【冒涜!?】最後の晩餐と”塩ふりオジサン”のコラ画像をだしたヨルダンのウェブサイト、管理者が逮捕される!

コラ画像作っただけで罪に 誰もが知っているあの名画を、おもしろおかしくコラしまくるハヤティ・エヴレンというインスタグラマーが人気を集めている。 そんな彼が、去年9月に投稿した画像が、逮捕者が出るほどの大きな騒動に発展してしまったという。 View this post on Instagram 5-6 tane minik detay ekledim, bakalım kimler şahin gözlü 👀 😎 . . Philippe de Champaigne —

Read more

【速報】嵐が2020年に活動休止

ジャニーズ事務所で最も多くのファンを抱えるアイドルグループの嵐が来年、休止することが分かった。 突然の発表。 活動休止はファンクラブサイトで発表された。嵐は大野智(38)櫻井翔(37)松本潤(35)二宮和也(35)相葉雅紀(36)からなる5人組グループで、1999年にデビューした。現在のジャニーズ事務所では最大の収益源だ。 しかし休止するということはおそらく内部でトラブルがあり、解散に向けての動きということなのだろう。 メンバーのコメントからは休止に至った理由が透けて見える。 ・大野智「2017年にメンバーに集まってもらい、自分の気持ちを話した。2020年で嵐を終えたいと。2020年というくくりで5人が別の道を歩むのもいいのではないか。そう話し合った。勝手ではあるが縛りのない自由な生活をしてみたい」 ・松本潤「ずっと話し合いを続けてこのような結論に至りました」 ・二宮和也「最初に話を聞いたときは驚きました。想像もしなかったので。嵐は5人で嵐です」 ・相葉雅紀「1人でも欠けたら嵐ではない。気持ちの整理に時間がかかった。仲が悪くなったということではない。また活動再開できるときは皆様に喜んでいただけるよう頑張ります」 ・櫻井翔「2017年から話し合いを続けてきた。嵐を宝箱に閉じ込めたいということになった」 どうやら大野智が嵐としての活動を辞めたいと言い始め、1人の脱退ということではなく、休止という形で話し合いが落ち着いた模様。 現時点では正確なことは分からず、もしかすると今後はSMAPと同じように分裂し、事務所を移籍するということもあるかもしれない。ネット上では「やはりジャニーズ事務所のマネジメント体制に問題があるのかもしれない」とも囁かれている。 大野智の求める「自由な生活」というものはどんなものなのか。ジャニーズ事務所に所属している限りは恋愛や結婚が自由にできない。40歳を手前にした大野智としてはそれが最も気にかかる点なのかもしれない。 

Read more

ほんこん「レーダー照射問題は終わらせてはいけない。ロックオンされた自衛官のためにも」

日本政府が韓国政府との話し合いを諦めた今、レーダー照射問題はどのように決着がつくのか。ほんこんが泣き寝入りすべきではないという重要な指摘を行った。 「ロックオンされた自衛官のためにも…」 ほんこん「(レーダー照射問題は)終わらしたらあかん。自衛官の為に。一歩間違ったら有事になんねんから。そもそもの話がずれてきてる。また新たに哨戒機が低空飛行でって、海も写せよって話。韓国側は危機迫るからごっつい言ってるっていう、日本の方が余裕あるから。ほんまの事しか言ってないから」 pic.twitter.com/dchqcKgFbl — ブルー (@blue_kbx) January 26, 2019 ほんこんの主張 ・自衛官のためにも終わらせてはいけない ・一歩間違えれば有事 ・レーダー照射から低空威嚇飛行に話がずれてきている ・威嚇の証拠を出すなら海も写せよって話 ・日本は本当のことしか言ってないから余裕がある 影響力の大きなテレビでこれだけずばずばと正論を言ってくれるのはありがたい。日本はやはり諦めることなく、証拠を全世界に公開することで韓国が間違ったことをしたのだと示すべきだろう。 世界的な世論を味方につけたうえで、経済制裁を行うことが大事。今の韓国は日本のことを舐めているとしか思えないのでこのあたりでしっかりと懲らしめておく必要がある。 遺憾の意を表するだけでは相手はつけあがる一方。しっかりと行動に出て韓国に損をさせることが大事だ。 続いて他のタレントの意見も紹介したい。 【せいじの怒り爆発】ビートたけし「韓国は子孫まで訴えてくる。永遠に続く」千原せいじ「仲良くする気がない。言葉を変えたら。400年前の事を償う方法なんてない」杉村太蔵「放っておけばいい」千「俺もそう思ってたが、レーダーはあかんて。あれはあかん×4。銃口向けたら、それはあかんわ」 pic.twitter.com/KXNuaN70rL — ブルー (@blue_kbx)

Read more

爪楊枝が移動する!不思議な実験

黒い表面の上に真ん中で折られた爪楊枝が5本、折れた面を中心に向け、放射線状に置かれています。 その中心に水を一滴垂らすと….?予想を越える結果です。 30秒間、じっくりご覧ください: つまようじに水をたらす、っていう一人遊び。 pic.twitter.com/hIPkEpJxLg — Slit Animation (@SlitAnimation) October 2, 2016 驚き!触れていないのに、自動的に星形になりました! これは、半分に折られたつまようじがもとの状態に戻ろうとする性質を利用したトリックで、マッチ棒でもできるそうです。たった一滴の水で、こんなイリュージョンが楽しめるんですね。 水がつまようじに浸透して、固く折れ曲がったところがやわらかくなって伸びてるとか、いないとか。←ストローの袋でゲジゲジつくって、水を垂らしても、同じようにゲジゲジが伸びて、生きた生き物みたくなるとか、ならないとか。← — Slit Animation (@SlitAnimation) October 2, 2016 興味の湧いた方も信じられないという方も、滑りやすいテーブルの上などで是非実験してみてみてください。使うマッチは5本、曲げる様に折るのがコツだそうです。本当に不思議ですね。 

Read more

親から受けた愛情を1歳の女の子がまるまるワンちゃんに注ぐ

別室からでも赤ちゃんの様子が確認できるベビーモニターってとっても便利ですよね。赤ちゃんの安全のために使えるのはもちろんのこと、その可愛い姿をいつでも見ることができるのも嬉しいですね。 しかし時として、ベビーモニターは私たちの想像を超えるものを映し出すことがあります。 そのビデオがFacebook上で公開されると、実に75万回シェアされるほどの大反響を呼びます。そこに写っているのは、1~2歳くらいの女の子が、飼い犬と添い寝している様子。 そのワンちゃんは、その女の子の体の2倍はありそうなピットブル。闘犬種として知られています。そもそもなんで一緒に寝ているのかよく分からない状況ですが、とりあえず見てみましょう。 Cutest video EVER. Just A girl tucking in her 100lbs Pitbull best friend and bodyguard for life. If you raise them

Read more

【ノーパンだと!?】今年も激寒ニューヨークで”ノーパンツデー”が開催される!!

極寒のニューヨークでズボンを脱げ! アメリカ・ニューヨークの1月の気温は、最高で1度、最低で-11℃にもなる。 そんな場所で、見ているこっちまで鳥肌がたっちゃうヌーディーなイベントが毎年行われているのを、あなたはご存知だろうか。 その名も、ノーパンツデー!! これをきいて「えっ!下着はかないの!?」とお思いになってしまうだろうが、英語で「パンツ」というのはズボンのことをさすことを忘れてはならない。 参加方法は至って簡単。おもむろにズボンを脱いで、地下鉄を乗るだけ。ズボン以外は普段通りに着用し、他のノーパンマンと出会っても見て見ぬふりをするのである。 その現場の様子がコチラである。 No Pants Subway Ride Chicago 2019 More than 100 people took their pants off on the CTA Red

Read more

オシャレなネクタイの結び方Trinity Knot(トリニティ・ノット)が話題に

イギリスのテレビ番組でオシャレなネクタイの結び方をしたイケメン男性が登場した。キャプチャ画像が日本でも拡散され、多くの人が注目している。 鮮やかで美しい。 ニュース番組に出演した男性のネクタイに司会者が注目。「Trinity Knot(トリニティ・ノット)」なるものということが分かった。渦を作るように3つの部位が噛み合っており、惚れ惚れとしてしまう。 これは思わず注目してしまうこと間違いなし。一気にオシャレに見える。 結び方。三角形を作る要領で意外と簡単にできる。 日本でも早速真似をして試す人が登場した。 「綺麗にするのはコツがいるかも」 「それなりの形になったけど難しい」 個人的にはトリニティ・ノットは明るい色でツヤ感があるネクタイのほうが合うように思える。 何度か練習して綺麗に結べるようになりたいものだ。洗練されたオシャレなトリニティ・ノット、是非お試しあれ。 

Read more

自閉症の息子はいつも一人でランチを食べていた…ある日母に送られてきた一枚の写真、それを見た母は涙を流した!

自閉症の息子はいつも一人でランチを食べていた・・・ある日母に送られてきた一枚の写真。それを見た母は涙を流した。 10代のころはとても多感で、人と違うということで避けられたりイジメにあうことも珍しくありません。 親は自分の子供が学校生活を楽しんでいるのか、知りたくても本人が話してくれなければわからないこともあります。 ある親は自閉症の息子が学校でいつも一人ぼっちでいることを知っていました。 するとある日、友人から写真付きにメッセージが届きます。 それを見た母は涙を流しました。 米フロリダ州に住むシングルマザー、リー・パスキーさんは11歳の息子のことをいつも心配していました。 「学校でうまくやっているのかしら・・・」 息子のボー君は3歳のときに自閉症だと診断されていました。 それ以来、学校でいじめられたりすることのないよう、できれば良い友人を作ってほしいと願っていました。 「今日に誰とランチ食べたの?」ボー君は極まれにクラスメイトとランチを食べましたが、ほとんどが一人でした。 「自閉症で良かった・・・そんなことを思ってはいけないんだけど、おかげで彼は一人ぼっちなのに気づいていないわ」 ボー君は、自分だけクラスメイトから誕生日会に誘われないことに気づいていないにようでした。」 自閉症の子は、言葉に遅れが生じたり、思い通りにいかないことで簡単にパニックになってしまうことがあります。 多くの子供たちとは発達の特徴が違うため、孤立することが多く、育児も育児書の通りには行きません。 「自分から周りに溶け込むのは難しいかもしれれないけど、せめて誰か息子に関心を持って欲しい。」 そんな思いでいました。 ある日友人から写真付きのメッセージが送られてきました。 「あなたの息子がアメフト選手のトラビス・ルドルフ選手とランチたべてるわよ!!」 ルドルフ選手は現在NFL(プロアメリカンフットボールリーグ)の選手。2016年当時フロリダ大学のアメフト選手でした。 「え?誰かしら・・・」ルドルフ選手が地元の有名人であることを知りませんでした。 添付されたいた写真を確認してみると・・・そこには、クラスメイトから離れ、一人でランチを食べる息子の向かい側でランチを食べるルドルフ選手がいました。 それを見た母は、状況を悟り、涙を流しました。 「ありがとう、、ありがとうございます・・・」自閉症の息子が、今日一日だけでも、誰かと会話しながらランチを食べることができた・・・それはリーさんにとって特別なことでした。 「一人ぼっちの息子を見て通りすぎることだって出来たのに・・・」

Read more

【危険すぎる流行】「バードボックスチャレンジ」で目隠し運転した17歳少女が衝突事故!

目隠し運転で衝突事故 1月7日、米ユタ州で17歳の少女が運転する車が車線をはみ出し、走行中の車や電柱に衝突するという事故が起きた。 幸いにも、少女と16歳の同乗者、その他にも怪我人はなかったというが、警察の発表は耳を疑うものだった。 Bird Box Challenge while driving…predictable result. This happened on Monday as a result of the driver covering her eyes while driving on

Read more

韓国のおかしな言い分を3Dモデルで検証した結果、嘘と判明

韓国が公開した証拠はどうも疑わしい。ネット上では多くの人が画像を分析し、その裏を見抜こうとしている。この記事では2つの検証結果を紹介したい。 韓国は嘘をついている。 まず1つ目の検証。韓国の言う通り、高度200フィート(60m)という前提で海面を再現してみた。 韓国が公開した画像と照らし合わせると、本当は海面が入るはず…。つまり実際には哨戒機はもっと高く飛んでいたことになる。 検証2つ目。では次に自衛隊が発表した数値「高度150m、距離1,000m」を元にして3Dモデルで当時の状況を再現してみよう。こちらは5ちゃんねるユーザーが作成したもの。 ※P-3哨戒機の3Dモデルは(http://diagraph01.net/MMD_models/)を参照。 左側の上下2枚が3Dモデルでつくったものだ。写り込んでいる棒の太さは違うが、そこは重要ではないので気にしないとして、哨戒機の大きさや海面が映らない点はまさに韓国の写真と同じになった。 ▼韓国が公開した証拠画像。 以上2つを総合して考えるに哨戒機は本当は自衛隊の言う通り高度150mで飛行していたのに、韓国が無理にいちゃもんをつけたということなのだろう。 韓国も本当は海面を写さないと証拠にならないことは理解しているのだが、トリミングしないと嘘がばれてしまうし、映像を公開しても嘘がばれてしまう。苦肉の策にとった行動が決定打にならない断片的な情報を公開することだった。 ちなみに高度60〜70mというのはこれぐらいの高さ。 韓国はこのような迫力ある写真か動画を見せてくると思ったのだが、いざ公開された写真を見ると遠くのほうにぽつんと写っているだけで拍子抜けしてしまった。こんなことで「威嚇された!」と大騒ぎするのは被害妄想でしかない。 

Read more