生まれてくるために必要だった注射器と一緒に写真撮影した赤ちゃん

様々な生き方を選択できるようになった現在、個人差こそあれ、妊娠はデリケートな問題です。 不妊に悩む人は多く、長年不妊治療を続けるカップルは決して少なくありません。 アメリカのアリゾナ州在住の同性婚カップル、キンバリーとパトリシアにとって子供を授かるための道のりは長く険しいものでした。長い間、不妊治療に耐えてきたものの、身を結ぶことはなく、3度の流産を繰り返しました。2人ともすっかり失望し、ほとんど諦めかけていました。 Posted by Pattie ONeill on Sunday, December 3, 2017 「もう不妊治療なんて止めよう、これ以上耐えられない、医者の顔を見るのもウンザリ、そう思っていました。しかし妻と母に励まされ、なんとか不妊治療を続けることができました」とパトリシア。 辛い不妊治療生活に耐えること4年、ようやく2人は娘を授かることがでました。そして2018年8月3日、ロンドン・オニールは誕生しました。一家に新たなメンバーが加わった瞬間でした。 Posted by Kimberly Ayn O'Neill on Monday, August 13, 2018 「初めて娘の泣き声を聞いたとき、私たちはお互いに見つめ合い泣きました。感動のあまり震え涙が止まりませんでした。ようやくこの子に出会えた、と深い安堵感に包まれました。こんなに心を揺り動かされたことはありませんでした」パトリシアは誕生の瞬間を振り返ります。 ロンドンを出産するまでの道のりは長く険しいものでした。パトリシアは幾多の試練と苦悩に耐え、ようやく報われたのです。娘を妊娠するまでの4年間、受精率を上げるために打った注射の合計数は1616本にも及びました。 Posted

Read more

【ヒエッ】自撮り撮影中に後ろから拳銃強盗が!→なんと顔見知りで普通に助かる

ブラジルの恐ろしさがよくわかる動画 ブラジルの犯罪発生率は世界でも群を抜いているが、先日、あるインスタグラマーの男性が、自撮り中にとんでもない事件に巻き込まれかけたらしい。 その一部始終がこちらだ。 この映像を投稿したのは、おもしろ動画を投稿するインスタグラマーのハルク・パオ氏。 いつものように自撮りをしつつ屋外で撮影していたところ、後ろから自転車に乗った細身の少年が。 すると、サクッと拳銃を取り出しハルク氏に銃口を向ける。まるで挨拶するかのような躊躇のなさである。 もちろんハルク氏も真顔になって振り返ると、なんと犯人は友人。 「よう!」といって握手をする二人は、まさか拳銃強盗とは思えない。相手の切り替えの早さからみるに、日常的にやっているのだろう・・・。 

Read more

【もう怖くない】12歳難病少女が点滴袋を隠すテディベアを考案!特許取得し病気の子供に寄付!

子供にとって病院での治療は怖くて不安なもの。見たことのない医療器具を目の当たりにし、「これから何をされるのだろう」「痛いのかな」なんて思うのは当然である。 点滴袋を隠す「メディベア」を考案 米コネティカット州に住むエラ・カサーノさん(12)もそんな一人だった。 血小板数が減少し出血しやすくなる”特発性血小板減少性紫斑病(ITP)”と呼ばれる難病と闘い、8週間おきに病院で点滴を受けなければならないエラさんにとって、点滴袋の中の薬が自分の体に入っていく様子を見るのはたまらなく恐ろしく、不安で胸が押しつぶされそうになるのだという。 そんなエラさんが、あるものを考案し話題となっている。 View this post on Instagram Which would you rather see if you were a child in the hospital? #medi_teddy #childinhospital

Read more

誰しもが忘れちゃいけない大事なこと。新人の頃、千切りの練習をしてたら先輩から言われた言葉に『ハッ』した・・・。

新人さんだった頃のある出来事を投稿した女性。 この時に、先輩から教えてもらったこの大切な事が 今でもとても役に立っているといいます。 そして、Twitterのコメントでは自分もこんな人に出会いたかった! と大きな反響をよんでいます。 一体どんなことを言われたのでしょうか。 若い時に教えて貰えて良かったこと pic.twitter.com/eH9YF5kLVI — みわ (@Watana4444) June 16, 2019 Twitterでの反応は・・? 「難しい方が必ずしも素晴らしいワケじゃない」 これは普遍性がありますね。絵でも、物書きでも、音楽でも。 「妥当な完成度」というものが確かにあると思います。 — みしま (@stealth2003jp5) June 19, 2019 「難しさを追求して素晴らしさを見失わないようにね」がグッと来ました(誤字ったのでツイし直し)

Read more

【マジか】ミャンマーの女医がSNSにセクシー写真を投稿しまくり医師免許を剥奪される!

セクシー写真が原因で医師免許剥奪 ミャンマーで医師として勤務していた女性(29)が、あることをきっかけに医師免許を剥奪されてしまったという。 その理由がこれだ。 View this post on Instagram Society doesn't own women's body My body, My right Thanks to all my fans from my country,

Read more

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯機に入れた罰として食器洗いを小4の次男にやらせた。助かったので「今日もティッシュ入れといて!」ってからかったら、超イケメンな答えが返ってきた!

子供の洗濯物を干していたら、ポケットからティッシュが出てきた! 洗濯あるあるですが、これに気づいた時の喪失感っていったらありませんよね・・ そこで、ティッシュを入れたままにしておいた罰として食器洗いをしてもらったと言うママさんのエピソードです・・ 小学校4年生になる次男に食器洗いをさせたら、意外にも丁寧で早く上手だったらしく、「助かる~、今日もティッシュ入れといて!」とからかったら、超イケメンな答えが返ってきました! 小4次男がティッシュをズボンに入れたまま洗濯に入れた罰として食器洗いをしてくれたのですが意外にも丁寧で手早く上手なので後ろから「助かる〜今日もズボンにティッシュ入れといて!」とからかったら、背中向けたまま「そんなんせんでもまたやってやるよ」と軽く笑って「え…好き…」ってなりました — waruyoi (@waruyoiseijin) June 19, 2019 Twitterでの反応は・・? ほ、惚れてまうやろ〜!!(古い?)通りすがりに失礼しました! — eio (@andJuliet82) June 19, 2019 (・д・)チッ羨ましい!と世界が思ったろうぜ! — サナギマソ 憂鬱まみれ (@Fw84roaxeZ5OeX5) June

Read more

【ドッキリかな?】友人の家に遊びにきた男性がドアを開けた途端ヘビがガブリ

ドアの上にとんだ伏兵が! 友達の家に遊びにきた時のハプニングといったら、せいぜい約束の時間に遅れるとか、財布を忘れるなどといったことくらいだろう。まさか、上からヘビが噛み付いてくるなどというドリフみたいな展開は想像もしまい。 だが、今回の男性はそんな神様のいたずらにあってしまったらしい。 Doorbell Camera Captures Snake Biting Man in Face 🐍 OUCH! This man got the shock of his life when he walked up

Read more

いじめを受け先生に助けを求めるも助けてくれず、学校を休んだ娘。→休んだ理由がとんでもなく深かった・・・!!

昔からなくならないいじめ。 中には登校拒否や病気になってしまう子も大勢いますよね・・・。 今回は、とある女子高校生の行動がかっこいい!と話題になっています。 投稿者はこちらの女子高生のお母さん。 娘さんがいじめられている子をかばったところターゲットが娘さんへ。 そこで、先生に相談をしますが助けてくれず、1週間学校を休んだ娘さん。 心配したお母さんが声をかけると娘さんから 想像もしなかった言葉がかえってきました・・・ イジメをされてる子を守って、逆にターゲットにされた娘が先生に助けを求めたけど助けてもらなかった。娘は学校を1週間休んだ。心配する私に娘はこう言い放った「私はイジメを受けてるから休むんじゃない。休めばもう少し真剣に取り合ってくれると思ったから」とつえーな!おい! — まっちゃん (@J9qu6kEmNuGCV3r) June 26, 2018 Twitterでの反応は・・? 強さを身に付けないと、生きていくのも難しいのかなと感じちゃいますね。 いじめは そもそも犯罪だと思うので、それを正当化しちゃう学校も…何だかなぁ。 ともあれ、弱者を守る勇気は尊敬に値すると思いました。 — 昭和生まれ令和育ちのあんでぃ(期間限定) (@dai1976) June 27,

Read more

妊婦さんのお腹を殴るという信じられない事件。声を荒げ、犯人を取り押さえる警察官の対応に胸を打たれる・・・

日々、信じがたく許されない事件がおきていますが そんなときに、体を張って動いてくれる警察官の方々には 本当に頭が上がりませんね。 今回は特に、警察官の対応に胸が熱くなったという 事件を目撃した男性のツイートが話題になっています。 渋谷駅で「てめー何したかわかってんのか!」と若い警官が先輩に止められながら、そこまでキレたらマズいだろレベルで周りが見てた。けど、話を聞いて血の気が引いたんだけど犯人は知らない妊婦のお腹を殴ったらしい。絶対に許される訳ないし、そんな人が警察官をしている事に誇りを感じました。 — 山本タク (@ereki_taku) June 17, 2019 Twitterでの反応は・・? 警察官もヒト。そして正義のヒトが警察官をやっているステキなセカイに感謝。 — NutsIn先任曹長 (@McpoNutsin) June 17, 2019 こう言う人が居るなら、警察はまだまだ捨てたものじゃない。 — 龍神ケンジ(りゅうがみケンジ) (@Herdish99) June

Read more