楽しい!卵のライフハック4選

日本人の卵の消費量は国民一人あたり年間320〜330個といわれ、世界のトップ3にランクインしています。 そんな卵が大好きな日本人だからこそ、知っておきたい卵の裏ワザがあります。卵を手間なく楽しく食べるための、便利な技を4つ伝授します。 裏ワザその1: 水を入れたコップ 卵が食べられるかどうかは、水に浮かべてみると簡単にわかります。卵が水の底に沈んでいけばセーフ。底まで沈まずに浮かんできた卵は古くなって腐っている可能性が高いので、捨ててしまいましょう。 裏ワザその2: ハートのゆで卵 専用の型がなくてもハートのゆで卵が作れる方法があります。牛乳パックの長い面を切り出し半分に折り目をつけ、ゆで卵の殻を温かいうちに剥いてパックの上に乗せます。卵に押し付けるようにお箸を一本乗せて、上下を輪ゴムで止めて固定します。この状態でそのまま(冷蔵庫に入れてもOK)しばらく置きます。 ハートの卵の出来上りです。画像のものは縦長ですが、卵の形は牛乳パックのサイズやお箸の太さで調整することができます。卵は半熟がおすすめです! 裏ワザその3: 一瞬にして黄身と白身を分ける ペットボトルを使えば初心者でも簡単にできます。卵をボウルなどに割って入れ、空のペットボトルを軽くへこませながら黄身に近づけてヒョイッと吸い上げるだけです。あとは黄身を別の容器に黄身を出します。 裏ワザその4: ゆで卵の殻を一瞬でむく 茹でた卵を冷水に30秒つけて熱をとり、上下に直径1センチ〜2センチほどの穴を開けます。 卵の先が尖った方に、勢い良く息を吹き込めば卵が飛び出すはずです。しっかりキャッチしてください。 知っていればいつか必ず役立つ裏技です。今度のブランチのときに是非おためしください!

Read more

あなたは大丈夫?・・接客業が訴える、こんなことをする客は嫌がられる客だ! 2018/01/08 2018/12/

みなさんはコンビニはどれくらいの頻度で利用しますか? ちょっとしたものがなんでも揃うコンビニ、本当に便利ですよね。 ところであなたはコンビニなどに立ち寄った時にこんなことはしていませんか? 接客業をしているあるTwitterユーザーさんが「店でこんなことはやめてほしい」と投稿したところ多くの反響が寄せられています・・・ バイトしてる人はわかると思うけど 会計した後の「あ、○円ありました」はやめてほしい。会計後にポイントカード出さないでほしい。声小さいくせに聞き返すとキレないでほしい。電話しながらレジに来ないでほしい。カードの上にお札置かないでほしい。買うもの決めてからレジに来てほしい。 — まるこ (@rinmarun7777) 2018年1月5日 Twitterでの反応は・・? レジ通した後に、お金足りないからやっぱりやめる。戻しといて〜。は、来る前に全財産を確認し、財産に見合ったお買い物をしていただきたい。 — ポン汰🐻 (@takeryonnpa) January 5, 2018 全部メッチャ同感‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎ — エミゴン🚀竹内涼真 (@ryoryomanias) January 5, 2018

Read more

【まってよ~】雨に驚いたヤマアラシのとった行動がキュートすぎると話題に!

動物の予測できない行動 動物を飼っていると、思いがけない仕草や動作に思わず微笑んでしまうことがある。オッサンみたいなポーズをとった猫だったり、隠れたつもりで尻尾が出ている犬だったり。 そんな中、ヤマアラシの突然の雨で取った行動が可愛すぎると話題を呼んでいる。 ヤマアラシの名前はエドガー。動物が大好きなバーディーちゃんと朝の散歩に出かけたときの映像である。 か・・・かわいい!3歳の幼い女の子に、ぴったりとくっついて離れない。急な雨に驚いたのだろうか。これには動画を撮っていたお母さんもびっくり。 エドガーは7か月のヤマアラシで、家族の中でも新入りだ。エドガーの他に、40羽の鳥と、1匹の犬を飼っている動物一家。 住まいもワシントン州のキャスメットという田舎に住んでおり、バーディーちゃんは毎日母親とエドガーと一緒に森の中を散歩するのが日課だったそうだ。 こんなにくっついてくるなら、毎日雨でも散歩したいものだ。 

Read more

あなたは大丈夫?・・激辛料理の辛さを感じず好んで食べていた身内が病院で受けた衝撃の診断!

あなたは辛い料理は得意ですか? 人が感じるよりも辛さを感じず、激辛料理は得意だと思っているあなた。 それってもしかしたら異常かもしれませんよ・・ あるTwitterユーザーさんが投稿したツイートにその衝撃の内容が公開されています! 身内が精神科にしばし入院して退院したんです。今まで激辛料理を汗ひとつかかず「全く辛く感じないよ」と激辛料理愛好家を自称してたんですが、退院後は普通の辛さの食べ物でも辛いと感じるようなり、「辛いと感じなかったのはストレス」と判明しました。味覚に異常を感じたら病院をおすすめします。 — 緑\('ω')/箱special (@midori_box) March 10, 2018 Twitterでの反応は・・? 僕も鬱病だった時は味覚障害ありました(´д`、)ソノアト2ネンリタイア — なぁなKitagawa (@196arrow) March 11, 2018 やはりそうだったのですね…!今は少しましになったのですが昨年味が全くわからず、あまりに感じないので心も空虚になってしまって…だいぶ軽減しましたが未だに味覚は鈍いままなのでまだストレス発散したりないのかなぁ(≧w≦;)ツイートありがとうございます!知れて良かったです(*´ `*) — エリマキ (@erimakiki) March

Read more

【ライフハック】凍った道路でも北海道民が歩くとこうなる!という動画が話題に!

冬に困るのは寒さだけじゃない 寒さで外に出たくなくなる今日この頃。中でも辛いのは、道路がツルツルになる「凍結」だ。氷点下になると、地面が凍ってアイスバーン状態になる。慣れていないとこけてケガをすることも。 しかし北海道民は、このアイスバーン状態にもお手の物。平然と凍った道路を歩く道民の動画が今話題となっている。 アイスバーンを道民はこのように歩いているにゃ。これから北海道に来る方はこれを見てイメトレを#北海道 pic.twitter.com/AcAGo5TboJ — 北乃カムイ 北海道情報 【公式】 (@kamuikitano) December 7, 2018 なるほど。普通に歩くのではなく、上からそっと足を置くように歩くんだな! 単純なことかもしれないが、さすが北海道民!とうなずける。この動画を見た人たちの反応は「ペンギンみたい」「参考にします」「滑らせる派と踏む派がいる」などと、それぞれの意見で盛り上がっている。 1月2月は全国的に凍結した道を歩く機会も増えるだろう。北海道民を見習ってそ〜っと歩いて、しりもちをつかないようにしたいものだ。 

Read more

【お父さんヤバイ】娘の結婚式で張り切って歌う父。歌い始めると式場が一瞬で静まり返った…。

娘の結婚式でいつか歌を歌いたいなと思う気持ちは、父親の誰もが共感できるはず。今、YouTube上で再生回数が560万回を超え、3万件以上の高い評価がついた動画が話題になっています。それは高橋進さんが2016年12月17日に投稿した動画で、内容は2014年に行われた娘さんの披露宴にて父の高橋さんが歌を披露するというものです。 恥ずかしそうにマイクの前に立ち、スピーチを始める高橋さん。大学時代からずっとバンドをやり続けていて、61歳(当時)になった今もライブハウスで活動していると語ります。ジャンルはハードロックだと言うと、会場から笑い声が上がります。60代にもなってなにを言ってるんだ…といった雰囲気です。 #sidewise #keeppushing #rock #hardrock #loudnoises Posted by Sidewise on Wednesday, January 31, 2018 高橋さんはずっと娘の結婚式で歌を歌いたいなと思っていたそうで、今回、夢が現実となって感無量のご様子。ハードロックを歌いたい気持ちをグッと堪えて、披露する歌は中島みゆきの「糸」です。「糸」は1992年10月7日に発表された通算20作目のオリジナルアルバム「EAST ASIA」に収録された曲で、知人の結婚を祝って作られた曲と言われています。 Twitterで画像を見る #nowplaying 糸 – 中島みゆき in UBiO https://t.co/seOsLeMUu4 pic.twitter.com/1Jkcrmv0D6

Read more

レーダー照射、コラ画像に釣られて韓国を擁護する人たち

日韓間で揺れるレーダー照射問題について、間違った情報をもとに韓国を擁護する人が出始めた。情報が錯綜する中で事実ではないことはしっかりと指摘しておきたい。 コラ画像に釣られてしまった人たち。 まず一人目。あからさまに画像加工が施されたインチキ画像なのに自衛隊が韓国海軍を威嚇した証拠だと捉えている。 ツイートは6,000以上もリツイートされ、波紋を呼んだ。 YouTubeで公開された映像でもこんなシーンはなかったわけで、そもそも車輪が出ている時点でおかしいと気づかないのだろうか。 もしかしておふざけ用のネタアカウントかと思ったが、真面目に政治意見を発信するアカウントのようだ。フォロワーもそれなりにいる。 現在も投稿は取り消されていない。 二人目。こちらもやはり韓国側が提示した証拠としてコラ画像を添付している。 少し調べれば元の写真が見つかるのでこれが画像加工でつくられたものと分かるはず。 自分に都合のいい証拠を条件反射で信じてしまうのはいかがなものか。ネット上では少なからず、こうした写真を「韓国側に有利な証拠」と信じてしまった人もいる。 間違った世論形成に繋がりかねないので、この記事ではしっかりとコラ画像だと指摘しておきたい。 ところで、同じように誤解を招くようなコラ画像は共同通信も掲載している。 参考:【特集】レーダー照射 防衛省の「公開映像」(共同通信) これは問題ではないだろうか。NHKが同じようなコラ画像を掲載して炎上したのはすでに報じた通り。 参考:【レーダー照射】NHKの画像加工が不適切だと騒ぎに その後、NHKは写真を修正したが、共同通信は今もこの写真のままだ。 外交にかかわるデリケートな問題について誤解を招く写真は掲載すべきではないと思う。ネット上ではミスリードな文章とともに、あっという間に拡散されてしまうのだ。 ▼この記事をシェアする

Read more

役所で侮蔑的な対応をされた母親が、自身のために立ち上がる

ある母親が市役所に行きます。役所から出てきたときには、彼女の人生は書類上でも大きく変わっていました。 この女性のエピソードは多くの共感を呼んでいます。 エミリーという女性が免許証の更新のために役所へ向かいました。職員に職業を聞かれましたが、正式にはなんというべきか、思い浮かばずしばらく迷っていました。「つまり…」職員は言います。「仕事をしてらっしゃるのか、それともただの…」「もちろん仕事してますよ。私は母親です」エミリーは言い返しました。「母親は正式な職業ではないでしょう。では主婦ですね」と職員。 こんな話、すっかり忘れていた。私がエミリーと全く同じ立場に立たされた日まで思い出しもしなかった。私の担当職員は明らかにキャリアウーマンタイプの人だった。仕事がバリバリできて、自信たっぷりで、「シニアオフィサー」だとか「専門官」とかいう肩書きがあるからには多分重要な仕事をしているんだろう。 「あなたのご職業は?」どことなく軽蔑的な態度で聞いてきた。次の瞬間、どうしてだかわらないけどこんな言葉が口をついて出てきた。「子供の発達および対人関係研究所の研究員です」 彼女は書類から視線を上げ、まるで事情聴取をしているようにじっとこちらを見つめた。彼女が書類に記入できるよう私は「職業名」をはっきりゆっくり繰り返した。書類の小さな職業記入欄に小さな文字で書き込んでいる彼女を見て、笑いがこみ上げてきた。 「ひとつお伺いしてもよろしいですか」職員は好奇心からかこう聞いてきた「研究所ではどのような研究をされているのですか?」 そして私は自信たっぷりに淀みなくこう言っていた。「研究所では現場(屋内屋外両方)での長期にわたる研究を実施中(母親ならみんなそう)です。現在博士号取得中(もちろんプロの家庭管理者として)で、4度の受賞経験(娘たち)があります。もちろん非常に時間を取られる仕事で、1日14時間勤務は当たり前(実際は24時間臨戦態勢)です。どんな仕事よりも厳しいものですが、報酬もずっと大きく、やりがいはどれほどのお金にも代えがたいほどです」 あからさまに職員の態度が変わっていった。最後はわざわざ玄関ドアまで送ってくれたほどだ。 帰り道、この新しくてかっこいいキャリアに最高の気分で運転しながら帰宅した。そして研究室の助手たちが出迎えてくれた。13歳、7歳、それから3歳。それから新しく始まった子供の発達プログラムの研究モデル(天使みたいにかわいい生後6ヶ月)についての報告を受けた。現在母音の発音パターンを試行錯誤中のようだ。 素晴らしい気分だった。官僚主義に勝ったのだ!今、書類上正式に私はただの母親じゃなく特別で重要な何者かになった。 母親:なんて素晴らしいキャリアなんだろう! ということは、祖母は「子供の発達と対人関係研究所上級研究員」ということにでもなるのかしら。多分そうね。それで叔母は「研究助手」かしら。 そのとおり!大げさでもなんでもなく、母親はれっきとしたフルタイムの仕事なのです。 

Read more

【謎アピール】怪しい男が映ってる!?っておもったら、配送業者のおっちゃんが踊ってた件

お、カメラを発見したら・・・ アメリカでは、通販の荷物は家の軒先に置いておくのだそう。それゆえに盗難の危険性もあるので、監視カメラを設置する家も増えているのだとか。 今回の米インディアナ州のお家でも、監視カメラを設置していたが・・・予想だにしなかっただろう、思わぬ瞬間が捉えられていたようだ。 「泥棒か!?」と思う人が多いだろうが、安心してほしい。こちらがその当時の動画である。 12月17日。家の軒先に来たのは、アメリカの郵便局UPSの配達員。 「ん?」とカメラに気付き、懇切丁寧に荷物を置くと・・・何やら帽子を傾けて、小躍りを始めたではないか! お年を召しているようにも見えるが、なんともファンキーなおじさんである。何が元ネタなのかは不明だが、手でハートをつくるあたりから、「kikiチャレンジ(インマイフィーリングチャレンジ)」を彷彿とする人もいるのではないか。 かと思えば、パッと我に返って帽子を直し、そそくさと去っていく。その後ろ姿は、「ヤバ、ちょっとさぼっちゃった。早く配達しなきゃ」といいたげである。 これを投稿したご家族によると、この人はいつも配達にくる、ジンボさんという顔見知りの男性だそう。 ご家族がクリスマスのショッピングに行っている間、監視カメラの通知がスマホにきて、誰かが来たことを知ったという。 スマホごしに監視カメラの映像をチェックすると、陽気に踊るジンボさんが。これを見て、家族みんなで思わず大笑いしてしまったそう。 どんな仕事にも、これくらい楽しめるような余裕があったらいいものである。 

Read more

【感動】炎の中に5回も飛び込み、5匹の子猫を救った母猫の壮絶な物語

ブルックリンの廃工場から火が出たとき、ひとりの消防士が目撃したものは、多くの人の心を打った。 例えその身が焼かれようとも、5匹の子猫を救い出すため5回も炎の中に飛び込んでいった猫、スカーレットは、ときに動物は人間よりもずっと勇気ある心の持ち主であることを身をもって証明したのだ。 その真実の物語は今でもネット上で多くの人々に語り継がれている。 【炎の中、5匹の子猫を運び出していた母猫】 1996年3月30日のできごとだ。ニューヨーク州ブルックリンの廃ガレージから、原因不明の出火があった。緊急通報をうけた消防員たちは迅速に火を消し止めた。 その間、消防士のひとり、デヴィッド・ギアネリは、火事現場から、燃え盛る炎の中、子猫を一匹づつ運び出している猫を目撃した。 猫はとにかくひどい火傷を負っていた。全身の毛や手足、耳が特にひどく焦げていて、塞がってしまっていた。 子猫たちを安全な場所へ避難させると、この猫は生存を確認するかのように自分の鼻で一匹一匹に触れた。全員を確認すると猫は意識を失ってしまった。 ギアネリは胸がいっぱいになった。そして倒れた猫と子どもたちを、ニューヨーク州のポートワシントンにあるノース・ショア・アニマルリーグの動物病院に連れていった。 懸命に子猫を助けたこの母猫はスカーレットと名づけられだ。 残念なことに、一番弱っていた子猫が一匹、火傷が元で死んでしまったが、スカーレットは奇跡的に一命をとりとめ、3か月の治療の後、里親を募集できるまで回復した。 【母子ともに安住の家が決まる】 自分の命も顧みず、子猫たちを自ら救ったこの勇敢な猫の話は、またたく間に広まった。 オランダ、日本、南アフリカなどからも賞賛の声が寄せられ、善意の人たちから、猫たちを引き取りたいという手紙が7000通もこの動物病院に届いた。 病院は、子猫たちを2匹づつ里子に出すことにした。 スカーレットは、カレン・ウェレンという女性に引き取られた。 彼女自身、交通事故の被害者で、自分の飼い猫を亡くしたばかりだった。カレンは、特別なケアを必要とする動物を引き取ることに人生を捧げていた。   【そしてスカーレットは星になった】 それから約12年後の2008年10月11日、穏やかな日々を送っていたスカーレットは亡くなった。推定年齢は13歳前後だったという。 ノース・ショア・アニマルリーグは、彼女の名前にちなんだ「勇敢な動物のためのスカーレット賞」を創設した。他者のためになる英雄的な行いをした勇敢な動物に贈るものだ。 スカーレットは本にもなり、『スカーレット、家族を救う』という話の中の主人公になっている。 スカーレットが虹の橋を渡ってから10年がたったが、彼女の話は人々の心の中にずっと生き続けている。 動物の母性は計り知れないものがある。おそらく本能的なものなのかもしれないが、その無償の愛は人間の想像をはるかに超える。 どうか、安らかに、スカーレット。あなたの愛と勇気にあふれたその物語は、これからも、何度も語り継がれていくだろう。

Read more