【衝撃】13歳少女が妊娠し父親は10歳のボーイフレンドだと主張するも専門家の意見は!?

10歳の少年が13歳少女を妊娠させた!? このほど、ロシアのテレビ番組に出演したカップルが話題となっている。 保護者を伴って出てきたのはダリヤちゃん(13)とイヴァンくん(10)だが、なぜ二人がこの場にいるのかご想像できるだろうか。 実はダリヤちゃんの妊娠が判明し、彼女はお腹の子の父親は10歳のボーイフレンド、そうイヴァンくんだと主張しているのだ。 専門家はイヴァンくんの父親説を否定 現代において早熟な子供が増えているとはいえ、果たして10歳の少年に生殖機能が備わっているのか、そこが論点となっている。 イヴァンくんを診察した泌尿器科専門家であるエフゲニー・グレコフ博士は、彼はまだ性的に未熟で精子を産生することはできないと話す。思春期も来ておらず、男性ホルモンの一種であるテストステロンさえないイヴァンくんに、ダリヤちゃんを妊娠させることは極めて難しいことだと主張するのだ。 昨年から交際をはじめ親の留守中に行為に及んだという二人。それはダリヤちゃんの提案だったという。そして、今回の専門家の見解を受け、ダリヤちゃんは他にパートナーはいないと断言し、イヴァンくんもお腹の赤ちゃんの父親が自分以外であるはずがないと話している。 親になるにはあまりにも若すぎる二人だが、ダリヤちゃんと彼女の母親は赤ちゃんを産みたいという意向を示しているようだ。現在の段階ではDNA鑑定をするには早すぎるため、時期を見て検査をするという。赤ちゃんの父親はイヴァンくんなのか、そして医学的にみて10歳の少年に可能なことなのか、数ヶ月後には解明するのかもしれない。 

Read more

1日中家にいるのに家事をやらない専業主婦・・・。→その理由に「ほんと、コレ!!」

仕事を終え、帰宅すると食器や洗濯がそのまま・・・ 一日中家にいるのに何してたんだ。と思う旦那さんもいるようですが決してサボっているわけではないのです。 専業主婦たちの訴えに共感の嵐が起こっています。ぜひ、その現状を知ってください。 子持ちの専業主婦ってなんでそんな忙しいの?を説明した漫画です。あくまで一つのパターンとしてお読みください。世の旦那さんに喧嘩を売る目的ではありません。続きます。 pic.twitter.com/fMbsLldz7L — ちくまサラ@4y&8m (@chikumababy) January 31, 2020 さらに・・・ 続き。これ8時半に布団に入れても寝るのは10時、2時間おきに夜泣き、朝は5時に起こされる等のパターンが普通にあります。自由時間がないうえに細切れで起こされる毎日は地獄です。仕事で疲れてるのは分かりますが、ママも頑張ってるのでどうか責めずに労り合う夫婦でいましょうよ、と言いたいです。 pic.twitter.com/thDf6kTZjj — ちくまサラ@4y&8m (@chikumababy) January 31, 2020 ブログにはママへ向けたメッセージ、夫婦会議のやり方の提案、夕食作りについてなど色々書いておりますので、一読いただけると幸いです。(この女性は私ではないし世のママが全員こうというわけではありません)(家事をしなくていいと言いたいわけでもありません)https://t.co/sEtaxs6C5Z — ちくまサラ@4y&8m (@chikumababy) January

Read more

覚えておくべき!ネットで話題の『風邪対策』が試す価値がありすぎる・・・8選!!

風邪の引き始めは本当に辛いですよね。できれば悪化する前になんとか症状を食い止めたいところ・・・。 喉が痛いのが数日続いた日には藁にもすがる思いで治る方法を探したことはありませんか? そこで今回はネットで話題の効果覿面の風邪対策をご紹介します! 1、 これ、マジな話なんですが、「就業中30分に1回の手洗いを義務付けている」マクドナルドで働いていた高校1年からの11年間(アルバイト→社員)は、1回しか風邪をひかなかったので手洗いは最強の防護策です。おかげさまで高校3年間皆勤賞でした。 — こぶたけんし (@kobuta_dq) January 23, 2020 2, 風邪予防には「手洗い」「うがい」以外に「顔を触らないこと」が効果的らしい。「いくら手を洗っても、バイ菌がついたモノを触った手で顔に触れてしまえば、自分自身にウィルスを接種しているのと同じこと」とのこと。 — かむかむ@F1とラグビーに夢中! (@yben55) April 10, 2013 3, 風邪引きそうな予感したり風邪引いたなって時に長ネギを親の敵のように刻んでフライパンにお椀一杯半のお水と鶏ガラスープの素ぶちこんでひたすらに高速で煮込んだネギ多すぎスープ飲んで寝るが本当に滅茶苦茶効くから騙されたと思ってみんなやってみて……次の日めっちゃ実感するからほんと pic.twitter.com/GTWSgK486l — 藤原由林 (@yu_ringo)

Read more

障害者が乗車する事を拒否するタクシー。その裏には衝撃の理由が・・・

障害者の人が乗車することを拒否するタクシーの存在が問題となっていますが、その裏にある事情をご存知でしょうか。 車椅子ユーザーのとある男性が投稿したエピソードに注目が集まっています。 障害者手帳を持っている人は、タクシー料金が1割引です。割引分の全額ないし半額の負担は、多くの会社が運転手に求めています。乗車拒否が無くならない根本的な理由です。 「障割(障害者割引の略)でお願いします」「わかりましたぁ!」なんて明るく返された日には、いつも申し訳なくなります。。。 https://t.co/Spu8v1RZ81 — 垣内俊哉@ミライロ (@ToshiyaKakiuchi) January 27, 2020 他に飛行機、鉄道、バス、フェリーも障害者割引分の負担は、国や自治体でなく企業側です。つまり、企業にとって障害者は「単価が低い客」にならざるを得ない。 それでも、障害者割引制度を作ったり、バリアフリー化に投資したり、ユニバーサルマナー検定を取得したり、日本には尊い企業が多いんです! — 垣内俊哉@ミライロ (@ToshiyaKakiuchi) January 27, 2020 こんな事情があったとは衝撃的です・・・ さらに・・・ 障害者割引について、タクシー会社の経営者の方から話を伺いました。6年前、改正タクシー特措法の付帯決議に「乗務員負担を無くす」と明記されたそうです。 今も運転手が負担している場合は、その会社に問題があります。とはいえ、企業が負担するのも酷な話です。納税しがいのある国に変えなければ! — 垣内俊哉@ミライロ

Read more

道で会うたびに挨拶を交わしていた小学生の男の子が手紙をくれた!内容を読んでみると・・おじさん、嬉しすぎて泣きそうです!

いつも職場に行く途中で会う小学生の男の子。 これまでお互いに名前は知らなかったけど、挨拶を交わす仲に・・ そんな男の子が突然手紙をくれたんだそうです。 その内容を読んでみると・・・ 職場近くの小学校の男の子からもらいました。これまでお互い名前は知らないのですが挨拶したりたまに話したりするような仲でした。おじさん嬉しくて泣きそうです。 pic.twitter.com/8VZbtSDt5G — 既婚男子日記 (@kikondanshi) 2018年11月26日 とても純粋な小学生の気持ちが溢れていますね・・ こんな手紙をもらって、返事を書こうと張り切っていると・・ https://twitter.com/kikondanshi/status/1067007395807690752?ref_src=twsrc%5Etfw そんなこんなで出来上がった返事の手紙がこちら・・ 皆さま返信これでいいと思いますか? 久しぶりに手紙を書きました。 レギュラー満タンは 「じゃあおじさんまたね!明日もレギュラー満タンで!」というように車好きの彼が言い始め、今では合言葉になっています。 pic.twitter.com/tcbY1S95Ji — 既婚男子日記 (@kikondanshi) 2018年11月26日 Twitterでの反応は・・? Twitterで一編のドラマを見た気がしました息子を2人育てましたが長男は小さい頃から良い意味でのジジゴロシで、成人し彼は自営しましたが仕事はジジィ達が振ってくるのですケイスケ君の将来が楽しみですね〜

Read more

居酒屋さんに貼ってあった『ある職業の人を対象とした割引キャンペーン』→よくよく見ると、、最後の一文に思わず涙溢れる・・・

とある男性が居酒屋さんに行った時のこと。 なぜか、自衛隊を対象として割引キャンペーンが行われていたんだそうですが最後の一文に思わずうるっとしてしまったんだとか。 その理由がこちら・・・ ある居酒屋さんに貼ってあったんだけど、最初の方はいやそんなことないっすよそれ言い出したら世の中の全部の仕事がそうですしって思いながら見てたんだけど…お酒のせいかな最後の文で本当にウルっときて。 pic.twitter.com/wQ85LQULng — キャストル (@YukarinHeaven) January 30, 2020 なぜか差別を受けることのある自衛隊さん。 しかし、震災などがあった時など本当にお世話になっており近年、ありがたみを実感している人もとても多いのではないでしょうか。 そう言ったことから、おそらくお店も感謝を伝えたいとの思いがありこのようなキャンペーンと張り紙をしたのでしょう。 Twitterでの反応は・・? 自衛隊を「いらない」と言っているメディアや政治家がおかしい。いざという時、守ってくれるのも、助けてくれるのも、その時のために日々訓練してくれているのもすべて自衛隊なのに — トロピコ@あしゅみー&果南好き (@kuranfol) January 31, 2020 嬉しいなぁ。息子も喜ぶだろうな。 — IZU

Read more

知っておきたい婦人科受診の注意点9つ

女性にとって婦人科での診察は勇気がいること。病院選びはどうしても慎重になります。医師の身だしなみ、言葉遣い、説明のわかりやすさ、衛生管理など、信頼できる病院かどうかを厳しくチェックする人も多いようです。 でも逆に、患者の一方的な思い込みや誤解で医師が困惑することも少なくありません。婦人科の医師を悩ませる患者の9つの習慣をご紹介します。 1. ネットの情報を鵜呑みにしないで 最近は、自分の症状をネットで検索して、その情報を鵜呑みにして自己診断を下してしまう人が多いそう。病院で医師が別の診断を下しても、その診断を疑って、自分の推測が完全に否定されるまで不必要な検査を要求する頑固な人もいるそうです。ネットを検索して信頼できない情報に振り回されるよりも、産婦人科医に症状を直接伝えたほうがはるかに賢明です。 2. 受診中にスマホは不要 定期検診でも救急外来でも、診察中であってもスマホを触るのをやめない人がいるそうです。でも、診察は自覚症状を明確に医師に伝え、わからない点を質問して、不安な点を解消するための大切な時間です。診察室で誰かにメッセージを送信するなんて、医師に対して失礼なだけでなく、せっかくの貴重な時間の無駄づかいです。 3. 婦人科以外の症状の質問は他の病院で 当然ですが、婦人科医は婦人科を専門とする医師です。婦人科外来の診察室で関係のない他の症状について質問しても意味がありません。もちろん、婦人科系の異常に関連するかも、という場合は質問してもいいのです。でも、膝が痛いときは、婦人科医に相談するのではなく、整形外科医に相談すべきでしょう。 4. 汗をかいた後はすぐに着替えて スポーツ用のスパッツは快適ですが、トレーニング後にそのまま着続けたり、次のトレーニングで洗わずにもう一度着たりしてはいけません。汗で湿ったデリケートゾーンの環境は、真菌感染症(カンジダ症)やその他の皮膚の炎症を引き起こします。また、汗をかいた後のスパッツの中は雑菌が繁殖するための絶好の場所。トレーニング後はすぐに取り替えるようにしましょう。 5. ソング(Tバッグ)やパンティーライナーの日常使いはしない ソングは見た目はセクシーですが、実用性はあまりありません。ヒモが皮膚を刺激するので、毎日は使用しないでください。下着につけるパンティライナーも普段使いには不向きです。性器周辺の自然な空気の循環を阻害するため、真菌感染症を引き起こすこともあります。 6. 異変を自分で治療しないで デリケートゾーンにかゆみや不快な臭いがある場合、多くの女性が真菌感染だと考えて、薬局に行き、市販薬で治療しています。しかし、真菌感染症の典型的な症状だと思っていたら、実は細菌感染の性感染症(STD)だったということも。真菌と細菌は同じ薬では治療できません。ですから、原因を正確に判断するためにも婦人科受診が望ましいのです。 7. 性交時の痛みを我慢しないで 婦人科医によれば、驚くほど多くの若い女性が性交時の痛みがあっても我慢しているそう。痛くて当たり前だと思っているのです。でも性交時の痛みは必ず検査する必要があります。なぜなら、痛みは性病、尿路感染症、さらには心理的な問題など、さまざまな病気によって引き起こされるからです。もし性交時に痛みがあるなら、必ず婦人科医に相談してください。 8. 大量出血があれば、すぐに受診を

Read more

気持ちはわかる!ペット愛が溢れすぎて若干常軌を逸した飼い主12人

ペットの飼い主ならきっと誰でも、ペットだけに見せる表情や行動があるはず。普段は厳しい表情をしたクールな人も、愛ネコの前ではしもべになってしまうなんてこともよくあります。 でもそんなペットへの愛が溢れすぎて、周囲の人をぎょっとさせる飼い主もちらほら。満足そうにペット愛を報告する飼い主の隣で、若干呆れたようなペットたちの表情も可愛い、ペット愛溢れた写真12選です。 1. 「ハロウィンパーティに飼い猫の仮装で現れた友人」 2. つけまつ毛の超素敵な使い方 3. 「ワンコ用にミニノートパソコンを購入。働いてるって感じするでしょ」 I bought a mini toy laptop for my dog. So he can at least look like he's

Read more

ディズニーでキャストに「カバンに何かついてますよ」と言われて振り返った。その手を見て心から驚嘆した

ディズニーランドは、言わずと知れた夢の国。貧しい幼少期を過ごしたウォルト・ディズニーが、子供時代に叶えることのできなかった夢の数々を詰め込んだものがディズニーランドだと言われているように、園内は隅々まで魔法のような魅力に溢れています。 時間を忘れて楽しんでほしいという思いから時計が設置されていない、清掃員も兼ねるパフォーマーが常に巡回しているためゴミがほとんど落ちていないなど、園内には夢の時間を過ごしてもらうための様々な工夫が凝らされています。 そしてそれを支えているのは、キャストと呼ばれる園内で働く人たち。徹底したプロ意識の高さで、常にゲストを素晴らしい対応で迎え入れます。 View this post on Instagram . 🛶🙋🏿‍♂️ . #ビーバーブラザーズのカヌー探険#アメリカ河カヌー#tokyodisneyresort #TDR #東京ディズニーリゾート #tokyodisneyland #TDL#東京ディズニーランド #disneyland #ディズニーランド#disney #ディズニー#クリッターカントリー#ディズニー風景#ディズニー写真部 #トムソーヤ島#ディズニーキャスト#カヌーのお兄さん#筋肉#BeaverBrothersExplorerCanoes#カヌー部🛶 A post shared by @

Read more

【緊急出動】車のホイールから頭が抜けなくなったワンコが消防士さんたちに救出される!

頭が抜けなくなったワンコを救出 1月22日、米カリフォルニア州の消防署に同州リバーサイド郡のアニマルサービス担当者から珍しい通報が入ったという。それは、スペアタイヤのホイールに頭を突っ込んで抜けなくなってしまった子犬がいるというものだった。 とはいえ、非常に稀なケースで首回りを円滑にするためオイルを使うもののなかなか抜けない。次第に首に腫れが出てきたため、そのままの状態で動物シェルターに運ぶことにしたという。 そして鎮静剤でワンコを落ち着かせた後、ホイールは電動ノコギリで切断され、無事ワンコは救出されたのである。 元気に飼い主さんのもとに帰る Breaking news: we are doing all we can to assist this pup. She got herself stuck in this spare tire

Read more