【ズボンとは】2018年・LA発最新ダメージジーンズがダメージ受け過ぎててズボンの概念を覆す!!

最新ジーンズがシースルー過ぎる!
ジーンズ界ではすっかりお馴染みとなっているダメージジーンズ。膝だけボロボロになっているデザインはもちろん、ちょっと大胆なダメージを刻み込ませたり・・・時代に合わせて様々な進化をしてきた。

そんなダメージジーンズがこの度、みんなの憧れロサンゼルスで超次元の進化を遂げて登場した。

彗星のごとく現れたその商品は、約18,300円(168ドル)というお値段でありながらも人々の注目を集め、速攻で売り切れになったという。オシャレに敏感な女子にとって、どれほど魅力的なデザインなのか気になって仕方ないのではないだろうか・・・!?

早速ご覧いただこう!コチラがLA発最新ダメージジーンズだッ!!

ファッ!?

ジーンズの定義を覆すレベルにまでダメージを受けてしまっているではないか!!馬にでも引きずられたのかと思うレベルで布面積が少ない。

このジーンズを発売したのは、ロサンゼルスのデニム専門店「カーマ―デニム」。この商品は、「エクストリーム・カット・アウト・パンツ」という名前で売られている。

直訳すると究極切りっぱなしパンツという意味だが、もうパンツとしての役割を果たしていない気がする。

View this post on Instagram

BRING IT ON 💥 #day2 #carmardenim #saturdaze

A post shared by CARMAR Denim (@carmardenim) on

隣に並ばれて、半裸の男性モデルさんも気がそぞろになってしまうのも無理はないだろう。どこか通販失敗の記事を彷彿とする。

普通に単体で見たらダサいこと間違いなしではあるが、オシャレでスタイルが良くてモデルが可愛ければなんでも素敵に映えてしまうのだろう。シンデレラのガラスの靴のごとく、美女にこれを履かせてもなお美しければ、本物の美女なのである。

なお、バックスタイルはTバック状態になるため、おシリは丸見え。プリプリに鍛え上げられた人間にしか履くことは許されないのである。

販売元の公式サイトでは「楽に履けるし、フィットしますよ!」という売り文句が描かれていたというが、公共の場ではさすがにリラックスして履くことはできないだろう。通報されること間違いなし。

・・・とはいえ、上の写真のスタイルの様に、ビーチで水着になったうえでこのズボンを合わせたらオシャレにみえなくもないかもしれない。

水着のまま海沿いを歩くのは微妙に気がひけるし、今すぐ海に入れるような身軽な格好でいたい・・・という時に、もしかしたら需要があるかもしれない。

既に完売しているということは、この世のどこかに「こういうのが欲しかったの!」とツボにはまった女性がいたということである。