【ぞわわっ】保存して壁紙にするとスマホを壊す恐怖の画像が発見される!!

するなよ!!絶対保存するなよ!(※本当に壊れます) 「一度見たら死ぬ絵」のようなオカルティックな画像はしばしば流行るものだが、保存して壁紙にしたらスマホが壊れる画像なんてものもちょっとホラーっぽくはないだろうか。 そんな夏にぴったりなこわ〜い画像というのがこちら。(注意:本当にクラッシュするので真似しないでください) WARNING!!!Never set this picture as wallpaper, especially for Samsung mobile phone users!It will cause your phone to crash!Don't try it!If someone sends

Read more

【ニャンで!?】引越しトラックに間違えて乗っちゃったネコが2500kmもの旅の末、無事帰還!!

2500kmもの長旅をしてきたネコちゃん オーストラリア・クイーンズランド州ロングリーチに住むジョージア・ウィップさんは、自宅で”ピープス(P-Puss)“というネコちゃんを飼育していた。 ところが、5月中旬にピープスが突如行方不明に。ネコの脱走はよくあるお話だが・・・この時、ピープスが往復2500kmもの旅をしていようとは誰も予想してなかっただろう。 🐈🚛 STOWAWAY CAT HOME AFTER 2,500KM TRIP 🚛🐈Watch the moment P-Puss returns home after an unexpected 2,500km trip around Qld.The curious cat

Read more

【注意喚起】時計やゲーム機にも入ってるアレを飲み込んでしまった12歳少女が死亡

ボタン電池に高い死亡リスクが 時計やゲーム機、ノートパソコンなどに使用されているリチウムイオン電池。多くの小型の電化製品に組み込まれており、私たちの生活に非常に身近な存在である。 今回、この電池を間違って飲み込んでしまった女の子に恐ろしい悲劇が起こった。 Girl, 12, dies in agony coughing up blood after swallowing tiny lithium battery https://t.co/3bsKn1TGu2 — Daily Star (@dailystar) May 28, 2020 被害にあったのは、ロシア・ブリャンスク在住のバレリア・マカロバさん(12)。彼女は今年5月、自宅で時計の電池を交換をしようとしていた時に、内蔵していたボタン誤飲してしまい、母親と病院へ行くこととなったという。

Read more

【目が回る】散歩に出かけなくてもエンドレスに運動しちゃうワンちゃんがこちら!

あれ、追いつけないよ!? 5月26日、カナダ・アルバータ州にあるお宅で撮影された可愛いワンちゃんの動画をご覧いただこう。 生後13週のゴールデンレトリバーのジーヤが、自分に付けられたリーシュを追いかけるのだが、アイランドキッチンの周りをグルグルと回っているためずっと追いつけないでいるのだ。 そのエンドレスともいえる運動方法に、外出自粛中ならば「散歩に出かけなくてもいい」名案だとの声が上がっている。もちろん飼い主さんにそんなつもりはなく、まだ幼い活発なジーヤが自発的にやったものだそう。 最終的にはリーシュの先端を捕らえたジーヤだが、体力をつけるともに三半規管も鍛えることができたことだろう。  

Read more

【注意喚起】中国で2歳の女の子がエレベーターの中で宙吊りに!一体何が!?

エレベーター内で宙吊りになった女の子 5月28日、中国湖北省の集合住宅にあるエレベーターで、2歳の女の子が宙吊りになるという事件が発生した。 監視カメラが捉えていた映像がこちらだ。 Heart-stopping moment! Toddler walked into the elevator alone with leash attached to her wrist. When the elevator started, she got hung up

Read more

【炎上】LGポーランド公式が「このスマホは盗撮に最適!」と意図する広告を出し大批判を食らう!

女性差別的な広告が大炎上!! LGグループ傘下の「LGポーランド」が配信した、ある最新スマホの広告が不適切だとして大炎上している。 こちらの広告は、最新スマホ「LG V60」を宣伝するためにTikTok向けに配信されていた動画。 広告の内容は、老人が女性のスカートの中を撮影しようとしてスマホを取り上げられるというもの。 女性にスマホをチェックされるが、片方で撮影した自分の顔しかないため、女性は勘違いを謝り去っていく。だが、実際は盗撮に成功しており、老人がガッツポーズをする・・・といったものである。まさに、「バレずに盗撮できる!」と言わんばかりの内容である。 当然問題視された動画は、あるユーザーによってTwitterに転載され、LGポーランドの公式には批判が相次いだ。これを知ってか、公式はすぐさま動画を削除して火消しを行なったという。 有名TikTokerが投稿したものを採用したか ちなみに、動画を制作したのはTikTokで活動する映像アーティスト「@sawardega」というユーザーが作成したもの。 彼は特殊メイクによっておじいちゃんになりきる動画シリーズを数多く制作しており、今回の動画もそのうちのひとつだった。この動画を広告に採用してしまったことはLGポーランドの落ち度と言えるだろう。 LGポーランドは今回の炎上に関して、このようにコメントしている。 「LGのポリシーに準拠していない動画がLGポーランドによって投稿されました。LGエレクトロニクスのマーケティングチームによる審査が適切に行われていなかったため、すぐに削除されました。 この誤った考えの動画が引き起こしたあらゆる違反に関してお詫びし、再発防止に努めます。」 

Read more

【ペットじゃね?】パキスタンからのスパイ容疑をかけられたハトをインド当局が拘束!

パキスタンから飛来したスパイのハトを当局が拘束! インドとパキスタンは、カシミール地方の領有権問題を主にして関係が悪化している。そのせいで疑心暗鬼になっているせいか、どうみても勘違いにしか思えないような事件が起きたという。 インド当局によると、5月24日、パキスタンに面する国境のジャンムー・カシミールにて、1羽の足輪がついたハトが捕獲されたという。 飛来してきたのは民家で、番号がかかれた足輪をつけていることから、この家に住む女性が「パキスタンからの暗号ではないか」と思い込んだという。こうして村人で協力し捕獲を行い、地元の国境警備隊に引き渡した。 地元当局の担当者、シャイレンドラ・ミシュラ氏は「スパイであるとは断言できません」「足輪の番号が、パキスタンからのメッセージコードではないかという方が地元に何人かいらっしゃいます。」と冷静に語っている。 また、村に隣接するパキスタンのパンジャーブ州では、飼育しているハトに番号札をつけ、所有権を示す文化がある。そのため、今回のハトも誰かのペットである可能性が高い。 ちなみに今回のように、番号付きのハトが飛来したのは初めてではなく、過去にも何度か同様の出来事がおこっている。 警察は、ハトには罰則を与えない方針を示している。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ ジャンムー・カシミールのカシュア警察は、地元メディアNDTVに対し、「国境付近は非常にセンシティブな地域になっており、不法侵入もしばしば起こっております。」と述べている。 国境での緊張関係が続く中、いたずらに村人を刺激しないためにハトを拘束したのかもしれない。 

Read more

【衝撃打法】「右打席の構え」で「左打席に入り」予想の斜め上すぎる打法を繰り出す猛者が現れる!

すげえ!カナダのパフォーマーが繰り出した”背面撃ち” アメリカの人気テレビ番組「Sports Center」の公式インスタグラムが、衝撃的な打法の動画を投稿したとして野球ファンの間で話題になっている。 そのバッターは、なんと右打席の構えで左打席に入ったが・・・・ View this post on Instagram WHAT?! 😳 (via @renaudlefort) A post shared by SportsCenter (@sportscenter) on May 26, 2020 at 5:29pm

Read more

【そっち?】危険な場所でキスするイランのアスリートが危険行為ではなく下品行為で逮捕される

イラン人気パルクール選手が逮捕 先日、イランの人気パルクールアスリート、アリレザ・ジャパラギー選手が、パートナーの女性とビルの屋上でキスする動画をネット上にアップしたところ逮捕されてしまったという。 動画を見ると撮影チームが結成されており、パルクール選手らしく自慢の体を張ったものが多い。しかし、一歩間違えると命を落とすかもしれない危険な場所での撮影に警察が動き出したのかと思ったがそうではなかった。 ジャパラギー選手とパートナーの女性は、危険行為ではなく下品な行為で逮捕されてしまったのだ。 公共の場でキスをした罪 テヘラン警察によると、シャリーアと呼ばれるコーランと預言者ムハンマドの言行を法源とする法律に反する彼らの行為が今回の逮捕につながったとのこと。 動画には「綺麗な映像なのに‥」「自国の法律だからわかってたよね」「キスが犯罪になるなんて」「それが信仰する宗教なら仕方ない」と様々な意見が寄せられた。ちなみに、イランでは公共の場でのキスが厳しく禁じられている。 人気パルクール選手の逮捕に国内では驚きの声が上がっているが、他国では危険行為ではなくキスが理由で逮捕されたことに驚く人も多い。しかし、本人もわかっていながらそんな動画をアップしてしまったのはなぜだろうか。いろいろと疑問点が残る事件であった。 

Read more