女子中学生3人組は溺れている女児を発見する。そのうち1人が「アレ」を手に持ち海へ飛び込んだ…その後の展開に騒然

子供の頃、迷子を助けてあげたり、おじいさんおばあさんを手伝ってあげたりした時、「お手柄」だねなんて言って学校から表彰されたりしませんでしたか?人助けをすると何とも気持ちが良いものですが、今話題になっているエピソードは、そんなお手柄エピソードの中でも突出してハイレベルな連携プレーでした。 その事件が起こったのは8月の終わりのこと。福岡県宗像市に住む女子中学生の3人が、悲鳴を聞いたことからすべては始まります。 「人が海に落ちたぞ!!」 たまたまバレーボール部の練習試合の後、波止場で遊んでいたその3人の女子中学生、藤島海琴(みこと)さん、草野寧彩(ねいろ)さん、本田悠さんは、急いで悲鳴がした方へ向かいます。そしてすぐに状況を理解しました。 防波堤で釣りをしていた親子の3人のうち、女の子が3メートル下の海に転落し、溺れそうになっていたのです。父親と男の子はパニック状態に陥っていました。 しかしそんな状況でも、最年長の藤島さんは冷静でした。藤島さんは草野さんにフェリーターミナルへ人を呼びに行かせ、本田さんには男の子のそばに付き添うように指示します。 そして藤島さんは、手元にあった空の2リットルのペットボトルを持ち、約3メートル下の海に飛び込んだのです。海で溺れかけ、パニックになっている女の子にペットボトルを持たせると、「大丈夫だから」と優しく声をかけ続けました。そして女の子の体を抱えてそのまま堤防の階段まで約50メートル泳いで、無事救助に成功したのです! しかしどうして、まだ中学生の藤島さんにそこまで冷静な判断が出来たのでしょうか?実は藤島さんの父・誠治さんは、遊漁船の船長だったのです。日頃から口を酸っぱくして、「海でおぼれている人がいたら、まず浮くものを持たせろ」と教えられていたのです。 草野さんと本田さんは「とても焦ったけど、藤島さんが冷静だったので私たちも動くことができた」と率先して動いてくれた藤島さんに感謝しています。 女子中学生3人、連携プレーで海に転落した女児救う 感謝状贈呈へ https://t.co/U22xIL6bvm pic.twitter.com/IeKDouHYAp — 最新ニュース速報@令和 (@koukishin_news) October 1, 2019 消防署はこの勇敢な中学生たちに感謝状を送ることにし、3人が通う中学校は全校生徒前でその贈呈式を開催する予定だそうです。お手柄でしたね! いかがでしたか?海でおぼれている人がいたら、まず浮くものを。藤島さんが身をもって証明してくれたその鉄則、覚えておきましょう。きっとこれからの人生で役に立つはずです。ぜひシェアしてくださいね! (※ 溺れてパニックになっている人に掴まれ、泳いで救助しようとする人も溺れてしまうリスクもあります。溺れてもがいている人を見かけたら、飛び込んで助けに向かうかわりに、浮き輪やビーチボールなど浮くものを投げ入れるよう指示する専門家の意見もあります) 

Read more

ボイラーが水漏れ。3時間おきにタオル変えても床がビチャビチャだったのが『意外なコイツ』を置いたら12時間経っても無事だった!!

水漏など水による被害が出た時は何枚タオルがあっても足りず大変なことになりますよね。 そんなとき『意外なコイツ』を置いたらとんでもない威力を発揮してくれたと言います!! これは水害などの時にも役立ちそうですよ! 今ボイラーが水漏れしてて。昨日は3時間置きにタオル変えても床までビチャビチャだったのが、息子のパンパース置いといたら12時間経っても床が濡れてなかった。 パンパースが本気出すとこうなる!ちなみに重量1,4kg..!水漏れにはオムツが有能…! pic.twitter.com/kY6TwfIi9R — たたきたてのご飯 (@gohanotataku) October 1, 2019 オムツってこんな威力あるんですね!! 吸水力がすごいことはなんとなくお察しの通りですがここまですごいとは想像以上だったのでは・・・ Twitterでの反応は・・? 天井のよく雨漏りする場所にオムツ貼り付けたら、吸水と自然乾燥の繰り返しにより、貼ってから3年経っても水が漏れなくなりました。 — クラーク@R.T. (@klarrrk_man) October 3, 2019 実は本来の用途だと真価を発揮できないのです(吸水ポリマーは塩分があると機能が低下する)砂漠の緑化にも活用されています — レプリカ先生(セルヴォ:戦術派狙撃手)

Read more

【大暴走】米シカゴの空港で貨物用カートが故障!ひとりでにドリフトを披露

荷物をまき散らしながらスピン!! 空港を利用すれば一度は見かけるだろう貨物カート。先日このカートが、アメリカの空港でえらいことになってしまったらしい。 どうやら、食品や飲料を積んでいたようだが・・・車体に不具合が生じ、あわや飛行機に衝突しそうな事態となったという。 Crazy event at ORD. Heads up safety move by a ramp worker! pic.twitter.com/SQi5zB0Ooz — Kevin Klauer DO, EJD (@Emergidoc) September 30, 2019

Read more

【恐怖】スクールバス運転手が飲酒で危険運転→10歳児童の通報で逮捕される!

児童が通報「運転手が酔っ払ってる」 子供たちを安全に送迎するはずのスクールバスだが、とんでもない運転手がいたことが明らかになった。 先月、米ワシントン州ロングビューで児童たちを乗せたスクールバスを運転していたのは、この学区を担当するキャサリン・マカロン(48)。だが、このバスに乗っていた10歳の男児が、降車後にこのような緊急通報をしたという。 運転手のキャサリンが酔っ払ってる!赤信号を3回も無視したし歩道にも乗り上げたんだ。 児童からの通報でバスを探し出したものの、警察官が駆けつけた時にはすでにキャサリンは2ルート分の送迎を終えており、その生徒数は90人だと報告されている。こんな運転手の運転するバスに乗っていた児童たちの恐怖は計り知れない。 飲酒運転と過失傷害で逮捕 その後の検査で基準値を大幅に上回る血中アルコール濃度が検出され、キャサリンは飲酒運転と過失傷害で逮捕された。 バスに設置されたカメラを確認すると、スピードを加速しながら「私はクレイジーさ!」「私の結婚は最悪だよ!」などと叫びまくっているのがわかる。明らかに正気ではない運転手が、大勢の児童を乗せて運転していたかと思うと恐ろしい。事件発覚後、キャサリンは有給休暇扱いになっていたが、9月27日付で辞職したという。 教育委員会は、児童の安全を守ることを第一に再度安全手順を見直すと述べているが、保護者や生徒の信用を取り戻すのはそう簡単なことではないだろう。今回、誰一人として怪我人が出なかったことだけが不幸中の幸いである。

Read more

【ベビーフェイス】22歳の幼稚園教諭があまりに童顔すぎて保護者も児童と間違うレベル!

童顔すぎる幼稚園教諭 女性なら誰しも「若く見える」と言われて嫌な気になる人はいないはず。 この言葉を毎日のように飽きるほど聞かされている人物がシンガポールにいるという。なんとも羨ましい…と思いきや、実はそうでもないようだ。 それがコチラのイアン・フランシス・マンガさん。 幼稚園児たちと戯れる様子を見ると、一見兄弟と仲良く遊ぶ優しいお兄ちゃんに見えるがそうではない。22歳のイアンさんは、この幼稚園で働く先生なのだ。 第二次性徴が来ないことへの不安 当初は保護者たちも「子供のお友達かしら?」と思うことが多々あったという。イアンさんの身長は162センチあるものの、子供たちと座っていると見た目には子供同士に見えるのだとか。 イアンさんのベビーフェイスももちろんだが、動画を見て驚くのは声変わりをしていない彼の声ではないだろうか。 中学生になった頃には周囲の男友達が第二次性徴を迎え、ヒゲが生えたり声変わりをしていたもののイアンさんに変化はなかったという。それは自身の病弱体質や個人差が関係していると思っていたというが、22歳になった現在も声変わりはおろか体毛も生えていないという。イアンさん本人もあまりに成長が遅いことに不安を感じることもあるようだ。 だが、常に明るくポジティブなイアンさん。「子供たちは先生が大好きよ」「子供好きの彼の天職ですね」と職場での評判はすこぶる良い。彼の親しみやすい人柄が園児たちを惹きつけるのだろう。今日もイアンさんの周りにはたくさんの子供たちが集まっているに違いない。 

Read more

「みんなと一緒に遠足に行きたい」車椅子少女の願いを叶えた先生が素敵すぎる!

車椅子少女の願いを叶えた先生 子供なら、誰もが楽しみにするであろう遠足。だが、米ケンタッキー州に住む4年生の少女ライアンちゃんは複雑な思いを抱いていた。 なぜなら、今回予定されていた目的地はフォールズ・オブ・ザ・オハイオ州立公園。脚が悪く車椅子が欠かせないライアンちゃんにとって、足場の悪い場所を長時間歩くことは難しく、遠足は欠席せざるをえなかったからだ。 ライアンちゃんの母親は娘を不憫に思いながらも半ば諦めていたが、ライアンちゃんの「みんなと一緒に遠足に行きたい」という願いを聞き、立ち上がってくれた人物がいたという。 If i haven’t bragged on my kids school enough – well, listen to this. They are going on a field trip

Read more

海で溺れる女の子を見つけ、救助に向かった女子中学生。この中学生がとった水泳選手も驚いた『とある行動』とは・・・!

プールや海など、水のあるレジャースポットでは溺れるというリスクは常につきものですが、実際に溺れたり溺れた人を見た場合、咄嗟の判断で救助するのはなかなか難しいですよね。 先日、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で放送されたとある女子中学生への取材が話題に。 女子中学生の判断に拍手喝采 福岡県の人口約700人の村、大島村の学校に通う3人の女子中学生。 波止場で楽しく話していると「人が落ちました!助けてください!」という叫び声が聞こえてきたと言います。 現場に駆けつけた3人は、女の子が海で溺れているのを目にします。そしてその横でパニックになっているお父さんと弟さんが・・・ この時 「このままお父さんが(海に)入ったら2人ともパニックで、逆に危ない状況だ」 と思ったと言います。 助けなければ!と一人の女子中学生が、部活の後輩である2人それぞれに『2Lのペットボトルを持ってくること』と『弟が海に落ちないよう見張っていること』を指示します。 空のペットボトルを浮き輪代わりに持って海に飛び込んだ女子中学生は、女の子にペットボトルを渡し、抱えるようにして一緒に安全な場所まで泳ぎました。 3人のおかげで無事、女の子助かりました。 救助に向かった女子中学生はお父さんが漁師さんで、大島にいる限り水難事故などは避けられないものとして、救助方法を教えてもらっていたんだとか。 おかげで一人の命が助かったのです。 競泳元日本代表の松田丈志さんは 僕でもプレッシャーになるしパニックになると思うんですけど、やっぱり溺れている人を抱えて泳ぐっていうことも大変ですから、その前段階としてペットボトルを投げるとかチームメイトに指示を出すっていうのは完璧にできてたから助かったことだと思う。 と絶賛。 SPONSORED LINK 海上保安庁からは、溺れている人を発見した時は、 ・まずは自分の安全を確保し ・道具などを使って助ける ・1人で助けるのではなく、まわりの人にも助けを求める よう注意喚起しています。 なかなか、真似できたことではありません。しかしこのようなことを覚えておくだけで救われる命があるかもしれません。

Read more

【悪名高き観光名所】タイの”タイガーテンプル”から保護されたトラ86頭が死亡。管理者は「政府のせい」と責任転嫁

保護されたにも関わらず失われた尊い命、、、 タイ・カンチャナブリー県にある「タイガーテンプル」は、トラと触れ合える世界でも珍しい観光名所として知られていた。 密猟者に親を殺された子トラを保護したことをきっかけに「トラの孤児院」としてスタートした同寺院だが、虐待や闇取引の実態が明らかになり2017年に閉鎖となった。 タイの野生生物当局によって計147頭のトラが引き取られたというが、タイガーテンプルの虐待の影響で、わずか2年たらずで今年までに86頭が死亡してしまったという。 Half of tigers rescued from Thai temple have died, officials say More than half of the 147 tigers rescued from a

Read more

渋滞に巻き込まれたバスの中。乗客が「乗り継ぎに間に合わない」と運転手に相談すると・・・。運転手が驚きの行動をとった。

とある女性が居合わせた高速バスの中での出来事。 交通公共機関を利用していると、時として到着が遅れたりトラブルに巻き込まれることもありますね。 この女性が乗っていたバスは渋滞に巻き込まれてしまい、一人の乗客が運転手さんに「乗り継ぎに間に合わないでしょうか」と相談したところ運転手さんが大変な神対応をしてくれたといいます。 それがこちらです。 あのね、昨日帰りのJR高速バスが渋滞に巻き込まれたんだけどなんと、乗客の中に広島便の高速バスにバスタで乗り継ぐってお客様がいらっしゃったの。それでね、運転士さんに間に合わないですか…って相談していて…→ — SUI子 (@_sui26) September 30, 2019 たぶん、そういうのは普通「ああ…無理ですね」で終わると思うんだけど。私、一番前の運転士さん側の席に乗っていたので見ていたのだけど、たぶんバスとかってタコメーター?ついてると思うんだ。それを厳守しつつ頑張って急いでたのね。もう何回も時計見て間に合うか間に合わないか首を傾げて。→ — SUI子 (@_sui26) September 30, 2019 途中、お客様を気遣って、もうその情のある姿だけで泣きそうになったんだけど、最後にね、バスタに着くとき、無線持った人に「おい!悪い!福山便あと5分だけ止めてくれ!お客さんがいるんだ!頼む!」って窓開けて言ったの。発車時間ちょっと前だった。→ — SUI子 (@_sui26) September 30, 2019

Read more

【育児地獄】子育ての悩みを抱えるお母さんに送りたい感動の手紙

子育ては24時間365日、ずっと終わらない「世界で一番大変な仕事」。愛するわが子のために必死になってバタバタと頑張っていたら、いつの間にか心が疲れてしまっていた…そんな風につらい思いをしながらも、がむしゃらに毎日を生きるお母さんがたくさんいます。 いつもヘラヘラ育児楽しんでるけど今日は久しぶりに真面目に😌長くなってしまったので不快な方はスルーしてください🙇息子を授かったことを機に,同じ境遇の方に希望をもってもらいたくて,思い切って無排卵で治療していたことを公表したら『私も病… Posted by Mari Oikawa on Monday, January 23, 2017   子どもが何かあるとすぐ泣いてしまい、手に負えなくなるのは自分の育て方のせいかもしれない…と落ち込んだり、小さなことにイライラしてしまい、つい子どもにあたってしまったことを深く後悔したり…。「家事も育児も自分がやらなきゃ」と張り切るあまり、自分で自分を追い詰めてしまう…子育ての経験がある人なら分かるはずです。 子育ては楽しいばかりじゃないけれど、愛情は深まる!ですよね?❤️子育て、なんとかなる♡楽しみしかない♡そう思っておりましたが、現実は甘くない….赤ちゃんってずっと寝てると思ってた…なんで泣… Posted by Berceuse-ベルスーズ on Saturday, December 15, 2018 最近1人のアメリカ人女性が、育児に疲れたママたちに宛てて書いた1通の「手紙」がFacebookに投稿され、海外で大きな反響を呼んでいます。 「たったの1分でいいから、静かな時間が欲しくて浴室に隠れて泣いているママへ」の一文で始まるその手紙は、2児の母でもあるベサニー・ジェイコブスが自身のアカウントに投稿したものです。百聞は一見にしかず…その手紙をこちらからご覧ください。 Saturday mornings are

Read more