【リベンジ】宅急便泥棒VS超有能エンジニア!荷物を盗んでいく不届きものに”キラキララメ爆弾”を仕掛ける!

ラメが爆発し犯人呆然 アマゾンからくる、「間もなく到着します」のメール。アメリカではこうした荷物は、不在時には家の前に置かれることが多い。そのため、ウキウキしながら待ってても「あれっ!?荷物が消えてる!!」なんてことが珍しくない。 アマゾンのサポートに訴えて再発送なんて手もあるが、ほとんどが犯人不明で泣き寝入り。アメリカではこうした泥棒は「ポーチパイレーツ(ポーチ海賊)」と呼ばれているのだとか。 そんな不届きものに仕返しをしようと、あるエンジニアが立ち上がった! 彼の名は、アメリカのテック系Youtuber、マーク・ロバーさん。 機械工学で博士号を取得後、NASAで9年間働いていたというバリバリのエンジニアだ。edamame.では過去にも、誰が投げてもダーツが真ん中に刺さるダーツボードを開発した人として紹介したことがある。 ロバーさんが今回制作したのは、キラキララメ爆弾。 制作のきっかけとなったのは、7か月前、通りがかりの夫婦の片割れに、家の前においてあった荷物を盗まれたこと。 警察にも通報したというが、監視カメラにはっきりと証拠が残っていたにも関わらず、相手にしてくれなかったという。 しかし、彼は黙っちゃいない。技術をフル活用し、彼らに復讐を計画する! 開発はスケッチから始まり、CADによる設計、プログラミング、テストを経て・・・、6か月後、遂に完成。卑しいヤツらがすぐ欲しがるだろうAppleのホームスピーカーに擬態している。 中に入っているのは、監視用のスマートフォン4台と、半導体、3Dプリンターで作った外殻が。開けようとすると、中に入っていた装置が起動し、めちゃくちゃ臭いオナラスプレーと、キラッキラのラメが一気にまき散らされる仕様となっている。 こうして設置された荷物はすぐさま盗まれ、次々と不届き者が痛い目にあっていく。 「なんだよこれは…クッソ!この野郎、見ろよ、俺の車が!」「何だこの匂い…くっさ!窓開けろ!(爆笑)全部捨ててけ!」といった反応が超シュール。 極め付けには、部屋で開けた男のベッドの上にラメがまき散らされ、茫然自失となる姿が。粛々と掃除機をかけ、分解しようとしている部分からは悲壮感が漂う。 これをみた多くの人たちが「あっはっは!これによって犯人がマークされると良いな!」「かゆくなる粉にかえたらもっと脅威になるだろうな」といった称賛の声が上がっていた。 今回の動画にて、モラルのないヤツらがいなくなればいいものだ。 

Read more

【絶対絶命】誰もいないゴールに放たれたシュートを止めたのは…

もうどうしようもない…絶対絶命だ… マンガや映画なんかでは窮地に追い込まれたのが主人公なら、誰かしら救世主が助けに来てくれる。 先日、サッカー・アルゼンチンリーグの試合で出た、救世主のスーパーセーブが話題となっている。 ベルグラーノとフベントゥというチームが争う試合。 ベルグラーノのゴールキーパーがボールを両手でキャッチ。そして、ロングパス!しようとしたのだが、すぐ近くにいた相手のフベントゥの選手に当たってしまい失敗。そしてそのままゴールにシュートを放たれる。 ああ…これは決まったな。両チームのプレイヤー、ファンがそう思う中…誰もいないはずのゴールを守る救世主が現れた!! こちらの動画にその救世主が映っている。 Este arquero es un perro. Literal. ¿A quién te hace acordar? pic.twitter.com/4JFj0HFHtP — ESPN Fútbol Club Argentina (@ESPNFCarg)

Read more

【ささやかな願い】5歳の女の子が描いたとみられる120年前の”サンタへのお手紙”が発見される!

120年前の小さな女の子の願い 今から120年前のイギリスは、ヴィクトリア朝の全盛期。 映画やドラマから想像してしまう華やかな上流階級とは対照的に、庶民は厳しい生活を余儀なくされており、当時は現代とは比にならないほど物資が少なかった。 このたび、そんな時代を生きていた5歳の女の子が書いたとみられる「サンタへの手紙」が発見された。 ICYMI: A letter written to Santa 120 years ago has gone on display in a shop in #Canterbury #kmfmnews https://t.co/qv7zviyZOb pic.twitter.com/j5WKKdhxIT

Read more

【感涙】亡くなった87歳男性がお隣の2歳女児に残したのは14年分のクリスマスプレゼントだった…

クリスマスまであと少し。恋人や家族で過ごす特別な時間を待ちわびている人も多いだろう。 そんなクリスマスを目前に他界してしまった高齢男性のある行動が、いま世界中で感動をよんでいる。 隣人の死後に届いた14年分のプレゼント 12月17日、英ウェールズ在住のオーウェン・ウィリアムズさんがこんなツイートをした。 Our elderly neighbour passed away recently. His daughter popped round a few moments ago clutching a large plastic sack. In the

Read more

驚異的な身体能力が可能にしたアメフト選手たちの連携プレーがすごすぎると話題に!

絶対に出させない…! スポーツでは、ボールがラインを越えて外のエリアに出てしまうと、プレイが止まったり、相手側にボールが渡ってしまったりすることがある。場合によっては、そのプレイから相手の得点に結びつくこともある。 先日行われたアメリカンフットボールの試合で、なんとしてもボールを出させたくない選手たちが見せたプレイが話題となっている。 そのプレイがこちら。 SPECIAL TEAMS SUPERHEROES pic.twitter.com/yQHJ6JfmXN — Pete Blackburn (@PeteBlackburn) December 16, 2018 すっげえ…身体能力たけえ… 驚愕の連携プレイ このプレイを見せたのは、ニューイングランド・ペイトリオッツというチームの選手たち。 今にもボールがラインを越えそうというときに、一人の選手が飛び出してボールを空中に高く上げる。そのボールを別の選手がエリア内に戻し、さらに別の選手がキャッチ! 個々の身体能力、ボールに対する執念、そしてチームとしての連携の力がなせる技である。 なお、このプレイを見せたペイトリオッツは相手チーム、ピッツバーグ・スティーラーズに敗北している。残念…!  

Read more

【握りこぶし】拳の握り方であなたの性格が分かる

握りこぶし(グー)を作るとき…それは怒っているときや、ストレスがたまっているとき、イライラしているとき、あるいはジャン拳をしているときなどでしょうか?ボクサーじゃあるまいし、自分がどんな拳の握り方をしているかなんて考えたことない人が多いと思います。 でもそのこぶしの握り方を見るだけで、その人の性格が分かってしまうんだとか。今日は、自分のこぶしに少し注目してみましょう。 1. 周りの人から見たあなた: この握りこぶしの持ち主は、創造性が豊かな一面を持っています。頭の回転が早く、表現力も豊か。感受性が高く、環境の変化には素早く反応します。芸術関係で才覚を表すことが多いのもこのタイプです。しかし傷つきやすいため、慎重になってしまうことが多く、心配事が尽きません。とても賢く、調和と正義を大切にする一方、自分の思惑に沿って他人を動かすことも得意です。 本当のあなた: つねに落ち着いていたいと願うこのタイプは、心が優しく、人を傷つけることを恐れ、言い返すのを抑えてしまうような人物です。人付き合いも良く、愛想が良くて人からも好かれますが、一番大切なのは「自由」です。自らの道を歩むことを求めてます。少数の親友さえいれば満足できるタイプです。 恋愛: ドラマチックな恋愛は好みません。普段からリラックスした落ち着いた環境を求め、それは恋愛に置いても同じ。一番の弱みは、同情心が強すぎること。どんなに深く傷つけられても、相手をすぐに許してしまう傾向があります。 2. 周りの人から見たあなた この握りこぶしの持ち主は、創造力や才能がにじみ出ているようなタイプです。とても魅力的で、社交的な人が多く、友達も簡単に作ることができます。気前が良く、賢く、自信に満ちているため、よく注目されます。「力」を重視する傾向があり、それを手に入れるための努力を惜しみません。しかし同時に、柔軟性もあり、さりげない気遣いができるタイプでもあります。 本当のあなた 心の奥ではとても繊細。さまざまなことにチャレンジする一方、いつも傷つくことを恐れています。これは物事に対する期待と失敗を恐れる気持が強いためです。周りからの評価や励ましをいつも必要としています。でも近くに自分を理解し、深く愛してくれる人さえいれば簡単に幸せな気持ちになることができます。 恋愛 何かと勘ぐることが多く、考え過ぎ。過去の辛い記憶に捕われていて新しい恋愛に躊躇してしまうことも。誰かに近づきたい気持ちがありながら、近づく・近づかれることへの恐怖心を抱えているため、相手からの愛情を強く感じるほど、捨てられてしまうのではないかと心配してしまいます。がっついていると感じられたくないため、強がってクールを装ってしまいがちなのも、このタイプ。 3. 周りの人から見たあなた 創造力が豊かで直感が鋭いのがこのタイプです。好奇心旺盛で冒険心に溢れています。とても繊細で、親切心に溢れ、人を助けるのが好きですが、つねに自信の無さからくる不安を抱えています。やる気に満ちているように見え、実は自分が興味のあることにしか本気で取り組めません。人を笑わせるのが得意で、自分のことを笑うことができのもこのタイプです。 本当のあなた 安心を求め、周りの人たちにも誠実さを求めます。人に認められたい気持ちが強く、人に優しすぎることもあり、利用されてしまうことも。噓・偽りを嫌い、そういう人がいる時にはすぐ気がつきます。また、自分にとって良い影響をもたらす人、悪い影響をもたらす人をすぐに見分けることができるタイプです。 恋愛 本心を上手く言うことができないため、本当は「密かに」深い愛を抱いていても相手に気づいてもらえないことも。気持ちには正直ですが、自分のことについて多くを語ろうとはしません。怒りたい場面でも、自分の気持ちを押さる傾向があります。とても心優しく、「自分勝手」とは到底かけ離れたタイプです。 面白いですね。あなたのこぶしはどうでしたか? 

Read more

【炎上】ファーウェイ擁護のモーニングショー、ファーウェイのCMを流していた

情報管理の安全性が疑われるHUAWEI(ファーウェイ)についてモーニングショー(テレビ朝日)が不自然な擁護を行う中で、ファーウェイのCMを流していたことが分かった。 放送を観ている人が一斉にツッコミを入れる。 残念ながら動画は入手できなかったが、キャプチャ画像と複数人の証言が手に入った。時系列で紹介していきたい。 8:34、羽鳥慎一モーニングショーはファーウェイの話題を大々的に取り上げた。パネルに孟晩舟CFOの顔が多数確認できる。 ところが8:56にファーウェイのCMが流れる。 放送を観ている人たちはTwitterで「スポンサーかよ」と一斉にツッコミを入れた。 9:04、玉川徹氏(報道局コメンテーター室解説委員)が「(ファーウェイを排除はとんでもない!)中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ!」と奇妙な主張をする。 ファーウェイの特集で中国擁護を連発した玉川徹さん。最後のコメントは「中国がアジアの覇権国になった時に日本はどうするんだ。アメリカとも中国とも上手くやれるのか。選択を迫られる」と。あの中国を選択肢に入れるとは。普段「人権ガー」「独裁ガー」とガーガーうるさいだけのことはあります(笑) pic.twitter.com/rSixQWx4xF — 雨雲 (@N74580626) December 13, 2018 この発言はあまりにも不自然で変な主張だと炎上。netgeekでも記事にした。 前回の記事:玉川徹「ファーウェイ排除!?中国がアジアの覇権国になったとき日本はどうするんだ」 しかしその裏にまさかファーウェイがスポンサーとなってお金を出していた実態があったとは…。この番組は要するにファーウェイがお金を出してつくらせたファーウェイの宣伝コーナーだったのだ。 テレビ局にとってお金を出してくれるスポンサー様は絶対的な存在であり、逆らうことはできない。 報道機関が真実を伝える信念を捨ててファーウェイを擁護したということで、これはもはや視聴者を騙したも同然だろう。 しかし真実を知ることができるインターネットがあってよかった。ネットがなければこの問題は闇に葬りさられていたに違いない。 あわせて読みたい→ファーウェイが新聞に大規模広告 「新聞社への口封じの賄賂」という見解も 

Read more

【ナヴォイ劇場の奇跡】457人の名もなき日本兵捕虜が建てたシルクロードのオペラハウス

皆さんは、中央アジアの国ウズベキスタンのことをどれだけ知っているでしょうか。国名を聞いたことはあっても、深く知っている人は少ないのではないでしょうか。シルクロードのど真ん中に位置するこの国の首都タシュケントには、華麗なオペラハウスがそびえ立っています。その名もナヴォイ劇場。その劇場の左壁のプレートには、日本語の文字がしっかりと刻まれています。しかし一体、なぜ?実は遠い遠いウズベキスタンの人々にとって、日本はとても大切な国だったのです。その陰には、457人の名もなき日本人捕虜がいました。 1945年8月15日、日本は敗戦を迎えました。その際、約60万もの人々がシベリアに強制連行され、捕虜となりました…シベリア抑留です。当時ソ連の一部だったウズベキスタンでも、約2万5千人もの日本人が強制労働を課せられました。労働環境は劣悪そのものでした。猛烈な寒さに加え、飢餓、シラミ、そして現地人からの差別…その過酷さは、わずか2年で813名もの死者が出たという数字を見ても、容易にうかがい知ることができます。 永田行夫元陸軍技術大尉率いる457人からなる「タシュケント第四ラーゲリー隊」もまた、強制労働に従事させられていました。隊長の永田氏は当時25歳。彼らに課された任務、それはソ連共産党の威信を示すためのオペラハウス「ナヴォイ劇場」の建設でした。戦争が終わり、ようやく帰国できると思っていた日本人捕虜たちにとって、その任務は地獄そのものでした。いつ帰れるか分からない先の見えない状況に、多くの人が生きる希望すら失いかけたに違いありません。しかし隊長の永田氏は、こんな時こそ日本人ならではの和、結束を見出すべき時だと隊員を鼓舞し、2年以内に劇場を完成させ、みんなで日本の桜をもう一度見ようと約束します。 そんな経緯で、過酷な労働環境の中でも、日本人は実直勤勉に仕事に取り組みます。日本人があまりにも時間に正確なので、日本人が仕事場に向かう下駄の音を目覚まし時計代わりにしていたウズベク人もいたと言われています。そして日本人のことを「ナチスの同類」と言い差別してきたウズベク人の心にも、次第に変化が現れます。自らが罰せられるリスクを冒してでも、日本人に食べ物を分け与えるウズベク人もいたそうです。 そして1947年、開始から実に2年の時を経て、ナヴォイ劇場は完成しました。優に3年はかかるであろうと言われていた工程でしたが、想定を大幅に上回るスピードで日本人は建設を完了させたのです。壮観な外観、繊細な内装は、世界最高峰のオペラハウスと呼ぶにふさわしいものでした。永田氏率いるラーゲリー隊は、過酷な環境下でもわずか2名の犠牲者を出したのみで、永田氏を含む455名は無事に日本に帰国することができたのです。 奇跡はこれだけではありませんでした。1966年4月26日、タシュケント大地震がウズベキスタンを襲います。マグニチュードこそ5.0と大きくはありませんでしたが、余震が1000回以上続いたため、首都タシュケントに甚大な被害がもたらされました。建物の実に3分の2、78,000棟が崩壊するという壊滅的状況の中、そこには全く無傷で凛と立つナヴォイ劇場の姿がありました。ナヴォイ劇場は避難場所として機能し、多くの命を救うことになります。この奇跡を目の当たりにしたウズベク人たちは、日本人の仕事に尊敬の眼差しを注いだと言います。 このエピソードは、メディアや書籍でも幾度か紹介されているため、ご存知の方もいるかもしれません。今でもなお、ウズベキスタンでは、子供は母親から「日本人のように勤勉になりなさい」と教えられるそうです。日本から遠く離れた、シルクロードのど真ん中で日本人が密かに尊敬を集めている背後には、名もなき457人の日本人の姿がありました。私たちも、過去にそんな偉大な人たちがいたということを時には思い出し、その素晴らしい心を次に繋いでいきたいものですね。 

Read more

レストランでの最悪なサービスに100ドルのチップを残していったカップル

アメリカのアイオワ州、シーダーラピッズのマッケンジーとスティーブンのシュルツ夫妻は、ある晩食事に出かけた際、レストランのひどいサービスに少し驚いてしまいました。 注文してから食事が出てくるまで1時間以上もかかったのです。周りに座っていた客も怒り心頭な様子で、多くは料理が出てくるのを待たずに店を出て行ってしまいました。 しかし、マッケンジーとスティーブンは食事を済ませた後にテーブルに100ドルのチップを残したというのです。一体なぜ? It's earrrrrly but we are SO excited for this trip! Can't wait to see everyone in FL and on the ship!!! #ItWorksCruise

Read more

「神様、お願い。7日間の元気な時間をください」52年間連れ添った妻に先立たれた71歳の男性の投書に涙が止まらない

大切な誰かを残して先立たねばならないとき、人は何を切に願うのでしょうか? 3月9日付の朝日新聞に載った投書がTwitterで話題を集めています。 みんなにこれを……! pic.twitter.com/b6L327r90Q — P.P. ピンカートン (@p_p_pinkerton) March 9, 2018 妻が願った最期の「七日間」 1月中旬、妻容子が他界しました。入院ベッドの枕元のノートに「七日間」と題した詩を残して。 《神様お願い この病室から抜け出して 七日間の元気な時間をください 一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい あなたが好きな餃子や肉味噌 カレーもシチューも冷凍しておくわ》 妻は昨年11月、突然の入院となりました。すぐ帰るつもりで、身の回りのことを何も片付けずに。そのまま帰らぬ人となりました。 詩の中で妻は二日目、織りかけのマフラーなど趣味の手芸を存分に楽しむ。三日目に身の回りを片付け、四日目は愛犬を連れて私とドライブに行く。 《箱根がいいかな 思い出の公園手つなぎ歩く》 五日目、ケーキとプレゼントを11個用意して子と孫の誕生日会を開く。六日目は友達と女子会でカラオケに行くのだ。そして七日目。 《あなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ 大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう》 妻の願いは届いませんでした。詩の最期の場面を除いて。 《私はあなたに手を執られながら 静かに静かに時の来るのを待つわ》 容子。2人の52年間、ありがとう。

Read more