【錯覚】タイでは横断歩道が浮かんで見える!?交通事故対策にボランティア団体が奮闘中!

12月1日より、日本では「ながら運転」の厳罰化が施行されたのはみなさまご存知のことだろう。スマホ操作などをしながら運転することが原因で、多発している事故を防ぐことが狙いである。

そんななか、タイでの交通事故対策が話題となっているという。

交通事故対策に「浮かぶ横断歩道」
それがこちら。

横断歩道が浮かんでる!?

これはタイの首都バンコクで撮影された映像だ。動画を見てお分かりの通り、これは目の錯覚を利用して横断歩道を浮かんで見えるようにしたものである。

タイでは、約9割の人が横断歩道を渡るときに身の危険を感じたことがあるとアンケートに答えており、横断歩道を無視するドライバーが後を絶たないという。そこでドライバーたちの目を引きつけるような「浮かぶ横断歩道」の製作を思いついたんだとか。

精力的に活動しているボランティア団体は、現在までに6ヶ所の横断歩道で塗装を完成させており、近いうちに3ヶ所で導入する予定だという。彼らの努力が実を結び、交通事故が減ることを願いたい。