夏もまた会えることを知っているから、お別れも悲しくはありません。 微笑ましくも美しい、マテオとアルプスの住民の特別な関係。美しい大自然を背景に育まれているユニークな友情の物語、写真を見ているだけで心が温まります。 

Read more

あなたはどう見えますか?・・動いて見えるあなたは、疲れています!

あなたはストレスが溜まりやすい方でしょうか? また適度にストレスを発散する何かをやっていますか? でも、ストレスがどれだけ溜まっているか計測することなんて簡単にはできませんよね・・ 一体自分がどれだけ疲れているのか簡単にわかることができればいいと思いませんか? そんな中、あるTwitterユーザーさんが投稿した画像が大きな話題になっています。 その画像は俗に言う錯視イラストで、見え方によってその人のストレス度がわかるんだそうです・・ あなたのストレス度はどれくらいでしょう? 早速そのイラストをご覧下さい! どんな風に見えたでしょう・・? 投稿者はイタリアのミラノ・ビコッカ大学で認知神経科学の教授を務めるアリスさん。 アリスさんはこのイラストについてこう解説しています・・ Amazing motion illusion. V5 is firing due to V4 saturation! pic.twitter.com/oNgxRXXN3f — Alice Proverbio

Read more

昔の家族写真を再現!12写真

古いアルバムに眠る幼い頃の写真。子供時代の写真は、見ているだけで当時の思い出がまざまざと蘇ります。 純粋無垢だったあの頃、キラキラと輝いていた子供時代…ならば、いっそのこと当時を再現してみよう!そんな訳であの素晴らしい日々を再び蘇らせてみた家族たち。その結果は…?面白くてしみじみと感慨深い、過去と現在の比較写真をご覧ください。 1. 「妹と僕、20年前と現在」 2. 表情も完全一致 3. 3兄弟でお風呂♪ 4. 生後2週目の息子と父、成人した息子と生後2週目の息子 5. 母、ほとんど変わってない! 6. 常に家族のドラマを呼ぶ復活祭の光景 7. 大叔父とティータイム 8. チェルノブイリの立ち入り禁止区で、おもちゃの愛車と30年ぶりに再会した兄弟 9. 3ヶ月のときに父を交通事故で失った男性、父になった彼が祖母にクリスマスに贈った再現写真 10. 4姉妹と愛犬 11. 父と同じ道を歩んだ息子 12.

Read more

「当然の事をしたまでですよ!」コミケの更衣室で倒れた急病人を手際よく処置したコスプレイヤーが謙虚にそう言った・・めっちゃかっこええと思ったそのコスプレイヤーの正体を知って更に驚愕!

皆さんは「コミックマーケット(通称コミケ)」というイベントをご存知ですか? 日本最大級の漫画同人誌展示即売会で、近年では8月と12月の年2回東京ビックサイトで開催されています。 企業からの参加もあり、グッズ販売、講演会、握手会など催されたり、アニメなどのキャラクターに扮した多くのコスプレイヤーが大勢集まるイベントとしても知られています。 そんな中、あるTwitterユーザーさんがコミケで起こった出来事をツイートしたところ多くの反響を呼んでいます。 ※画像はイメージです。 コミケのコスプレ男子更衣室にて、突然ケイレンを起こした急病人が出たそうです。 その異変に気付き軍服姿にコスプレした5人組の男性達が手際よく処置したそうです。 その姿に惚れてしまった投稿者は、そのコスプレイヤーに話しかけたのです… そして彼らの正体を知って更に驚愕しました! その全容の続きはツイートにてご確認下さい。 今日のコミケでの出来事。まじカッコいい#C93コスプレ #C93 pic.twitter.com/CDvJwoLXpj — バーロー@12月ライブ (@ba_ro_kun) December 31, 2017 Twitterでの反応は・・? まさに自衛隊は日本の誇れる守護者ですね。 — NSR★豆柴 (@usagiroladiski) December

Read more

弱肉強食のサバンナで起きた百獣の王ライオンとヌーの感動物語

大自然の中で野生動物たちがのびのび暮らす、アフリカの草原地帯サバンナ。過酷な自然の掟によって支配されるこの野生動物の王国では、日々様々なドラマが繰り広げられています。 今回はみなさんにそんなサバンナの地で起こった、まるで奇跡のような物語を紹介します。 アフリカのサバンナにあるセレンゲティ国立公園。雨季も終わりを迎え、野生の世界では多くの命が芽生える季節が到来しました。 しかし、母親のお腹から生まれたばかりのまだ幼い草食獣の子供たちは動きが鈍く、肉食獣たちにとって恰好の獲物です。 そして、この日生まれたばかりのヌーの赤ちゃんも、すでに一頭のメスライオンに狙われていました。 必死の抵抗を見せる母ヌー。しかし、百獣の王・ライオンを前にしては成す術もありません。 大きな体のメスライオンに捕まってしまったヌーの赤ちゃん。命運は尽きたかに見えました…。 まだ生まれたばかりで、体が濡れたままの赤ちゃん。このまま噛み殺されてしまうのか…と思いきや なんと奇跡が起こったのです!生まれたばかりの草食獣の赤ちゃんは、本能的に動くものについていく習性をもっています。母親を求める本能がそうさせるのか、あろうことか捕食者であるライオンに甘えはじめたのです。 母親は子どもの様子を遠くから、固唾を呑んで見守っています。 ライオンも一度はヌーの子にかぶりついたものの、それはまるで子ライオンをあやす親がする甘噛みのようなもので、ヌーの子は無傷でした。ライオン自身も思わぬ形で愛情を見せてくる獲物に困惑している様子です。 ついには完全に闘争本能が解けてしまったのか、メスライオンはヌーの赤ちゃんをあやし始めます。ヌーの赤ちゃんも、ライオンをすっかり母親と認めたのか、顔や体に擦り寄ってお乳を求めるようなそぶりさえ見せました。 数時間後、ライオンは赤ちゃんの元を離れていきましたが、この頃には赤ちゃんの体は完全に乾き、自分の足で立ってしっかりと歩けるようになっていました。 その後、ヌーの赤ちゃんは無事母親の待つ群れに帰ることができ、母親と感動の再会を果たすことができたのです。動画には映っていませんが、この時ライオンとヌーの赤ちゃんの周りにはハイエナがたむろしていたそうで、結果的にライオンの驚くべき行動は幼い命を救うこととなったのです。 なぜメスライオンがこのような行動をとったのかについては様々な意見がありますが、もしかしたらこのメスライオンも幼い子どもを失った経験があり、ヌーの子を捕まえた途端、その記憶が蘇ってきたのかもしれません。いずれにせよ、弱肉強食のサバンナでこうした心温まる光景が見られることは、奇跡と呼んでも過言ではないでしょう。   

Read more