病気になってしまった父。入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真。時が経ち写真の裏を見て涙が流れた・・・

大切な人と過ごす時間や写真、当たり前のような日々は決して当たり前ではないということを考えさせられるエピソードに涙が溢れます・・・

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。

見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて

それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。

俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、

母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。

当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。

母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は

特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と

ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり

無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、

まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、

人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。

祖父、祖母、母、妹、俺・・・。

その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、

崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。

平常心を保っているように見えたお父さんも色々なことを思っていたんでしょう。

どんな気持ちだったのかと想像するだけで涙が溢れますね。

お父さんの精一杯のありがとうが心に刺さります。