認知症の母親を殺してしまった息子の真実に裁判官も耐えられず涙。そして裁判官が最後に告げた言葉が・・・

当時、ニュースなどでも注目が集まっていた事件。 認知症の母親の介護の末、生活苦に陥り母親と相談をし自殺を決意。 息子である片桐被告が母親を殺害後、自身も自殺を図ったが一命を取り留めた。 片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。 その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。 母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。 片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。 生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。 介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。 「最後の親孝行に」 片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で 「もう生きられへん。此処で終わりやで。」 などと言うと、母は 「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」 と答えた。 片桐被告が「すまんな」と謝ると 母は「こっちに来い」と呼び片桐被告が母の額にくっつけると 母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。 この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。 母の首を絞めて殺し、 自分も包丁で首を切って自殺を図った。 冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。 肩を震わせ、 眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。 裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。

Read more

【衝撃の事実】10年前に買ったマクドナルドのチーズバーガーとポテトにほぼ変化がないことが判明!

10年前に購入したマクドナルド商品 2009年10月31日、世界的金融危機の影響を受け、米ファーストフード大手マクドナルドがアイスランドから完全撤退することとなった。 それから10年という年月が経過しているが、なんと最終営業日にある男性が購入したチーズバーガーとポテトがSNSに投稿され、全世界に衝撃を与えている。 その理由は商品を見てもらえればおわかりいただけるだろう。 🎉10 years old and still in good shape! 🎉 🍔 To meet Last McDonald’s Burger in Iceland🇮🇸 visit us or check

Read more

相手の奥さんに不倫がバレた女性。弁護士の友人へ送った相

こんなの弁護士じゃなくてもわかるわ!と総突っ込みが巻き起こっている、とある女性の相談内容が話題に。 不倫が相手の奥さんにバレて、弁護士の友人へ相談の連絡をしてきたそうなのですが・・・ 弁護士だと友人から相談を受けることもままあるけど、今回のは流石に酷過ぎるwww 女性も自分本位な人がいるのか?(笑)お前が不倫の浮気相手なのに財産貰えるわけ無いやろ!!こんなの弁護士じゃなくても分かるわ! あまりに面白かったのでツイートして供養します•••幸せなってくれよ••• pic.twitter.com/xmZaRSoDkt — 藤吉修崇@ユーチューバー弁護士(登録者2万人突破!) (@fujiyoshi_ben) November 2, 2019 これは本当に衝撃的すぎる内容ですね・・・ Twitterでの反応は・・? これは伝説の92‥(⌒‐⌒) pic.twitter.com/ScG84vG2CG — えぬ@つみ木係 (@2tree_f) November 3, 2019 素人でも分かるわ。おバカさんにも程がある。自分は悪くないとか言う前に、まずは1つの家族をぐちゃぐちゃにした事に謝罪してほしいね。 — ふじもん

Read more

【ビクビク】猫耳をつけた飼い主さんをめちゃくちゃ警戒するニャンコが可愛い!

猫耳をつけた飼い主さんを警戒 先日のハロウィンには多くの人が仮装をし、イベントや友人たちとの時間を楽しんだのではないだろうか。 10月27日、米コロラド州デンバーに住むこちらの女性も、ハロウィンイベントに合わせ黒猫に扮していたのだが、猫耳カチューシャをつけた途端、飼い猫の様子に異変が起きたという。 猫耳をつけた飼い主さんに対し、ビクビク怯えるような仕草をみせ、今にも飛びかかってきそうな勢いである。めちゃくちゃ警戒する愛猫に笑いを堪えられない飼い主さんだが、猫耳を外すとそれまでの警戒態勢が嘘のように、いつもの穏やかなニャンコに戻るのだ。 これには「猫耳に嫌な思い出でもあるのかな」「すごく興味深い」「うちの子もこうなってた」と様々なコメントが寄せられている。愛猫の反応に興味がある人は試してみては? 

Read more

コメダ珈琲のメニュー写真が詐欺すぎる!と話題に。しかもただの詐欺じゃなかった・・・

どうやら度々あるようなのですがコメダ珈琲さんのメニュー写真が詐欺すぎると話題に! しかし詐欺は詐欺でもどうやらただの詐欺ではない様子。 一体どういうことなのでしょうか・・・!? ←メニューのミニコメバスケット 実際に出てきたミニコメバスケット→ 詐欺では??? pic.twitter.com/yGPaujoBBD — くまねこ (@kuma_neko_) November 4, 2019 大盤振る舞いすぎる(笑) そっちかー!と思わず突っ込みたくなりますね。 Twitterでの反応は・・? さすがコメダ珈琲w — イカキング (@ikakinngu) November 4, 2019 逆詐欺は草 —

Read more

【職権乱用?】美人主審が憧れのカカにイエローカードを出した理由が乙女すぎる!

カカとセルフィー撮影をするためには… 10月29日にイスラエルで開催されていたチャリティーマッチでの出来事が話題となっている。 この日対戦していたのは、イスラエルとブラジルのレジェンドOBたち。すでに代表を引退している元ブラジル代表のロナウジーニョやカカ、ロベルト・カルロスなど、錚々たるメンバーが集結するなかで試合はおこなわれていたのだが、カカがドリブルを始めると、突然主審のホイッスルがスタジアムに響き渡った。 そして、主審はカカにイエローカードを提示したのである。 一体どこに違反があったのか、疑惑の判定に選手たちは困惑顔だが、次の瞬間スタジアムは笑い声に包まれた。 View this post on Instagram This is how you book a legend… 😄🙌📱 📹 @sport_5 A post shared by SPORTbible

Read more

【お粗末】ガソリンスタンドに突っ込んだ車の運転手が隠蔽工作を図るもマッハで逮捕される!

必死で隠蔽工作を図るも… 10月24日早朝、米ミシガン州にあるガソリンスタンドに一台の車が突っ込む事故が発生した。 隣接する店のなかはこのように商品が散乱し、事故の激しさを物語っている。運転手の男は無事だったようだが、なんと事故直後に車のナンバープレートを剥ぎ取り、必死で隠蔽工作を図ろうとしているではないか。 だが、至るところに監視カメラが設置されてあるこのご時世。当然ながら、店内に設置してあったカメラにバッチリと映り込んでしまった。 しっかりとカメラに映り込み逮捕 ナンバープレートがしっかりと確認できるどころか、実はこの男は店の常連客だったことから、すぐに身元が判明し翌日には逮捕されたという。 逮捕されたウィリアム・デイビッド・エドモンズ容疑者(24)は、この日ビールを購入し、そのうち1本を車内で飲んでいた。警察の取り調べに対し、新しいタイヤの回転がどのようなものか試してみたくスピードを上げたところ、縁石にぶつかりコントロールを失い、そのままガソリンスタンドに突っ込んでしまったと話しているが、なんだか全てにおいてお粗末である。怪我人が出なかったことが不幸中の幸いだろう。 

Read more

服に穴が空いてしまった時は一度これを試してみては!?対処法が話題です!!

服に穴が空いてしまった時の対処法がネットで話題になっていましたので紹介させていただきます! 目からウロコの方法とは・・・ 服に穴が空いてしまった時は… pic.twitter.com/2ay1c8y24E — 最多情報局 (@tyomateee) October 31, 2019 これがまさか穴隠しだとは想像もつきませんよね! Twitterでの反応は・・? 綺麗に隠せてるね👍 ただ自分の見間違いだけど、「服に穴が…」が「肺に穴が…」に見えたから、去年気胸になったから見て驚いた(どうでもいい) — *ᎪᏚᎢᎬᎡᏐᏚᏦ*💎石2000個貯💎 (@Asterisk313_pad) October 31, 2019 最初 六芒星で封印してるのかと思ったw — マンゴー@悪魔 (@Samurai24230863)

Read more

【雑食性動物なのに…草食系】 ペットのフェネックに肉抜きの食生活を強制したヴィーガン

サン=テグジュペリの代表作「星の王子さま」に登場するキツネとして知られるフェネック。 北アフリカの砂漠地帯に生息するキツネの一種であり、近年、ペットとしての人気の上昇により、飼育販売を目的とした採集が問題視されている動物です。 ニューヨーク州などフェネックの飼育が違法とされている地域もありますが、仮に違法飼育・販売から保護されたとしても、一旦人間に飼育されたフェネックを自然に帰すことは現実的に極めて困難です。野生のフェネックは本来、砂漠地帯で家族から成る集団を形成し生活するため、人間に育てられたフェネックが野生の生態に戻ることは容易ではありません。 スペイン人ユーチューバー、ソニア・サエは毛皮養殖業者からフェネックを引き取り、ペットとして飼うことにしました。しかし、飼育にあたりフェネックは主に何を食べるのか、確認したはずのソニアでしたが… https://scontent.fpnh1-1.fna.fbcdn.net/v/t1.0-9/25299347_134580470542111_2697689295513794570_n.jpg?_nc_cat=100&_nc_oc=AQlm38jh_4KsBuI4CwRQWD1s8sWwERZltKIHKh7wUPFEtJ03Teq8jkaKlbuTl0aZezo&_nc_ht=scontent.fpnh1-1.fna&oh=7eb332d8b95cc121bed2e1fdada632ff&oe=5E16B8EB 肉だけでなく乳製品や卵も口にしないヴィーガンを自認するソニアは、「ジュマンジ」と名付けたフェネックにも肉なしの菜食系の餌を与えることにしたのです。その後…ソニアがジュマンジの写真をSNSに投稿すると、たちまちソニアのページは炎上。ヴィーガン的食生活を強いられたフェネックの痩せ衰えた姿に多くの人々が憤りを覚えたのでした。 Posted by Allister Natanya Moore on Monday, March 5, 2018 本来、フェネックは雑食生で植物の葉や果物、根に加え、小型哺乳類や鳥類、卵、昆虫や爬虫類などを主に食べています。 Posted by Allister Natanya Moore on Monday, March 5, 2018

Read more

母が突然電話で「沖縄に行かない?」と誘ってきた。「今大事な時期だから。」と断ったら・・・。その後の展開に涙が止まらない。

やろうと思えば今出来ることを後回しにしてしまってはいませんか? 後悔のない人生にするために是非今一度考えるきっかけになると幸いです。 「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で聞いてきた。 当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。 「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。 「どうしても駄目?」 「今大事な時期だから。就職決まったらね」 「そう・・・」 母は残念そうに電話を切った。 急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。 それから半年後に母が死んだ。癌だった。 医者からは余命半年と言われてたらしい。 医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。 父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。 沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。 叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。 パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。 絵日記には 「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」 ・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。 自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。 というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。 母はそれをずっと覚えていたのだ。 そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

Read more