仕事で中国に滞在していた男性が帰国。コロナウイルスの疑いにより空港・病院・保健所・厚生省に自己申告した結果・・・。これでは対応に不安しかない。

未だ感染が広がり続けているコロナウイルス。 対策はしていても感染してしまうかもしれないと思うと気軽に外出もし辛いですよね。 とある男性は仕事で中国に滞在。会社からの帰国命令により帰国したそうですが腹痛や、下痢、風邪症状があった為コロナウイルスの自己申告を行ったそうなのですがそこで各機関からの対応に驚いたと言います・・・ 空港でコロナウイルス申告してきました。 中国で仕事してて、会社より帰国命令。そしてさっき帰国しまして。実は数日前から風邪気味。腹痛や下痢症状もあり「これはコロナウイルスかもなぁ」と思い、空港で自己申告してきました。 「中国から帰国して、風邪のような症状がある」 → — ソラシド (@admin0105) January 29, 2020 白装束の防護マスク団が出てきて隔離される。。。と思いきや、空港内にある診療内科の場所を案内される。 「電話で予約して行くといいですよ^^」 は???と思いつつ、普通に空港利用客がいる中を、空港利用客に紛れながら内科まで移動。この間も咳は止まらない。 → — ソラシド (@admin0105) January 29, 2020 受付して問診票を書いて、普通の人と同じ待合室で待たされること10分名前を呼ばれて、マスクをした先生に診察される 「今のところ風邪の症状なのでできるだけ人の少ない場所で安静に過ごしてください」

Read more

武漢への日本支援物資に貼られた文字が中国で話題に!粋だなぁ・・・。素晴らしい発想。

武漢への日本支援物資に貼られた文字が中国で話題になっているとのこと。 誰が考えたアイディアなのか・・・本当に粋です。 それがこちら。 武漢への日本支援物資に貼られた文字は中国で話題になっている。天宝元年、日本僧の栄叡と普照が鑑真のもとを訪れ、受戒システムがない日本仏教を救うために誰かを派遣してほしいと懇願したと同時に仏国を目指した長屋王が唐に贈った袈裟千枚の話を聞く。「山川異域、風月同天、寄諸仏子、共結来縁」。 pic.twitter.com/EUlFXgB1CX — 毛丹青 (@maodanqing) January 31, 2020 どういう意味か分かりますか? Twitterでの反応は・・? 山川の地域は異なれど同じ空の下で、心地良い風、美しい月を感じる良い言葉です! — 蒼のS (@blue774s2k) January 31, 2020 意味は「私たちが生まれた国土は違いますが、天空を吹く風や、月には国境はありません。この袈裟を、仏教を学ぶみなさまにお贈りします。ともに永遠の縁を結ぼうではありませんか」https://t.co/P6MKetuH49 — arajin88 (@arajin88) February

Read more