寝つきも良くなる10のヨガポーズ

眠りたいのになかなか寝付けない…そんな経験は誰にでもあると思います。寝返りを繰り返し、気づいたら何時間も経っていたり、ベッドから起き出して少し座って休んだり…特に翌日朝が早いときなどは困りますよね。 夜眠れないことが続くと、日中にも慢性的な疲れを感じたり、起きている間に眠気を感じて甘いものやコーヒーを摂りすぎてしまいます。ひどいときには精神的な問題や体重の増加など、深刻な状態に陥ってしまうケースもあるそうです。 今回ご紹介するのは、そんな不眠症を解決するためのヨガのポーズです。どれもシンプルな動きばかりですが、効果はバツグンです。これまでヨガの経験がない人や身体が固い人でも簡単にできるので、ぜひ試してみましょう。 ヨガの効能に関する研究は次々と発表されています。特に何かを失うというわけでもないですし、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。 ちなみにヨガのポーズを取るときは、あまり長い時間1つの姿勢でいないよう心がけましょう。はじめのうちは1分も保持すれば十分で、慣れてきたら少しずつポーズを保つ時間を伸ばしていくことが大切です。 1. バラサナ – 子供のポーズ このポーズは、膝に痛みを感じている人にはあまり向かないかもしれません。しかしそれ以外の個所、特に神経系や背中、肩、お腹、そして精神面で大きなリラックス効果が期待できるはずです。 かかとがお尻につかないという人は、ブランケットを数回折りたたんだものをお尻の下に挟んでみましょう。腕は身体の前に伸ばすか、あるいは身体の脇で力を抜いてたらすようにします。また、あまりこの体勢のままでい続けることがないようアラームをセットしておくことをお勧めします。このポーズのままで深く呼吸をし、特に背中に意識を集中させてみましょう。 2. スプタ・バッダ・コナーサナ — 横たわった合せきのポーズ この体勢は別名バタフライポーズとも呼ばれます。まず床にあおむけになってひざを曲げます。足の裏を合わせながら少しずつ膝を両側へ倒していき、カエルのような体勢を取ります。 この状態で膝を床に付けられず、どうしても数センチ床から浮いてしまうという人は多いと思います。その場合は膝と床の間に本やブランケットを丸めたものを詰め、両手も広げてリラックスしましょう。この状態でゆっくりと下腹部に力を入れるような感覚で深呼吸していきます。 3. バック・ロール あおむけになって横になり、両膝を抱え込むようにして両手を回します。膝まで手が届かないという人は、膝の下から手を入れて太ももを抱きかかえるような体勢を取りましょう。この状態で、ゆっくりと左右に揺れていきます。この体勢は腰の疲れを取るための最適なストレッチ効果を生み出します。足の力は抜いて、完全にリラックスした状態で行いましょう。また、膝を抱え込む肩からも力を抜いて、なるべく床に付けた状態で行うと効果的です。しっかり深呼吸をすることを忘れずに。 4. スプタ・マッチェンドラアーサナ– 寝転んで背骨を中心に回転させるポーズ 膝を立ててあおむけに横になり、そのまま両膝を右側へ倒します。このとき右手で左足の太ももを抑えるようにすると体勢が安定するはずです。この上体で左手を身体の左側へ伸ばし、頭をゆっくり左へ曲げていきましょう。 このポーズでも両肩は力を抜いてリラックスした状態で、極力床に付けた状態を保ちます。この姿勢でゆっくりと深呼吸を行いましょう。終わったら今度は逆向きになって同様の流れを繰り返します。

Read more

【感動】誰かの幸せの為に行動したくなるストーリー 『優しさは連鎖する』

おばあちゃんが孫2人を連れて スーパーでお買い物。 孫達は美味しそうなケーキを 選びますが、レジでお金が足りず、 購入をキャンセル。 がっかりしている孫達に おばあちゃんは 「また今度買ってあげるからね」 と声をかけますが、 「前もそういって買ってくれなかった」 レジの後ろで一部始終を見ていた男性が そのケーキを購入し、2人にプレゼント。 実はその男性も子供の頃、 同じように知らない男性に ケーキを買ってもらった事が あったのでした。 お礼をしたいので連絡先を 教えてもらおうと渡したメモには 「優しさは連鎖する」と書かれていた。 動画の音声は英語ですが、 英語がわからなくても十分伝わります。 ラストには感動の結末が待っています。 この動画を見終わったら、 きっと自分から優しさの連鎖を スタートさせたくなることでしょう。

Read more