化粧品には想像以上に多くの細菌が付着しているかもしれない。使用期限をよく見て!

食べ物を食べる時「あ、賞味期限大丈夫だったかな?」と気にする人は多いもの。しかし、他のものに関してはどうでしょう?みなさんが普段何気無く使っているものの中には、実は「使用期限」が存在しているものがあります。 そして、それを意識しないと、健康に大きなリスクをもたらすかもしれないのです。

口紅やリップグロス、アイライナー等、化粧品の中にはすぐに使い切れないものもあり、使用頻度が低いものなどは特に、長い間使い続けているという人も多いでしょう。しかし、開封済みで使いかけの化粧品のほとんどが「高いレベルで病原性の細菌によって汚染されている」という研究論文が発表され、物議を醸しています。

アストン大学 の生物医学者であるアムリーン・バシール氏とピーター・ランバート氏のチームによる研究で、96個の口紅、92個のアイライナー、93個のマスカラ、107個のリップグロス、79個のパフ(メイク用スポンジ)の細菌汚染度を調査したところ、なんと開封済み製品の70~90%が危険なレベルで細菌に汚染されていたことが明らかになうったそうです。

また、チームが調査対象の化粧品を使用した人たちの化粧習慣をアンケートで確認すると、化粧品自体に問題があるのではなく「使い方に問題があったために化粧品の細菌汚染が起こっている」ということも明らかになりました。

すべての化粧品には「使用期限」があり、製品に含まれる防腐成分が化粧品を細菌汚染から守る期限を示しています。ですから、化粧品の使用期限が切れてしまうと、防腐効果が失われ、雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。実際今回の研究で発見された細菌の中には、 黄色ブドウ球菌や病原性大腸菌 、 シトロバクターなどの危険な腸内細菌も含まれていたそうです。

研究を行なったアストン・バシール氏は、「化粧に使う道具は定期的によく洗い、完全に乾かして除菌するべき。そして、使用期限を過ぎたコスメの危険性をよく理解することが、消費者にとっても化粧品業界にとっても重要だ」とコメントを残しています。

普段あまり意識することのない化粧品の使用期限。しかしそこに大きなリスクが潜んでいると認識することが重要です。