川に浮かぶ巨大なモップ|何かと思ったらドレッドヘアを持つ巨大な犬だった

世の中には私たちが予想だにしない生物が未だ数多く存在すると言われています。そんな未知との遭遇は特別な状況下だけでなく、実は日常の中にも存在するもの。 そんな思いもよらない未確認物体、案外身近なあるものだったりするのです。

川に浮かぶ白いモップのような巨大な物体。ふわふわ〜と流れている姿が何やら怪しげ…

このまま流れていくのかと思いきや急に先端部分がモリッ!

ヒッ!こっちに向かってきた

このモップの正体は実はなんと「コモンドール」という犬。川に浮かぶ姿はまるで巨大なモップ。実際に泳ぐ動画がこちら。犬だと知らずに見ると、動く姿がちょっと不気味…

このコモンドール、ハンガリーが原産の犬種でその特徴はこのモップのようなドレッドヘア。ドレッド(モップ)具合がよくわがる画像がこちら。

View this post on Instagram

Grooming 💈

A post shared by Komondor HANGA Kaunas (@komondorhanga) on

もはやどこが頭で足で尻尾かわからない。顔はどこ?

こちらは2匹いるらしい画像。

仔犬の頃はよく見る犬の姿。2年程かけてこのドレッドヘアになるそう。

犬界の中でも群を抜いて個性的なこのコモンドール。その特徴的な毛質から管理がデリケートなため日本では飼育が難しく、かなり少ない数の頭数しかいないそうです。生で拝める機会は少ないかもしれませんが、この犬が道で座っていたらモップと思ってしまうこと間違いなし。こんな個性的な犬がいたなんて、身近と思っていた犬の世界、まだまだ奥深いですね。