【憲法改正】高市早苗氏「国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる」

0 Shares

憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗 記事によると… ・現代と次代に生きる国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる。 ・国民と国家を守り抜く決意 憲法は、「国家の統治機構の設置根拠と運営の基本」と「国民の地位」を定めた「最高法規」だ。よって、憲法に反する内容の法律は作れない。長年の議員立法作業で直面したのは、常に憲法の壁だった。現行憲法制定時に較くらべると、人・モノ・情報が容易に国境を越える時代になり、インターネットの普及など技術革新が進み、日本の安全保障環境も激変した。 現代と次代に生きる国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる。(2022.07.19国家基本問題研究所「今週の直言」より転載) https://hanada-plus.jp/articles/1084 高市早苗 高市 早苗は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党政務調査会長。 総務大臣、内閣府特命担当大臣、衆議院議院運営委員長、自由民主党政務調査会長、内閣府特命担当大臣を歴任した。 生年月日: 1961年3月7日 (年齢 60歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・97条削除の部分は気になりますが。 ・(><)高市さん頼みます! ・時に合った憲法を ・高市さん宜しくお願い致します。 ・応援しております!!頑張って下さい。 ・何でHanadaは統一教会の事をスルーしてるの?ひろゆきさんが指摘してるようにビジネス保守だからですか? ・頑張って、高市派を創るべし 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

有本香さん「殺人犯の供述(?)とやらを鵜呑みにして「統一教会ガー」と騒ぎまくるメディアは、奈良県警の問題を全然追及しない」

0 Shares

有本香さんのツイート 殺人犯の「心中」の問題などそもそも二の次だろうに、供述(?)とやらを鵜呑みにして「統一教会ガー」と騒ぎまくるメディアは、奈良県警の問題を全然追及しない。 人命なんかどうでもいいのだろうね。 とくに安倍さんの命に関心はないのだろう。これでは献花に長蛇の列作る国民から見放されるわけだわ。 殺人犯の「心中」の問題などそもそも二の次だろうに、供述(?)とやらを鵜呑みにして「統一教会ガー」と騒ぎまくるメディアは、奈良県警の問題を全然追及しない。人命なんかどうでもいいのだろうね。とくに安倍さんの命に関心はないのだろう。これでは献花に長蛇の列作る国民から見放されるわけだわ。 — 有本 香 Kaori Arimoto (@arimoto_kaori) July 18, 2022 有本香 有本 香は、日本のジャーナリスト、編集プロダクション代表。 生年月日: 1962年 (年齢 60歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・ほんと仰有る通りかと。Twitterの中にある銃撃された時の動画を拝見しましたら、銃撃前に後ろの道路を日傘をさした方などが普通に歩いてられた。警備なんてあったものではありません。 ・完全に賛同します

0 Shares
Read more

【毎日新聞世論調査】安倍元首相の功績「評価する」7割

0 Shares

安倍元首相の功績「評価する」7割 毎日新聞世論調査 https://mainichi.jp/graphs/20220717/mpj/00m/040/048000f/1 安倍晋三 安倍 晋三は、日本の政治家。 衆議院議員、内閣総理大臣、自由民主党総裁、自由民主党幹事長、内閣官房長官、清和政策研究会会長、自由民主党幹事長代理、内閣官房副長官等を歴任した。後述の選挙演説中の銃撃事件により死去。67歳没。 生年月日: 1954年9月21日 暗殺:2022年7月8日, 奈良県 奈良市 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・毎日新聞で7割は凄い!👏 ・7割???少な過ぎだろ! ・カルト宗教の件は置いといて 岸田よりは仕事した感あるな(´・ω・`) ・少なく見積もって…?😅 ・毎日新聞で7割ってすごい ・もっとあるだろ! ・誰に聞いたか知らんが少なすぎるだろw 出典 https://sn-jp.com/

0 Shares
Read more

共産・田村智子氏「ジェンダー平等や気候危機打開の政策で、若い世代の中に共産党への新たな期待が広がっている」

0 Shares

参院選比例当選議員に聞く 田村智子さん 記事によると… ・かつてない共感 ジェンダー平等や気候危機打開の政策で、特に若い世代の中に共産党への新たな期待が広がっていることも実感しています。選挙中、LGBTなど(性的少数者)への偏見に満ちた冊子が自民党に配布されていたことが報じられ大きな批判が巻き起こりました。私も「誰を好きになるか、どんな家族をつくるかは自民党や国家が押しつけるんじゃない。私が決める、あなたが決める」と訴えると、「そうだ」の声、涙を流して拍手する方など共感はかつてないほどの熱さを感じました。ここからどうつながり、さらに広げるか挑戦したいです。 改憲・大軍拡の翼賛体制に抗するには、市民の皆さんとの強く大きな共同がいよいよ求められます。憲法9条への思い、外交を求める声は強いと感じます。ジェンダー平等も改憲勢力の古い家族観の克服なしには実現しません。国会内外で改憲阻止に全力をあげる決意です。 2022年7月18日(月) https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-07-18/2022071801_01_0.html 田村智子 田村 智子は、日本の政治家。日本共産党所属の参議院議員。日本共産党中央委員会中央委員、幹部会副委員長。日本共産党中央委員会政策委員会責任者。 生年月日: 1965年7月4日 (年齢 57歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・どこのパラレルワールドからいらしたのですか? ・KY、空気読めないから共産党。 ・いや、それはない。 妄想しないと生きてはいけないのは分かるが。 ・良いですね🤣 夢があって。 適わぬ妄想だろうけど。 まあ程々にね。 ・ご心配無く 誰も期待しておりません。

0 Shares
Read more

“アベガ〜”の方達、発狂すればするほど 逆効果だった…

0 Shares

一色正春さんのツイート アベガ〜が発狂する度、普通の人は嫌悪感を覚え、ますます安倍さんの苦労を偲び安倍さんへの思いが強くなる 人の心がわからない人たちは、なんとも哀れ アベガ〜が発狂する度、普通の人は嫌悪感を覚え、ますます安倍さんの苦労を偲び安倍さんへの思いが強くなる 人の心がわからない人たちは、なんとも哀れ — 一色正春 (@nipponichi8) July 17, 2022 一色正春 一色 正春は、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。 生年月日: 1967年1月3日 (年齢 55歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・ほんにそれです( ´-ω-)σ ・そうなんです。人の心が、感情が希薄な人が多いなあと思いながら、そういうツイートを眺めています。 ・人の心がわかるのも怖いですけどね ・ただの木片が炭焼きで炭になるようなものですね

0 Shares
Read more

フィフィさん「日本はあらゆる分野で侵食されていた。しかも想像以上に根深い… 日本国民がこのヤバさを自覚してないなら終わり」

0 Shares

フィフィさんのツイート もう、いちいち何とは言わないけど、日本はあらゆる分野で侵食されていた。 しかも想像以上に根深い。 正直時すでに遅しのところまできてた。 まさかここまで酷いとは…見えてなかったから現状を知って裏切られた気分だ。 これを一掃する事はかなり難しい。 日本国民がこのヤバさを自覚してないなら終わり。 もう、いちいち何とは言わないけど、日本はあらゆる分野で侵食されていた。しかも想像以上に根深い。正直時すでに遅しのところまできてた。まさかここまで酷いとは…見えてなかったから現状を知って裏切られた気分だ。これを一掃する事はかなり難しい。日本国民がこのヤバさを自覚してないなら終わり。 — フィフィ (@FIFI_Egypt) July 17, 2022 現状には嘆いていますが、私は今も、サイレントマジョリティーの力を信じているので、期待はしていますよ。声に出さなくとも、気付いている人は多いと思います。ちゃんと、静かにでもいいから動いてくださいね、日本を良い方向へ導いていきましょう。 — フィフィ (@FIFI_Egypt) July 17, 2022 フィフィ フィフィは、エジプト出身の主に日本で活動する外国人タレント。カイロ出身。中京大学卒業。サンミュージックプロダクション所属。 生年月日: 1976年2月22日

0 Shares
Read more

仲本工事さん「様々な意見がありますが、亡くなった人を悪く書く記事を見ると悲しい…」

0 Shares

仲本工事さんのツイート 様々な意見がありますが、亡くなった人を悪く書く記事を見ると悲しいです。 生身の人間同士ですから、意見を全て合わせられなくても、相手の気持ちになって、寄り添う優しい心を忘れずに日々を過ごす。 一度きりの人生、笑って楽しく過ごせたらいいですネ。 笑いで対決していた昭和の時代を思い出します。 様々な意見がありますが、亡くなった人を悪く書く記事を見ると悲しいです。生身の人間同士ですから、意見を全て合わせられなくても、相手の気持ちになって、寄り添う優しい心を忘れずに日々を過ごす。一度きりの人生、笑って楽しく過ごせたらいいですネ。笑いで対決していた昭和の時代を思い出します。 — 仲本工事 (@nakamoto_koji1) July 17, 2022 仲本工事 仲本 工事は、日本のコメディアン、ミュージシャン。 ザ・ドリフターズメンバー。ドリフから派生したこぶ茶バンドメンバーとしても活動した。 本名は仲本 興喜。 東京府東京市渋谷区出身。イザワオフィス所属。バンドでの担当はボーカルとギター。血液型はA型。身長160cm、体重66.5kg。両親は共に沖縄県出身。 生年月日: 1941年7月5日 (年齢 81歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント

0 Shares
Read more

石平氏「今、安倍元首相の国葬に一番困っているのは中国の習近平であろう…」→ ネット『ほんとだ、全て繋がりました』『腑に落ちました』

0 Shares

石平太郎さんのツイート 今、安倍元首相の国葬に一番困っているのは中国の習近平であろう。 なぜならばというと、自由世界の各国首脳が集まる国葬の場は、安倍首相が提唱し尽力した中国包囲網の世界的再結集大会になるからである。 従って日本国内の一部政治家や新聞紙が国葬に反対する本当の思惑が分かるのであろう。 今、安倍元首相の国葬に一番困っているのは中国の習近平であろう。なぜならばというと、自由世界の各国首脳が集まる国葬の場は、安倍首相が提唱し尽力した中国包囲網の世界的再結集大会になるからである。従って日本国内の一部政治家や新聞紙が国葬に反対する本当の思惑が分かるのであろう。 — 石平太郎 (@liyonyon) July 17, 2022 習近平 習近平は、中国の政治家。中国共産党・中華人民共和国の最高指導者であり、中国共産党中央委員会総書記、党中央軍事委員会主席、国家軍事委員会主席、国家主席を務めている。 生年月日: 1953年6月15日 (年齢 69歳) 出典:Wikipedia ネット上のコメント ・なるほど… ・なるほど。騒ぎ立てる方々の背景があからさまになって、全てが腑に落ちます。 ・たった一つの真実が見抜かれました!!✨ ・ほんとだ、全て繋がりました。的確な答えですね、ありがとうございます。 ・なるほど。つまり反対している方々は…という事ですね。しっかり見極めたいと思います ・なるほど、腑に落ちました。

0 Shares
Read more

門田隆将さん「この女性のコメントを聞くと多くの国民が安倍晋三氏の死をいかに悼んでいるかがよく分る…」(※動画)

0 Shares

NEKOの武士道 2さんのツイート 未だにアベガー勢力がごちゃごちゃ言ってるけど、外人さんのインタビューに答えたこの女性のように普通の日本人なら思ってるんじゃないかな。 えこひいきしてこの方だけピックアップしてみました😅 未だにアベガー勢力がごちゃごちゃ言ってるけど、外人さんのインタビューに答えたこの女性のように普通の日本人なら思ってるんじゃないかな。えこひいきしてこの方だけピックアップしてみました😅 pic.twitter.com/jmn7eb6Uyw — NEKOの武士道 2 😾🇯🇵 (@kuukaizen) July 16, 2022 門田隆将さんのツイート この女性のコメントを聞くと多くの国民が安倍晋三氏の死をいかに悼んでいるかがよく分る。ギネスに乗ってもおかしくない程の献花の数や、各国要人たちの心のこもった言葉…日本人にとって本当に嬉しいし、誇りでもある。一方ここぞとばかり罵詈雑言を浴びせるアベガー達の異常性も、改めて教えてくれる https://t.co/6CxwYfDwix — 門田隆将 (@KadotaRyusho) July 17, 2022 元動画を見る 安倍晋三

0 Shares
Read more

有田芳生氏、旧統一教会をめぐる“空白の30年”に警鐘「政治家たちに接近を図り、国会にも大きな影響」

0 Shares

「合同結婚式や政治との関わり、テレビ局の人でさえ知らなかった」旧統一教会をめぐる報道の“空白の30年”に有田芳生議員が危機感 記事によると… ・ジャーナリストとしてオウム真理教などの問題を40年以上にわたり取材してきた有田芳生参議院議員が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる“空白の30年”に警鐘を鳴らしている。 「有名歌手やスポーツ選手が合同結婚式に参加した1992年ごろ、各局は一大キャンペーン報道を張った。ワイドショーも含め朝から晩まで霊感商法などの旧統一教会の問題を取り上げた。しかしそれ以降、“空白の30年”が生じてしまった。1995年に地下鉄サリン事件が起きてからは、カルトといえばオウム真理教、ということになっていった。 ・1991年、私は『週刊文春』で半年にわたって取材をし、全国会議員の秘書さんについて調べてみた。石原慎太郎さんは“50人ぐらいはいるだろう”と話していたが、実際、信者が公設秘書や私設秘書としていっぱい入っていることが分かった。この原稿を書いて30年以上が経つが、それっきりだ。“タブー”として、今まで全く報じられてこなかったことだ。 他にも、中曽根内閣時代の1986年に行われた衆参W選挙では、旧統一教会が京都・嵐山にある嵯峨亭という旅館を買い取って研修施設にし、身長156cm以上で英会話のできる女性の信者を集め、お辞儀の仕方に始まる2週間の研修を行い、秘書として自民党へ無償で送り込んでいたことも分かっている。 やはり政治家には秘書などの人手が必要だ。僕も何回も選挙に出たけれど、運動員を集めるのも大変だ。お金もかかる。信者さんたちは今も昔も本当に真面目な人たちだ。そういう人たちが一生懸命に頑張ってくれるのだから、政治家にとっては本当に助かるし、ありがたい話だ。これは今回の参議院選挙も含め、の話だ。 このようにして、旧統一教会は“空白の30年”の間も変わらず政治家たちに接近を図り、国会にも大きな影響をもたらしていった。」 https://news.yahoo.co.jp/articles/8432a59f0ed362d46789af12968342507825c6ca 関連動画 統一教会による「有田攻撃ビラ」。内部資料にある「15億円の送金」は可能なのか。文化庁が明らかにしたことをお話しします。#とことん現場主義 pic.twitter.com/Mz48i864cC — 有田芳生事務所👓✒️ (@arita_office) July 14, 2022 有田芳生 有田 芳生は、日本の政治家、活動家、ジャーナリスト、元テレビコメンテーター。立憲民主党所属の元参議院議員。高校生時代に日本共産党に入党したが、2回の査問の末に1990年に「日本共産党への手紙」の編集をしたことで除名された。 両親は日本共産党員で、父は政治運動家・労働運動家の有田光雄。 生年月日: 1952年2月20日 (年齢

0 Shares
Read more