兄妹愛:幼い少年は双子の妹のために死ぬ覚悟だった

医師のジム・クラークは、リズの命を守ろうと必死でした。この5歳の女の子は重体に陥り、命をつなぐためには輸血が必要でした。 しかし、0型の血液が足りず、ジムはやむなくリズの双子の兄からの輸血を提案しました。 妹のために血液をあげる気があるかとジムが男の子に尋ねると、男の子は躊躇していたようでしたが、妹の命を救うためにはこれしか方法がないのだと説明すると納得してくれたといいます。 輸血を受け、リズの顔色が蘇ってくるのがわかり医師はホッと胸をなでおろしました。輸血が済むと、この勇気ある男の子は突然真剣な面持ちになり、ジムにこんな質問をしたそうです。 「それで、僕はいつ死ぬの?」 この男の子は、輸血によって妹のために命を捧げることになるのだと思い込んでいたようです。もちろんジムはすぐに、これで君が死ぬことはないよと伝えてあげたといいます。 ジムはこの幼い男の子の勘違いの裏にある深く純粋な愛に打たれ、インターネットにこの素晴らしい物語を投稿しました。 今日、私はある幼い女の子の手術をしました。彼女にはO型の輸血が必要でした。病院にはストックがありませんでしたが、彼女の双子の兄はO型でした。私は彼にこれは命に関わることだと説明しました。男の子は少しの間黙って座り、それから両親にさよならと言いました。男の子の血液を抜いたあと、彼が「それで、僕はいつ死ぬの?」と聞いてくるまで、私はそれほど深く考えていませんでした。男の子は彼の命を妹にあげていると思っていたのです。幸いなことに、2人ともすぐに元気になるでしょう。 幼い少年の純真で無条件な愛に心を打たれました。 

Read more

台湾の小学生は貝殻に包まれた日本の物体を浜辺で発見する。その中の物を見てドキドキしチョットだけ目を逸らしたくなった。

台湾に親近感を持っている人は多いのではないでしょうか。地理的、文化的に日本と比較的近しいことから、何かとお互い助け合うことの多い国ですが、この度、またしても日本と台湾との間で心温まるエピソードが生まれました! 2013.03.06公元父子三人合照! Posted by Park Lee on Wednesday, March 6, 2013 2018年3月27日。台湾の小学校の教員であるリー先生は、遠足で子供達を引き連れて浜辺を訪れていました。すると児童の一人が、浜辺で貝殻に包まれた何やら固いものを発見するのです。 蘇澳岳明國小五年級小朋友,在海邊撿到的潛水相機機殼外部,2018.03.27遺失主人,請與我們聯絡!parkgood@gmail.com感謝大家!已找到相機失主!一位正在東京就讀大學英語系的女孩。2018.03.29 Posted by Park Lee on Monday, March 26, 2018 2018.03.28岳明國小孩子淨灘時發現的相機,最開始撿到的時候整個機殼,黏滿藤壺、貝殼,讓相機變成蠻酷的造型!感謝大家!已找到相機失主!一位正在東京就讀大學英語系的女孩。2018.03.29 Posted by Park Lee

Read more

高知県須崎市が観光大使「ちぃたん」を解任。非公式キャラの過激行為でクレーム殺到

高知県須崎市の観光大使を務めてきたカワウソ「ちぃたん☆」が観光大使を解任された。背景には非公式キャラの過激行為が関係しているようだ。 ネットユーザーにとって「ちぃたん」とはあの過激なゆるキャラのこと。 まずはNHKのニュースを見てほしい。 解任の理由は殺到した苦情。 おそらくネットユーザーにとってちぃたんといえば、このキャラだろう。カワウソだとは知らなかったが…。 だが本家はこちら。これこそが観光大使のカワウソのちぃたんなのだ。今回、須崎市が解任したのはこの公式観光大使のほう。 ゆるキャラのちぃたんは実は非公式だったのだ。 経緯としては須崎市は元々、本物のカワウソを観光大使にしていたが、いつの間にか誰かがゆるキャラを誕生させた。公式ではないのだが、ゆるキャラは観光大使を自称しており、須崎市も黙認している状態だった。そして苦情が殺到したことを機に須崎市は本物のカワウソを解任し、ゆるキャラとも決別した。 まさか非公式キャラが理由で本家がクビを切られることになろうとは…。 ゆるキャラちぃたんはTwitterで挨拶した。 一年間お世話になった須崎市の観光大使を卒業することになりましたっ☆ありがとうございましたっ☆卒業しても須崎市が大好きでしんじょう君ともお友達ですっ☆これからしんじょう君とコラボグッズも予定しているので楽しみにしていてくださいねっ☆ちぃたん☆ですっ☆ pic.twitter.com/uVfF4xXOeY — ちぃたん☆ (@love2chiitan) January 16, 2019 だが今もなお「観光大使」という表現を使っているのには違和感がある。須崎市とはどのような関係なのだろうか。 ちぃたんの過激行為とは以下のようなもの。 誰かに迷惑をかけているわけではなく、あくまでエンターテイメントの範囲だ。 スケボーで遊びましたっ☆ちぃたん☆ですっ☆全編はこちらっ☆→https://t.co/xiY2gct2o5 pic.twitter.com/oqtr1gYr7e — ちぃたん☆

Read more

事故で車のドアに大きなダメージが!しかし男性はペンを片手に見事なアートを描き出す。

カザフスタンとモンゴルとの境界に位置するロシアのアルタイ共和国で、あるSUV車がこの男性の車に追突、車体に大きなへこみを作ってしまいました。 この車の持ち主はこの不運を逆手にとって、何か面白いものを作ることにしました・・・ Как закрасить неприятность?Судя по фото видно, как сосед бесцеремонно въехал в мою небито-некрашенную. Грустно, но… Posted by Самостоятельная Диагностика Авто on Thursday, May 19,

Read more

ボタン電池の誤飲、こんなにも恐ろしいリスクがあるなんて・・誤飲によって人体に与える影響がわかる実験が怖すぎる!

薄くて収納スペースをあまりとらないボタン電池は、その使い勝手の良さから色々なものに使用されています。 しかし、そのボタン電池も誤飲のリスクがあると最近では警告されています。 その被害者の多くは赤ちゃんやお年寄りですが、そのリスクとはどんなものなのでしょうか? そのリスクが一目でわかる実験結果をTwitterにアップされ大きな話題になっています・・ ボタン電池誤飲が増えてます。飲み込むと粘膜で放電してアルカリ性の液体ができ、粘膜を溶かし穴を開けることも。でもウ○コで出るし大丈夫でしょ!との声も聞こえてきそう。ボタン電池誤飲のリスクを目で見てわかるようにと実験をしました。黒いのはアルカリ性の液体で溶けたベーコンです。 pic.twitter.com/B6xtgyZbZ7 — 教えてドクター佐久@無料アプリ配信中♪ (@oshietedoctor) December 24, 2018 Twitterでの反応は・・? 我が子も私が見ていない間に戸棚の上に置いていたはずのボタン電池を取り出し、「ここ(のどを指して)いたい」と訴え、空パッケージを見て状況がわかり即救急車を呼びました。あと数時間遅かったら胃に穴があき、開腹手術になるところでした。💩と一緒になって出てくる前に大変なことになります。 — plankton (@planktontodive) December 25, 2018 2歳の孫がいます、すごく怖いです!この様な情報はとても助かります!ありがとうございます!気をつけて成長を見守っていきます! — あき (@716716Aki) December

Read more

【無駄に美しい】バスに乗ってたおじさんのバーコードヘアーが寒さのあまり芸術品みたいになる!

まるで芸術品のようなスタイル 頭のてっぺんあたりがハゲている人は、残っている髪の部分をのばし、頭になでつけるヘアースタイルをすることがある。 しかしあまりに毛が少ないと、俗にいうバーコード状態になってしまう。海外でもお困りの方は実に多い。 そんな中、寒さが厳しくなってきたせいか・・・バーコードおじさんの衝撃的な姿が激写されてしまった!! This comb-over is so outrageous it's kind of baller pic.twitter.com/QVHs8nGH58 — Robert Maguire (@RobertMaguire_) January 10, 2019 う・・・美しい・・・。まるでわたあめのようなエアリー仕様である。 こちらの動画は、アメリカの記者ロバート・マグワイアー氏がシェアしたもの。 詳細については明かされていないが、どうやら、髪の毛が風で舞い上がり、そのまま凍ってしまったとみられている。 これを見たユーザーからは、「芸術だ・・・」「気付いてないのか、気にしてないのか・・・」「ドームだ」「どうやってやったんだこれ!」といったコメントが寄せられていた。

Read more

宮根誠司の顔がいつもと違うと騒ぎに。本人いわく「結果的にプチ整形」

宮根誠司の顔が変だとネット上で騒ぎになる騒動が起きた。写真や動画で確認してみると確かに顔が激変している。 くっきり二重に。 元々、二重だったはずの宮根誠司。だが、なんだか目がこれまでと違う気がする。 二重の幅が広がった?それとも目が腫れている? なんだか不自然な二重な気がする。ネット上では整形疑惑も浮上した。 比較してみるとやはりどこかおかしい。元の顔でもはっきりとした二重なのだが…。 その後、宮根誠司も騒ぎになっていることを知り、番組で事情を説明した。 眼瞼下垂の手術をして「結果的にプチ整形をやった」とのこと。下がった目を戻すために病院で10分ほどで縫い、より強い二重になったのだ。 私も日曜日の夜の番組で見たときは驚いたけど、こういう理由だったんだね。宮根さんの事だから、そろそろ理由を言うと思ってたし、重い病気でなくて良かった(^^)。ご自分で「結果的にプチ整形」と言ってはる(笑)#ミヤネ屋 #宮根誠司#目 #腫れ pic.twitter.com/x05N6bpSoF — 虹色ポケット (@pocket_dream17) January 15, 2019 加齢でまぶたが下がってくると目が見えにくくなるもの。そういえば和田アキ子も同じ状態になっていたと写真がアップされた。 手術直後は目が腫れているが次第に腫れが引くので自然な顔に戻るはず。だが、顔が変わったせいで人気が落ちないか心配だ。 

Read more

追い詰められた韓国、「我々も低空威嚇飛行ができる」と禁断の予告

レーダーの電波情報を照らし合わせることを拒んだ韓国がまだごねている。ついには宣戦布告ともとれる発言をしてしまった。 まさかの威嚇予告。 相手にされて嫌だったことを仕返すというのはなんと幼稚なことか。それも低空飛行はしていないと映像で実証され、韓国の勘違いと証明されたのに。いや、むしろ捏造と呼ぶべきだろうか。 とにかく韓国は政府ぐるみで反日方針を貫いており、今の状態はもはや金正恩ですらドン引きするレベル。一部では「韓国よりも北朝鮮のほうが話し合って分かりあえそう」という世論も出始めた。 専門家によると韓国の現在の状況は相当なピンチにあるとのこと。 海上自衛隊の村上豊幕僚長は今後の対応について、証拠データを開示する用意ができていると発言した。ただし、今のところは一方的に公開するつもりはないとのこと。 菅官房長官は韓国に電波情報の開示を求めている。 韓国も一枚岩ではないため、粘り強く交渉すれば方針が変わる可能性もある。証拠を照らし合わせて火器管制レーダーの照射を認めさせることが大事だ。 他方で韓国の世論は良からぬ方向に傾いている。 なんとレーダー照射問題について日本が悪いと考えている人が多数派なのだ。強気で日本を非難する文在寅大統領の姿勢が支持されていることが分かる。裏を返せば、文在寅大統領は下落している支持率を気にすると事実を認めることはできないということなのだろう。 韓国の世論がここまで偏屈しているのはマスコミ報道による影響が大きい。当初から都合の悪い部分は隠し、日本側の映像を一部切り取ったりして印象操作を行っていた。 日本としてはやはり経済制裁を検討するのが良さそう。切羽詰まれば韓国の対応も変わるはずだ。 あわせて読みたい→韓国で内輪もめが発生!韓国最大野党「文在寅のせいで日本からの報復がヤバそう」 ▼この記事をシェアする 

Read more

【あ、バレちゃった】インドリーグで史上最年少ゴールを決めた16歳→ホントは28歳だった!

12歳もサバをよんだ男 今から約2か月前。 10月7日に開催されたインドサッカーリーグで史上最年少ゴールを決めたジャムシェドプルFCのFWゴウラフ・ムヒ選手が一躍時の人となった。 それもそのはず、彼は弱冠16歳という年齢でゴールを決めちゃったのだ。 その試合の様子がコチラ、嬉しさのあまりバク宙するムヒ選手が印象的である。 When his team needed him the most, Gourav Mukhi came off the bench on his debut to draw @JamshedpurFC level👏👏👏#BENJAM

Read more

酔っ払いにホトホト悩まされる救急救命士

緊急の病人や怪我人を病院まで搬送する救急救命士。昼夜を問わず通報を受けて現場に急行し、病院へ速やかに搬送しながら同時に救急車内で適切な救命処置を施す、命を預かる緊張感に溢れた仕事です。 しかし、病院に通うタクシー代りに救急車を呼び出す人がいたり、泥酔した酔っぱらいを病院に緊急搬送することもしょっちゅう…ときには搬送中の酔っ払いに口汚く罵られ、暴れる「患者」に暴力まで振るわれることすらあるのです。海外では現場に駆けつけた救急救命士が、病院への搬送を渋る患者本人から攻撃を受けることも決して少なくはありません。 ドイツ、バイエルン州の救急救命士が現場で抱える深刻な問題についてTwitterに投稿。こうした問題を及ぼす急患患者に対して救命士としての仕事を遂行することがいかに困難であるかについて言及しています。 大量の花火や深夜のパーティでドイツ全土が賑わう大晦日の夜の翌朝、1月1日にTwitterに投稿された一文から、緊急救命士の切実な心の声が伝わってきます。 Liebe Betrunkene (und sonstige) Gewalttätige,Langsam hab ich wegen euch echt die Schnauze voll! Man fährt Nachts bei Wind und Wetter raus

Read more