「お経にハモりをいれてみた」何故か笑いが止まらない

今、Twitterで大きな注目を集めている「お経」を、すでにお聞きになりましたか?聞き惚れるくらいの美声で、吹き出してしまうほどの素晴らしい出来栄えなのです。 そのあまりのクオリティーに「もっと聞きたくなった」や「CD出して下さい」などのリクエストが続出、大きな反響を呼びました。 読経を行っている動画を公開したのは、TwitterユーザーのU1 さん(@KintetsuY)です。仏教系の高校に通っていたという彼が、ある日お経をアレンジしてみようと思い立った結果がこちらです。 お経にハモりを入れてみた pic.twitter.com/MSQ8MKHwXX — U1@3/27恵比寿aim (@KintetsuY) November 29, 2016 いかがでしたか? 宗教は違いますが、まるでゴスペルのようですね。突然の「おういぇ〜」に吹き出す人が続出したんだとか。 また、素人がお経を唱えると不成仏霊が集まってしまうという意見もありますが、こんなに明るくて楽しいお経ならきっと大丈夫でしょう。多くの人が仏教に興味を持つきっかけになるかもしれませんしね。今のところCDは出すつもりはないというU1さんですが、都内で時々ライブ活動をしているそうです。また、自身のYouTubeチャンネルでもカバー曲などその他音源を紹介しています。アカペラお経、ぜひフルバージョンを聞いてみたいですね! 

Read more

「僕を捨てないで!」施設前で飼い主に必死ですがる犬の姿に泣けてくる・・

アメリカ、カリフォルニア州カーソンのシェルター『カーソンアニマルケアセンター』に連れて来られたのは、3歳になるオスのチワワ「トト」 「トト」は施設の奥から聞こえてくる犬の鳴き声からここがどこなのかすぐさま理解しました。 捨てられると察した「トト」は飼い主に必死ですがってお願いしています。 その姿を見ると思わず涙が出るとともに、この飼い主に憤りを感じてきます。 飼い主が手放す理由は「吠えてうるさいから」というもの・・ あまりにも自分勝手な理由だとは思いませんか? ADOPTED – moved to SAFE Album 09/17 ADOPTED – moved to SAFE Album 09/17!!!!!!!!It was very hard to watch

Read more

デヴィ夫人「年収200万の人と結婚したら尊敬と愛が消える」←真理だと話題に

あなたは結婚相手に何を求めるだろうか?デヴィ夫人がはっきりと物申した「結婚における価値観」が大変な支持を集めている。 お金か愛か。 発端はデヴィ夫人が関西コレクションのイベントに出演し、出版した書籍がヒットしているという話になったこと。書籍ではデヴィ夫人が恋愛や結婚について自説を説いており、大変参考になると好評。すでに7万部を突破するヒット作になったという。 イベントでは「世界の果てまでイッテQ!」で共演する谷まりあがデヴィ夫人に質問した。 「大好きな年収200万円の男性と、好きでもない年収1億円の男性なら、どちらと結婚すべき?」 デヴィ夫人の答えは1億円の男性だった。 実はこの質問は2月に出版された書籍「選ばれる女におなりなさい デヴィ夫人の婚活論」にあるものと同じで、理由については一つのコーナーで詳しく書かれている。 デヴィ夫人の考えはこうだ。 「貧しくて満たされない状態が続くと相手を敬えなくなり、愛がなくなる。一方、生活が安定していると尊敬、信頼、思いやりが自然とできる。結婚は綺麗ごとではない。生活していくうえでお金のことは避けられない」 単純にお金を選んだのではなく、愛の本質を理解したうえでの知見ということで、これは非常に参考になる。一時的に愛が芽生えてもいざ現実問題に直面すると愛情は時間とともにすり減っていくということなのだろう。 もちろんこの価値観は絶対的なものではなく、人によって違うのだろうが、ネット上ではこれこそが経験者が語れる真理だと盛り上がっている。 

Read more

このお母さんめっちゃいい! 恋人に「顔はタイプじゃない」と言われ母に話すと、素敵すぎるアドバイスを頂きました!

付き合っている恋人に「ぶっちゃけ顔はタイプではない」と言われ、落ち込んで母にそのことを話したら素晴らしすぎるアドバイスを頂戴しました! 付き合ってる人に「ぶっちゃけ顔はタイプではない」って言われた時その話を母にしたら「見た目なんか包装紙みたいなもんやねんから、全然興味そそられん包装やったのにわざわざ開けて中見て貰えてラッキーって思ったらええんちゃう」って返ってきて目から鱗やった🤔💯 — T!SE⌖ (@chobits_xxx) October 4, 2017 なるほど!! この素晴らしい教えには、他のユーザーからも多数の称賛の声が寄せられました。 お母様素敵過ぎです😍 https://t.co/Yll575u2la — 相沢麗奈@作品作りたい&猫語化 (@reinareon) October 5, 2017 なんか感動した。_:(´ཀ`」 ∠):❤️ https://t.co/tjdB70H56G — リゾット。 (@iamkome12) October

Read more

キラキラネームを改名して新たな一歩を踏み出した山梨の王子様

「子は親を選べない」なんて言葉がありますが、選べないものはそれだけではありません。先日18歳の高校生が自分の「あるもの」を正式に変更することに成功したというニュースが日本中で大きな話題になりました。 その高校生、赤池 肇さんは、「これで新しい人生を始められる」と意気込んでいます。 赤池さんが3月5日に山梨県の甲府家庭裁判所から受け取った書類には、こう書かれていました。 「申立人の名『王子様』を『肇』に変更することを許可する。」 そう…この山梨の高校生は、「王子様」というキラキラネームの持ち主だったのです! ハァァーイ!!!!!名前変更の許可が下りましたァー!!!!!!!! pic.twitter.com/jusyxdSHtQ — あかいけ (@akaike_hardtype) March 7, 2019 すべての始まりは、赤池さんの母親が特別な思いを持って息子の名前を決めたことでした。「自分にとっての唯一無二の存在。私にとっての王子様」…そして文字通り、「王子様」という名前を息子に与えました。母親は誰にも相談せずにその名前を役所に届け出たそうです。 母親の思いがこもった名前でしたが、赤池さんはその名前によってずっと恥ずかしい思いをし続けてきたそうです。初対面の人に名乗ってバカにされたり、カラオケ店などで会員証を作る際、店員から「本名ですか」と疑われることも日常茶飯事。珍しい名前のウワサは勝手に広まってしまい、ショッピングモールに行くと見ず知らずに人から「王子様じゃね?」と冷やかされることすらあったそうです。その都度赤池さんはみじめな気持ちになっていました。 そして2019年2月。赤池さんは、大学入学を前にして、「今までの人生を変えたい」と名前の変更を申し立てました。書類では改名の理由を「みじめな思いをした経験があるので、これからの長い人生でこのようなことが起こらないように」としました。結果、その申請は受け入れられ、晴れて「肇」という新しい名前と共に生きていくことになったのです。 山梨でキラキラネームを改名した事例はこれが初めてだそうで、この歴史的出来事は、山梨県の新聞でも大々的に報じられています。 今日の新聞より赤池王子様さん→赤池肇さんにおめでとう pic.twitter.com/Mzw34nA8HT — タマランチ🦷 (@KenkenSushi) March 9,

Read more

発達障害で学校の成績は破滅的・・学校の先生には度々注意を受けるが、母親は息子を守り続けた。30年後息子は偉大な人物へと成長した!

東京に生まれたまさゆき少年は、おとなしい性格の可愛らしい子供でした。他の多くの男の子たちと同じように、はたらく車や、妖怪に夢中でした。そんなまさゆき少年が小学2年生になったときでした。クラスの他の男の子が何気なく描いていた落書きに、衝撃を受けます。うねうねした長い足に丸い頭。 この生物は何だろう?そのあと図書室で調べた結果、その落書きはタコだと分かりました。食べたことはあるのに、こんな姿だったとは予想だにしていませんでした。本物を見てみたい…まさゆき少年の胸の高鳴りは止まりません。 そんな息子の願いを聞いた母親は、ぶつ切りでない丸ごとのタコを買って来てあげます。その日からまさゆき少年はすっかりタコのとりこになってしまいます。図鑑や写真集などで朝から晩までタコの姿を探したり、夕食は毎日のようにタコをねだったり…そんな息子に、母は嫌な顔ひとつせず、1カ月近く味付けを変えてタコ料理を作ってあげました。 しかしそれだけではまさゆき少年の情熱は止められません。母親にお願いし、生きている本物のタコを水族館まで見に行きました。時には、閉館時までタコがタコつぼに隠れたまま姿を現さず、がっかりしたことも。しかしそんな時母親は、「残念だったわね。でも、魚はほかにもいるのよ」と励まし、魚が描かれた下敷きを買ってくれました。まさゆき少年はそこに描かれた様々な魚を見て、さらに夢を膨らませました。どんどん魚にのめり込んで行くのです。 しかし当然、困ったことが起きました。魚のことで頭がいっぱいだったまさゆき少年の成績は破滅的だったのです。ついには母親が先生に呼び出されてしまう始末。先生が言うには、「まさゆき君は魚の絵ばかり描いている。それもいいが、もっとちゃんと勉強をさせてほしい」とのことでした。しかしそんな時も母親は、息子のことをかばいます。 「あの子はそれでいいんです」 誰もが同じようになる必要はない。他と違う子がいてもいいのだと、母親は信じていました。息子に夢中なことを大切にしてほしかったのです。 そのあとも母親は息子が絵を描けるように、多少値段が張っても魚をまるまる1匹買って来てあげたりと、息子を応援し続けました。その甲斐あってか、女の子に話しかけることは苦手でしたが、まさゆき少年の魚の知識とイラストのスキルは素晴らしい向上を見せます。   そうして高校生になったまさゆき少年に、転機が訪れます。 「魚通天才高校生」としてテレビに出演することになったのです…その番組は「TVチャンピオン」。あの一世を風靡した、特定の分野のプロフェッショナルたちがその技を競う番組です。なんと高校生のまさゆき少年は、大人たちを相手に5回連続優勝を飾るのです。この専門家以上の魚の知識を持つ少年に、世間が注目し始めた瞬間でした。 それからは破竹の勢いで活躍を始め、まさゆき少年は今や東京海洋大名誉博士・客員准教授に着任しています。それだけでなく、イラストレーター、そしてなんとタレントとしてのキャリアまで築いていきます。もう誰のことかお分かりですね。そう、お茶の間でもすっかりおなじみの、さかなクンです。今では、大好きだった魚の研究と絵を描くことがそのまま仕事になっているのです! さかなクンのこだわり性は、今でもしっかりと生きています。さかなクンの母親は、車の中でも息子が、自分の名刺一枚一枚にサインをしているところを見たそうです。息子の健康が心配で、疲れているのだから寝たらどうかと言ったところ、さかなクンは「受け取った人には一生残るから、一枚でも雑に描いたらだめ」と答えました。母親はそんな息子の姿を誇りに思ったことでしょう。 SPONSORED LINK まさゆき少年は、とても変わった少年でした。しかしもし母親が、息子に他の子と同じことをするように強要していたら、さかなクンは生まれなかったでしょう。実は世界の成功者の中にはこの特定の物事にだけ強いこだわりを示す気質を持った人物が多く、マイクロソフトの創始者ビル・ゲイツや映画監督のスティーブン・スピルバーグもその傾向を持っていると言われています。息子の性質を見抜き、温かく見守り続けたさかなクンの母親に、拍手を送りましょう。 

Read more

人の陰口を言う人は信用出来ませんが、その人よりもさらに信用出来ない人とは・・? 確かにその通りだと共感者続出!

本人のいない所で悪口を言う人は信用出来ませんし、その悪口を聞いてる方も腹立たしいものです。 そんな中、陰口を言う人よりも更に信用出来ない人の事をあるTwitterユーザーさんがアップしました。 その内容が「確かにその通りだ!」と共感者が続出しているので紹介したいと思います。 本人のいないところで、人を褒める人は信じる。本人のいないところで、人の悪口を言う人は信じない。本人のいないところで、人の言った悪口を信じる人はもっと信じない。 — 小池一夫 (@koikekazuo) October 13, 2017 Twitterでの反応は・・? 私の前で他人の悪口を言ってる人間は、間違いなく他人の前では私の悪口を言っています。だからまったく信用しません。ただ、もっとたちが悪いのは、言ってもない悪口を言ったと言いふらす人です。 — Hideo Takenaka (@htake_tj) October 13, 2017   本人のいない所で、人を褒める人は素敵な人だと思います。それ以外は自分が見聞きした事しか信じない主義です^ ^ — 天樹 煉

Read more

電気グルーヴのCDなど商品出荷停止・回収の発表を受け、過去に発した忌野清志郎の言葉が大注目!・・さすがはキングオブロック、言葉に重みがあります!

麻薬取締法違反で逮捕された電気グルーヴのメンバーであり俳優のピエール瀧容疑者。 この件を受け所属レコード会社は、電気グルーヴのCDや映像などの商品出荷停止と回収、およびデジタル配信の停止を発表しました。 ピエール瀧容疑者の逮捕を受け「#電気グルーヴ 」のCDなどが商品出荷停止・回収されることがわかりました。配信も停止となります。https://t.co/s3W7YJcmAQ — 毎日新聞 (@mainichi) March 13, 2019 過去に芸能界の麻薬事件は数多く明らかになってきました。 その度このような処置が行われることについて、ちょっと疑問を感じている人もいるのではないでしょうか? その疑問を感じている人の声を見事なまでに代弁してくれていた人がいます。 そう、今は亡き「キングオブロック」の異名を持つ忌野清志郎さんです。 これは正に大正論だと思います・・ 電気グルーヴのCDが出荷停止・回収される件について、ここで忌野清志郎の言葉をどうぞ。 pic.twitter.com/TPz0oUY6Kl — 桐生せんと (@8dodoria) March 13, 2019 Twitterでの反応は・・? 皆様からの沢山のコメントや意見、拝見させていただきました。何がどうであれ、薬物は絶対にあってはならないモノには変わりありません。しかし、この影には歴史に名を遺す名曲を生み出した人達もいるという事実も、忘れないで欲しいです。全てのアーティストに敬意と感謝を。

Read more

砂漠で故障した車をバイクに改造して危機を脱出した男

1993年、フランス人で電気技師のエミル・ルレイは、北アフリカ・モロッコ南部の街タン・タンを出発し、モーリタニアに向けてサハラ砂漠の西側を車で縦断しようとしていました。それはエミルが以前にも横断した経験のあるルートで、この長旅に向けて彼はそれなりの準備をしていました。しかし彼がこのとき乗っていたのは砂漠地帯の走行向きとは言えない、「シトロエン2CV」というクラシックタイプの車両。この車が原因で、彼は人生最悪のアクシデントを経験することになります。 Posted by Top Alpine on Sunday, February 21, 2016 旅を初めた直後、エミルは国境近くで足止めを食らいます。当時、モロッコは内戦で軍事的な緊張が高まっており、検問を敷いていた警察からタン・タンへ引き返すよう指示されたのです。同時に、タン・タンまで軍関係者を同乗させるようにとの要求を受けました。 エミルはこのとき、シトロエン2CVにかけている保険では同乗者はカバーされていないという話をでっち上げて要求をくぐり抜けます。そして警察の指示を無視して大きく迂回すると、別のルートで旅を続行したのです。 正規のルートを外れた道は未舗装で相当危険な悪路でした。砂に埋もれた道を無理やり進んでいく途中で、車は大きな岩に乗り上げます。その瞬間、車にヒビが入るような鈍い音がしたかと思うと、シトロエン2CVは停止。完全に走行不能となってしまったのです。 Posted by Top Alpine on Sunday, February 21, 2016 身動きが取れなくしまったエミルは自分の置かれた状況を冷静に評価します。幸い10日分の水と食料を携えていましたが、最寄りの村までは約数十キロ。その道のりは荒く、とても歩ける距離ではありません。いずれ水と食料が底を尽きれば、誰にも知られることなく砂漠のど真ん中で命を落とすことになるのが明白でした。 この危機的な状況の中で、エミルは電気技師としての腕を活かした驚くべき脱出計画を思いつきます。 車を分解し、バイクに改造することを決意したのです。 エミルはまず、故障した車のボディ部分を取り外して砂漠の太陽と夜間の風をよけるためのテントを作ります。そこから車を分解する作業を開始しました。 Posted

Read more

イギリス流「野次の戒め方」が爽快だと話題に

日本の国会では迷惑な野次が飛び交うことが多く、学級崩壊ならぬ国会崩壊に国民はうんざりしてしまうことがある。では所変わって海外ではどうなのだろう? イギリスのウィットに富んだ戒め方を紹介したい。 >英下院議長の“野次の諫め方” これ好き pic.twitter.com/Mak6efNBfZ — ペスト (@pes_tis) March 13, 2019 ▼動画フル。 動画冒頭ではジョン・バーコウ下院議長が野次を飛ばす議員を何度も注意するシーンがピックアップされている。イギリスは現在、EU離脱問題で大変揉めており、議会が荒れているのだ。正攻法では埒が明かず、野次の声は一向に収まらない。 バーコウ議長はそこでブチ切れる…のではなく、なんとユーモアを交えて相手を戒めるという方法をとるのだ。 バーコウ議長のセリフまとめ ・野次はやめておきなさない。息がもったいない ・野次を重ねて発言を遮ろうとするのは今日も、明日も、いつでも無駄です ・実際のところ、あなたは野次が下手です ・高い地位に見合う礼節を伴うべきです ・発言するならまずは自分の居場所を知るべきです。座席です ・議会専門家になりたいようですが、残念ながらゴールはまだ遠いようですね ・(元弁護士の議員に対して)着席したまま叫ぶのは法廷では許されませんよ。だから政界に転身したのかもしれませんけど ・幹事長の発言中、他人の仕事をやろうとしないことです。失礼ながらあなたの手には負えません 正攻法でただ単に野次をやめるように注意するのではなく、野次を飛ばしている議員を特定したうえで相手の弱点を突くようにして攻撃する。要するに、議員は発言者を攻撃する側だったのに、いつの間にか議長から攻撃を受ける側になっており、恥ずかしい思いをするということだ。 さすがは紳士の国イギリスといったところ。表現に気をつけて上品でありつつも相手をしっかり牽制する。ここまで余裕をもって仕事を進められる人は優秀だ。見習いたいものである。

Read more