心優しいパイロットが少年に贈ったクリスマスプレゼント

旅客機のパイロットの仕事は、高度な専門知識を必要とする難しい仕事です。また、毎日大勢の乗客や乗務員の命を預かる責任重大な仕事でもあります。 私たちが目的地に定時に到着できるかを心配している間、安全第一を重視した運航を担ってくれているのが機長と副操縦士です。 今回紹介するのは、アメリカのある旅客機のパイロットが経験したエピソードです。ネットで共有されて以来、世界中の人々の心に触れてきました。 「時として、人は無意識のうちに最も貴重な贈り物を誰かに与えていることがある。僕はその日、最後のフライトに備えて機器の確認を進めていた。アトランタからジョージアのメイコンまでの短いフライト。午後7時30分、クリスマスイブ。僕は母親の焼いた七面鳥を食べる代わりに、他の人たちを家族の元へと送り届けていた。 「乗客たちの話し声に混じって、僕は背後で何かが擦れる音を聞いた。後ろを振り向くと、コックピットのドアのすぐ外に9歳くらいの男の子がいた。彼はコックピット内を好奇心に満ちた面持ちで覗いていた。僕の目線に気づいた男の子は体の向きを変えて立ち去ろうとした。 『待って』僕は少年に呼びかけた。 『おいで』 クリスツリーのように点灯しているコックピット内のパネルを僕が初めて見たのは、彼くらいの年齢だった。以来、パイロットの羽根を手に入れる日が来るのを待ちわびていた。でも24歳の旅客機の操縦士になってみて初めて、果たして正しい選択をしたのかどうがを悩むことがあった。働き始めて初めてのクリスマスイブを家から離れて過している自分は、一体何を達成したのだろうか?街から街へと乗客を運びながら、果たして世の中のためになることを自分はしているのだろうか? 「男の子は注意深くコックピットに足を踏み入れた。 『僕はチャドだ』 僕がそう言って握手を差し伸べると、男の子は恥ずかしそうな笑顔を浮かべて僕と握手を交わした。 『サムです』 サムは僕の左の空席を見ていた。 『これは機長の席ですか?』 『そう、そこはジム機長の席だよ』少し擦り切れた座席の生地を叩きながら僕は説明した。 『座ってみるかい?』 野球帽の下から覗いたサムの目が瞬いた。 『本当に座ってもいいですか?』 サムが座れるよう、僕は操縦席の高さを合わせてあげた。ジム機長は普段子供たちにコックピット内の案内してあげるのが好きだったものの、操縦席に子供を座らせることについて彼が何を思うかはわからなかった。クリスマスだし大丈夫だろう、僕はそう考えていた。 「僕は機体に荷物を乗せたカートが近づいてくるのを見て、翌日、両親や友だちに直接渡すことができないプレゼントについて考えていた。サムは家族と一緒にその日メンフィスから来たことを教えてくれた。僕は時計を確認した。機長がいつ来てもおかしくない時刻だったものの、とても興奮して喜んでいる様子でサムの時間を終わらせたくなかった。僕は計器パネルをもう一度確認し、ボタンやレバーがそれぞれ何のためにあるかをサムに説明してあげていた。 やがてジム機長が乗り込んできた。 『よう、パートナー』 ジム機長はサムの方を向いて微笑むと、特有のゆっくりとした南部訛りで言った。 『しばらくここにいても構わないけど、交代してもらわないとな』 サムは操縦席から立ち、僕はジム機長に彼を紹介した。

Read more

万が一の時に正しい手順を知っておいて欲しい・・医師が図解で教える「心肺蘇生法」がめっちゃ分かりやすい!

最近ではいろいろなことがあって、心肺蘇生法が注目されていますが、あなたは正しい方法を知っていますか? 万が一の時のために正しい手順を知って欲しい・・ そんな中、医師が図解で教える「正しい心肺蘇生法」が分かりやすいと話題なので紹介したいと思います。 相撲の一件で、こんなにTVで蘇生処置の場面が流れるのも珍しいので心肺蘇生法を覚えてもらう機会になれば 蘇生処置は誰でもできて、いかに早くできるかが命なので、覚えてる人が多いほど救命機会が増えます運転免許取得の際などにBLS講習受けた人もおさらいに是非どうぞ pic.twitter.com/jkWdPQRqH5 — ながた (@nagatarj) April 6, 2018 人工呼吸ができれば心臓マッサージ30回、人工呼吸2回のペースですでも人工呼吸はハードル高いので、心マだけでも全然OKです脳への虚血ダメージが減らせるよ — ながた (@nagatarj) April 6, 2018 補足手を重ねる、の絵は指を組んだ絵を描くべきでしたスイマセンもちろん手を重ねも押せますが、指を組んだ方が力が入りやすいですご参考までに — ながた (@nagatarj) April 6,

Read more

【マジです】1年間スマホを使わなかったら1000万円もらえるぞ!我こそはと思う人は今すぐ応募だ!

今や、私たちの日常生活に当たり前のように溶け込んでいるスマートフォン。スマホがなければ情報を得たり、家族や友人と連絡をとったりすることができず、仕事や私生活において支障が出るという人も多いだろう。 しかし、それゆえにスマホに依存してしまい、スマホ中毒者を出しているのも大きな社会問題になっている。 1年間スマホを使わなかったら1000万 そこで、アメリカに本社を置く「ビタミン・ウォーター」(コカ・コーラ飲料)が驚くようなキャンペーンを打ち立てたのだ。 we tried to get Brandon to make this deal, but he is too busy – will you turn off your phone

Read more

【マジかよ!!】ロシアTV局が”最も先進的だ”と紹介したロボットに衝撃的な事実が発覚!!

ロシアで最も先進的と言われたロボットに衝撃事実が発覚!! ロシアの首都モスクワの北東に位置する都市、ヤロスラブリ。ここで12月11日、学生向けの全ロシア・キャリア教育フォーラム「プロジェクター」が開催された。 フォーラムの様子は、ロシアのテレビ局「ロシア24」が報じていたというが、同局はとあるロボットに大きな注目を寄せた。 コチラが映像である。 ボリスと呼ばれるコチラのロボットは、なめらかな動きをみせ、周りでしゃべっている人の声に反応したり、なかなか上手なダンスをみせる。 これを見たロシア24は「ロシアで最も先進的なロボット」と報じ、ロボットの高い能力を讃えるような内容を述べていた。 一方でロシアのネット民も大きな反応を見せており、「センサーはどこにあるのか?」といった疑問が沸き起こったという。 頭部分には、口と目を表示するためのLEDライトしかついていないように見える。必要な機器がついていないのに、どうやって周囲を認識しているのか?という声が高まっていた。 更に、ボリスの声はマイクを通さずともホール内に鮮明に聞こえ、多くの人が「ボリスの声は事前に録音してあったモノじゃないか?」と考えた模様。 そんな様々な憶測が飛び交う中、このロボットに関する衝撃的な事実が明らかになった! Первый день работы форума "Проектория" открыли 6 авторских уроков лучших педагогов Россииhttps://t.co/ON227RuGhz pic.twitter.com/YDeu8RW9un — Вести-Ярославль

Read more

【あっ…】ビールの缶を運んでいた従業員を悲劇が襲い茫然自失…

大量のビールを運んでいるときに “その場に立ち尽くすしかない” そんな言葉が似合う男性の様子が撮影された。 その男性は、アメリカのビール会社で働いていた。台車を使って大量の缶ビールを運んでいた彼だが、不運にも悲劇が訪れることとなる… ↓こちらがその動画だ! MadeWest How To's Instuctional video on how we move pallets of cans. Posted by MadeWest Brewing Company on Wednesday, February

Read more

肉食獣のオリの中のカメラが感動的なシーンを撮影

動物園では、様々な動物を間近で見ることができます。その中でも、大型のネコ科の動物はその上品ないでたちもあって特別目立つ存在と言えるでしょう。あるとき、アメリカのバージニア州リッチモンドにあるメトロ動物園で働く従業員が、ミラニと名付けられたチーターのオリの中に監視カメラを設置しました。そこに写っていたおよそ6時間の光景は人々の話題を集めました。 2014年9月19日の早朝、ミラニは産気づいた様子を見せ、出産に適した場所を探し回りはじめます。そして午前4時26分、ミラニは1匹目の子供を産みました… 午前11時34分、最期の5匹目が生まれてきました。そして最後は、ミラニが穏やかに5匹の子供たちと藁の上に寝そべっている姿が撮影されています。この新たな家族の幸せそうな様子がカメラ越しにも伝わってきますね!感動しました! 

Read more

無礼な客に店員の仰天リベンジ

三波春夫さんの名言「お客様は神様です」。この言葉を勘違いして理不尽なクレームを突きつけてくる客に悩まされている接客サービス従事者は多いものです。 アメリカでは「お客様は王様」。神様とまではいかなくとも、代金を支払う客側が上の立場であり、然るべきサービスを受けて当然という受け止め方をしている消費者は少なくはありません。 フォトグラファーとして活躍する米国人サラ・ベランジェ・ドマヌフは17年前、販売員として働いていたときに遭遇したある無礼な客とのエピソードを今もよく覚えています。 Posted by Sarah Bélanger Demaneuf on Thursday, July 9, 2015 横暴な客を接客することになったサラ。しかし客の罵詈雑言にジッと耐えていたわけではありませんでした。サラはFacebookで17年前の傍若無人な客に対する自分なりの「報復」について語っています。 「投稿でこれを告白しないと、素直にクリスマスのお祝いムードになれそうにないわ。私の「復讐の星」にまつわるエピソード… この星は私のお気に入りのクリスマスオーナメントなんだけど、私にとっては平和と友好の象徴というよりは、むしろ悪意と復讐の象徴のようなものなの」 I just can’t get into the holiday spirit until I

Read more

あなたはどの月の絵が好きですか?・・選んだ絵で分かるあなたの隠された性格とは?

今海外のネット上である心理テストが話題になっています。 それは4つの月が描かれた絵の中から好きなものを選ぶというもの・・ 海外では「当たっている」と大きな反響を呼んでいます! 【質問】 月と海を描いた4つの絵のうち、どれが一番気に入っただろうか? その答えはあなたの隠された個性を示している・・ 選びましたか? それでは気になる結果です・・ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Read more

アメリカの老人ホームで捨てられた子猫を育てるプログラムが話題!・・育てることにより認知症予防などの効果がもてて一石二鳥の取り組みだと好評!

アメリカはアリゾナ州にある「カタリーナ・スプリングス・メモリー・ケア」という老人ホームで少し変わった取り組みが行われているんだそうです。 その取り組みというのが、捨てられた子猫をお年寄りたちに育ててもらおうというプログラムなのです。 「えっ、お年寄りに捨てられた子猫のケアが出来るの?」 と疑問に思う人もいると思いますが、実はこのプログラム一石二鳥のプログラムだと好評を得ているんだとか・・ お年寄りたちが子猫を育てることによりどんな効果があるというのでしょう・・? 「子猫ケア」と呼ばれるこのプログラムは、動物保護施設と老人ホームが共同で企画したプログラムで、育てられなくて捨てられた子猫を動物保護施設が保護するのですが、その数が多すぎて保護施設内でもなかなか十分なケアするのが難しい状態になっていました。 そんな子猫達を老人ホームのお年寄りにケアしてもらおうとこのプログラムが始まりました。 保護施設にやってくる子猫達の中には母親から無理矢理離されて片時も目を離せない状態のものも少なくないと言います。 最初に老人ホームに来た時は200g以下だった子猫も、お年寄りの献身的なケアのおかげで今では倍の体重になっているんだとか・・ お年寄り達も子猫に愛情を注いで育てる喜びを感じています。 そして認知症の予防にも効果が期待できるんだそうで、まさに一石二鳥のプログラムだと言えます。 お年寄りによってケアされ元気になった子猫達は新しい里親を募集したり、老人ホームでそのまま生活したりする予定なんだとか・・ 高齢者の方々が楽しそうに子猫をケアする様子を見ていると、こちらまで微笑ましく思えてきます。 新しい喜びを見つけた高齢者の方達の精神的な効果を考えると、とても素晴らしいプログラムと言えます。 ぜひ日本でも取り入れたもらいたいものだと思います。 

Read more

カメラマンの息子が作った93歳の認知症の母親の写真コレクション

カナダに住むイタリア人写真家、トニー・ルチアーニは難しい選択を迫られていました。一人暮らしを続けていた93歳になる母親のエリアが腰の骨を折り、自立して生活することができなくなったのです。 結局トニーは、母親が介護施設では孤独だろうと、母を施設に入れない決断をしました。そして、母親を彼の自宅に呼び寄せることにしたのです。認知症が進む母親と過ごす時間は、素晴らしくもあり悲しくもある、とにかくとても濃いものだとトニーは語ります。その時間の中で、トニーは母親にカメラの前でポーズを取ってもらうようになりました。エリア自身も、まるで必要とされているという感覚を再び味わうかのように、息子に撮られることを心から楽しんでいるようです。 そして、写真の中の母の姿にトニーは心打たれたトニーは、自身と母親の関係、そして人生を謳歌するエリアの姿を見事に捉えた写真たちを一つのコレクションにまとめ上げました。   ともに作品を作り上げるなかで、母と息子の間の絆はより一層強くなっていきました。トニーとエリアは、現在もチームとして働きながら残りわずかかもしれない貴重な時間を一緒に過ごしています。 トニーは、子どものように明るい魂を持つ、今までとは違う母親の一面に出会えたことを今では祝福しているそうです。 

Read more