【だるさ・疲労感には要注意】一月前から現れる狭心症・心筋梗塞の前兆について

心臓の病気は世界共通の深刻な問題です。例えばアメリカでは毎年75万人もの人が心臓発作を起こしており、死亡原因のトップにも挙げられています。 日本でも、虚血性心臓疾患(狭心症・心筋梗塞症)は日本人の3大死因の1つです。心筋梗塞だけでも、その発症数は年間約15万人で、そのうち30%の方が死亡しています。 人間の体は心筋梗塞が起こる前にサインを発します。ハーバード大の研究では、患者が心筋梗塞を起こす前に前兆の症状が見られたケースは8割弱にものぼるという調査結果が報告されています。前兆のサインがどのようなものなのかを知っているだけで、心筋梗塞の予防だけでなく、いざ起こってしまった時に備えておくことができるのです。次の症状に心当たりのある人は、病院を受診することをお勧めします。 1. 疲労感 特に理由もないのに、いつも疲れている。寝不足が続いたり、いつもより活動的に行動したりするとよく起きる症状です。しかし、例えばただ買い物に行っただけで極端に疲れたり、階段を上っただけでひどく息が切れるというような場合は軽く考えない方がいいでしょう。心臓に負担がかかり、必要な量の血液を供給できなくなっている場合があります。 2. 胸の圧迫感、背中や左肩の痛み 心筋梗塞の前兆として一般に知られるのは、胸をギュッとつかまれるような強い圧迫感です。胸、背中、歯、肩、あご、首、腕、腹部の痛みとともに起こることもあります。特に、左肩の痛みには気をつけてください。左肩から脳、心臓部から脳へと痛みを伝える神経伝達回路は一緒であるため、脳の痛みの信号を左肩がキャッチして左肩への痛みが生じることがあります。体に痛みを感じているにも関わらず異常が見られない場合は、心臓に異常がある場合もあるので内科での診察を受けるようにしましょう。 3. 動悸・息切れ 心臓機能に異常が生じると、 肺の動脈が収縮し、血流が低下するため動悸息切れを伴うことがあります。狭心症や心筋梗塞が進行している時によく出る症状です。ちょっとした動作でもすぐに動悸・息が切れるような状況が続いている場合は、気をつける必要があります。 4. だるさ、左手小指のしびれ 身体の力が弱くなり、エネルギーが不足していると感じる場合は、身体の筋肉に十分な酸素が届いていないことを示しています。同時に、左手小指に痛みやしびれがある場合は要注意です。この症状は心臓発作の初期症状としてよく見られるもので、心臓の冠動脈が動脈硬化していることで酸素が不足していることのサインです。 5. めまいと冷や汗 まずは医師に相談してみることをお勧めします。過剰に汗をかくのは心臓発作の初期症状に見られるものであり、めまいは脳に酸素が不足していることを示唆しています。 6. 風邪 季節の変わり目などにせきや鼻水、発熱が起こるという人は多いと思います。もちろん多くの場合はただの風邪でしょう。しかし、実はこれらの症状が心臓発作が起こるおよそ1か月前にもよく見られるということは、あまり知られていのではないでしょうか。特にせきは、血流を改善しようとして起こる身体の生体反応であるという側面もあるのです。 心筋梗塞で最も大切なことは予防、そして早期の発見です。早期発見をすることができればほぼ確実に治療することができる病気なのです。前兆を感じたらすぐに病院を受診するようにしましょう。 家族に心臓疾患があるという人、またストレスの多い仕事や食習慣や運動習慣が乱れた生活を続けている人は特に気をつけてください。心臓病のリスクを減少させるためには、喫煙やアルコールの過剰摂取は避け、健康的な食事、十分な睡眠、適度な運動を心掛け、ストレスレベルを抑えてうまく解消する方法を身に着けること。つまり、心筋梗塞を起こさないような健康的な体を手に入れることが大切です。しかし、あまり考えすぎて逆にストレスを感じてしまうことのないように!

Read more

【なんじゃこりゃ!?】米メイン州の川に正円形の氷の円盤が現れる!

川に浮上した謎のディスクに迫る! アメリカ、メイン州ウェストブルック。最低気温が-10℃に達するこの街から、ひときわ不思議なニュースが飛び込んできた。 むむっ・・・・川のど真ん中に、氷の円盤!? 川の流れに乗ってくるくる回っている上に、まるで人の手で作られたかのような正円形に近いカタチをしているではないか。 しかしこちらの円盤、驚くべきことに自然発生したらしく、現在も成長を続けているのだとか。 発見されたのは、ポートランドに程近い場所を流れるプレサンプスコット川。。 地元に住む誰かが写真を撮ってSNSに投稿したところ、「凍った月だ」「エイリアンの船じゃないか!?」といった声と共に大きく拡散。その情報は国内外の大手メディアにも取り上げられ、円盤の正体に注目が集まっている。 この円盤の大きさは、発見当初6m~9mほどと言われていたが、だんだんと大きくなり、1月中旬ごろには、およそ100メートルを突破したとのこと。 この円盤は当初とても小さかったとされているが、流されることなくそのままとどまっていた。川岸の形によって、独特の対流ができていたのだ。 更に、内側の弱い流れを受けくるくると回り、夜に凍ったり、昼に溶けたりを繰り返して大きくなっていったとみられている。 また別の科学者は、水温の変化によって円盤の下に渦が出来ている可能性があるとの指摘もしている。 川の形と流れ、厳しい寒さという条件があわさって出来た奇跡の円盤ともいえるだろう。 地元の専門家はこれを、非常に珍しい現象だと評価しており、「素晴らしい。とても美しいです。これは世界記録レベルのサイズですよ。」と、米紙”Newyork times”に語っていた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ なお、現在もこの光景を一目見ようとするお客さんが多いとのこと。時折、トリたちが降り立って羽を休めている姿もみれるという。 「宇宙人がつくったか!?」と疑いたくなる非常にミステリアスな物質だったが、その正体は、自然が作った神秘そのものであった。  

Read more

あなたは大丈夫? あなたの本質はこんなところに現れています・・本質10ヶ条に耳が痛い人続出!

人の本質って意外とこんなところを見れば分かるんですよ・・ あなたは大丈夫ですか? 本質10ヶ条がTwitterで話題になっています。 どれも心に突き刺さるものばかりで、耳が痛い人が続出しています。 この10項目がクリア出来ている人って本当に素敵な人だと思います・・ 【本質は細部に現れる】 1.性格は「顔」に出る2.生活は「体型」に出る3.本音は「仕草」に出る4.美意識は「爪」に出る5.清潔感は「髪」に出る6.気配りは「食べ方」に出る7.芯の強さは「声」に出る8.ストレスは「肌」に出る9.落ち着きのなさは「足」に出る10.人間性は「弱者への態度」に出る — タマ@やわらか坊主 (@tama_easy) January 5, 2019 Twitterでの反応は・・? 10を初めて知りましたが、あー!本当だ!って強く心に残りました。 どんな人にも分け隔てない態度でいたい。うーん、違うなー、弱い立場の人にこそ寄り添える自分でありたい。です。 — makamae105 (@SURF_ADDICTED) January 22, 2019 これは覚えておきます😲!本質は隠しきれないものですね😂 — ゆりぎょーち🍠食バカ栄養士

Read more

【ブラックすぎ】中国の企業が目標未達成の罰として従業員を市街に這いずりまわさせる!

ブラック過ぎる中国の企業 日本では数年前まで「身を粉にして働け」という精神論がまかり通っていたものだが、若い世代の意識改革が進み、1人にかかる負担は少しずつ減りつつある。 一方、中国は経済発展期を迎え、日本の二の舞になるような事態となっているらしい。 1月上旬、中国・山東省の街角で、とんでもない映像が捉えられた。ある企業が従業員を公道の地面に這わせていたのである。 Punished Chinese employees forced to crawl on road This Chinese company has a humiliating punishment for employees who fail to meet

Read more

【速報】韓国が高度モニター改竄疑惑を否定。新証拠を公開

高度200フィート(約60m)の威嚇証拠として公開されたモニター画面について、韓国国防省が改竄はしていないと新たな証拠を公開した。 スペースは元からあるもの。 新たな画像では全体にぼかしがかけられているものの、「3300Ft」という表示が確認できる。前回公開された証拠では不自然なスペースや桁数について改竄ではないかと疑義が唱えられた。 しかし、韓国国防省によると次の2点の反論ができるという。 ・数字とFtの間のスペースは常にあるもの ・艦艇の対空レーダー画面は10,000単位まで表示される これも改竄でないとすれば一応は納得がいく説明ではある。ただ仮にこの主張が正しいとしても、データの信憑性には疑問が残るのもまた確かだ。 元自衛艦隊司令官の香田洋二氏の説明が参考になる。 https://i0.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2019/01/radar-koda4.png?resize=600%2C338 https://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2019/01/radar-koda1.png?resize=600%2C338 https://i2.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2019/01/radar-koda2.png?resize=600%2C338 https://i1.wp.com/netgeek.biz/wp-content/uploads/2019/01/radar-koda8.png?resize=600%2C338 参考:元自衛艦隊司令官「韓国が出した証拠は表示がおかしい」 韓国が使っているレーダーは非常に古いもので1,000mまではレーダーが安定せず、正確に測ることができない。であるならば、韓国は間違ったデータを見て、本当に日本が60mの低空飛行で威嚇をしてきたと思いこんでいるのではないか。 今回、韓国が行った反論にはこの点が含まれておらず、やはり鵜呑みにすることはできない。一体どこのメーカーの何年製の機器を使っているのか、それも説明すべきだろう。 そもそも日本には低空飛行で威嚇する動機がないのだ。怪しい船を見つけたら瀬取りを行っていないか確認して証拠を撮影する。YouTubeで公開された動画を見ても、乗組員はしっかりと冷静に任務をこなしていた。複数のスタッフが関わっている状況で無駄な挑発などするはずがない。 

Read more

40歳の花嫁は、2年前に亡くなった息子のために空席を残していた。しかし挙式に現れた人物を見た瞬間、感極まった。

2年前、アメリカ・アラスカ州に暮らすベッキー・ターニー(40歳)は、当時まだ19歳だった息子のトリスタンを失うという人生最悪の日を経験しました。 苦痛に耐えながらも、ベッキーは生きるよりほかありませんでした。 その息子の死から2年後、ベッキーは最愛の男性、ケリー・ターニーと婚約します。そして迎えた結婚式当日、ベッキーは会場に、次のメッセージを添えて亡き息子のためにひとつ席を用意することにしました。 I'm in heaven for your wedding so what shall I do? I'll come down to earth to spend it with you. So

Read more

牛舎から解放された牛、涙を流す

牧場が閉鎖されると、牛たちの運命は決まったようなものです。コストがかかりすぎるなどの理由で別の牧場へ移送されないとなると、食肉加工場へ向かうトラックに乗ることになります。 エマと名付けられた一頭の乳牛もこの運命を辿るように見えました。エマが生涯ずっと乳を絞り続けてきた牧場が閉鎖されたためでした。 牛は妊娠したときか仔牛を産んだあとしばらくの間しか乳を出すことはできません。仔牛は生まれるとすぐに母牛から引き離され、母牛の乳は食品業界へと売られます。母牛にとって仔牛と引き離されるのは非常に辛いことですが、これは一度きりではなく、乳牛は乳を生成できる間、この妊娠、出産、離別の過程を何度もなんども繰り返すのです。 このようにして何年も人間のために乳を搾られ続けたエマは、牧場閉鎖により、その肉も人間の消費のために食肉加工場に向かうことが決まっていました。 しかし幸運なことにエマのいるドイツには、こうした牛たちを救う「Kuhrettung Rhein-Berg – Lebenshof für Tiere」と呼ばれる団体が存在します。牛たちが安全で苦痛のない環境で最後の数年間を過ごすことのできる保護施設を運営している団体です。食肉加工場に送られる直前、この団体が牧場主からエマを買い取り、安全な場所へと連れて行かれることになったのです。 しかしエマは事情を知りません。見慣れないトラックに乗せられたエマはこれから何が起こるのかわからず、恐怖のあまり、「涙」を流し始めたそうです。 やがてエマが辿り着いたのは、牛たちが穏やかに草を食んでいる牧草地でした。これまでの生涯のほとんどを小さな牛舎の中で過ごしていたエマにとって、蹄に感じる柔らかい草の感触は新鮮で、慣れるのにしばらくかかりましたが、ゆっくりとほかの牛たちの元へと歩き始めました。 すでにそのシェルターで暮らす救出されたほかの牛たちはエマに興味津々で近づき、あいさつするかのように鼻先の匂いを嗅ぎます。エマは緊張を解き始め、きっと大丈夫なんだということにゆっくりと気がつき始めまたそうです。 すぐにエマは新たな友人たちと牧場を夢中で駆け回るようになりました。馬のように牛もまた群れの生き物なので、ほかの牛たちとの交流を好むのです。牛舎に閉じ込めらる生活自体牛にとっては本来計り知れないほど苦痛のはずのです。 エマが自由になる瞬間の様子は、こちらのビデオでも見ることができます。(英語字幕のみ) エマの運命がこんなに素晴らしい方向に動いて本当に良かったですね。新しい仲間と楽しく牧草地を駆け回りながら、残された生涯を幸せに暮して貰いたいです。 

Read more

杉村太蔵「韓国とは国交断絶という意見が政府でも出始めた」

「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日)で杉村太蔵が興味深い発言を行った。レーダー照射問題について日本政府内では「韓国との国交を断つべきだ」という考えが出始めているという。 千原せいじも賛成派。 杉村太蔵「政府の中にも日韓断交という意見が」千原せいじ「それはそうですって。無茶苦茶やもんやってる事。話し合う時に嘘つく、話をすり替えるとか国として機能してないから付き合わなくてええと思う。相手国をバカにしたような嘘は喧嘩しようと言ってるのと同じ。文化交流打ち切ったらええやん」 pic.twitter.com/Yy0gpqwMAi — ブルー (@blue_kbx) January 27, 2019 杉村太蔵「政府の中でも『こうなったら断交だ!国交断交だ』と言っている人も中にはいる」 こう説明した杉村太蔵は一方で「現時点で500万人が往来して、留学生が日本に来て学び働いている。日本企業も韓国に進出している中で、国交断絶はどうなんでしょう?」と経済面の心配もする。 確かに突然、国交を断つというのは非現実的で想像しにくい。 前例がないことだけにどうなるか分からないというのが正直なところだ。だが千原せいじは断交賛成派。自衛隊員をロックオンした韓国に対して怒りを露わにする。 千原せいじの主張 ・(断交すべきという意見は)そりゃそうだ!銃突きつけておいて! ・嘘つく奴は一般社会でも無理なのに、国際社会の国同士で嘘つくなんて… ・韓国は国として機能していない ・文化交流打ち切ったらいい 日本政府はすでに韓国との話し合いを諦めており、現在は新たな対応を検討中だと思われる。このまま泣き寝入りすることは絶対に避けなければいけない。最低でも経済制裁は加えて韓国に損をさせておかないと同じような問題がまた起きる。 おまけ。 報道ステーションで後藤謙次氏がインチキ解説。 「これ以降は冷却期間を置きながら、ある面でうやむやにしていこうということだと思いますね。今回の件について日本側にも読み違いがあったんですね。ここはいったん冷却期間を置こうというのが今日は官邸主導で動いたと言われています」  

Read more

韓国国防長官「日本の追加挑発があれば兵器で対応!…を検討中」

韓国の鄭経斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官が海軍をサプライズで訪れ、士気を高めるべくスピーチを行った。今後の対応についてあまりにも過激な方針も検討されていることが分かった。 完全に日本を敵国とみなしている。 鄭経斗国防長官は海軍作戦司令部を事前予告なしで訪れ、イージス艦「世宗(セジョン)大王艦」に乗り込んだ。こうしたサプライズは現場の者としては士気が高まるに違いない。 鄭経斗国防長官は「日本の追加挑発があれば対応ルールに従って適法かつ強力に対応しろ」と檄を飛ばした。やはり今もなお日本の威嚇があったという前提で話しているようだ。 自分たちが提示した証拠がすかすかだったことはおかしく思わないのだろうか?もうすでに多くの現場担当者が真実に気づいていると思われる。火器管制レーダーの照射も実際に行ったに違いない。 だが、国防部ではさらに警告射撃など兵器システムを使う方針を積極的に検討していることが分かった。 日本としてはまた「低空飛行の威嚇」といちゃもんをつけられたのではたまったものではない。これまでは実害はなかったが、兵器を使って攻撃してくるのであれば、これはもう戦争ではないか。 韓国がこうした動きをとっているということを踏まえ、今後の対応を強気で検討したい。果たして経済制裁だけで十分なのか?この際なので徹底的に懲らしめておくほうがよい。 

Read more

ジョーク: 上司の面目丸潰しにする部下

ランチ休憩時間にある従業員が上司の隣に座ろうとします。しかし上司は部下を鬱陶しげに一別すると、横柄にもこう言い放ちました。 「豚が白鳥の友になることはないんだ」 従業員は笑顔でこう返します。 「では、私は隣のテーブルに飛んでいきます」 憤怒のあまり、部下の喉元に噛み付かんばかりに怒り心頭に発した上司、この頭の回転が速い小賢しい従業員に復讐してやると心に決めました。 翌日、部下をオフィスに呼び出した上司はこう言いました。 「今日は君の評価面接が予定されている。君にいくつかの質問をするからそれに答えるように。評価シートは面接後に渡す、分かったな?」 部下は頷きました。上司は質問フォームに沿って必要な質問を部下に投げかけ、部下は全ての質問に答えていきます。最後に上司は個人的に特別な質問をします。 「通りを歩いていたら2つの鞄を見つけたとしよう。1つは黄金がぎっしり詰まった鞄、もう1つは知恵が詰まった鞄、さあ君ならどちらを選ぶ?」 「黄金でいっぱいの鞄です」と部下。 見下したようなしたり顔で上司は言いました。 「いいかね、君が我が社の哲学を理解しているとは私には到底思えないんだが。私なら当然、知恵を選ぶがね。賢さは物質的な黄金以上に大切で価値のあるものだからね」 従業員は肩をすぼめてこう言いました。 「ええと、人は誰しも自分が持っていないものを選びますからね」 上司は真っ赤な顔をして衝動的に怒鳴りつけそうになる感情をなんとか抑え、評価シートに「バカ」と記入し部下の態度を批判しました。 すると評価シートを見た従業員はこう言いました。 「すみません、署名はいただいたんですが、評価コメントをお忘れですよ」 

Read more