この髪の長い子は実は『男の子』。イジメに耐えながら2年にわたりなぜ伸ばし続けたのか?驚きのその理由に胸が熱くなる!

パッと見、女の子に見える写真の
この子はChristian McPhilamyという
名前の8歳の男の子。

とてもきれいなブロンズヘアーを
6歳のころから2年にわたって
伸ばし続けたのです。

その過程において、同級生からは
「女の子!」と呼ばれていじめられた
時期もありました。

しかし彼は、イジメにも耐え
自分の髪を伸ばし続けたのです。

なぜなら、彼には心に決めた
ある目標があったからなんです。

その目標とは・・・

きっかけは6歳の時に見たテレビの
CMでした。

CMは、ガンに悩まされる子どもたちが、
抗がん剤治療の副作用で髪の毛が
抜けてしまっていることを知らせるものでした。

そしてそのCMにはこんなメッセージが・・

「子どもたちへ無料でカツラを提供
するために、髪の毛の寄付をお願いします」

このメッセージを見てChristianくんは
自分の髪の毛を寄付すると決めたのでした。

しかし当時の彼の髪の毛は短髪。
カツラを提供できる長さにするには
伸ばすより他、手段はありませんでした。

息子のちょっと変わった行動に
対してお母さんは、

「この子は、一度目標を決めたら
それを成し遂げるまで、絶対に曲げません。

だから私は、息子の夢を応援して
あげることに決めたんです。だって、
とても素敵なことでしょう」

と語っています。通りすがりの人に
「娘さん?」と聞かれても動じることなく、
なんてことない対応をして、彼を
サポートしてきました。

そしていよいよ髪を切るとき、
Christianくんは

「いじめられるのは、もちろんイヤだったよ!
だけどガンの子たちに僕の髪を
使って欲しかったから、ずっと伸ばし
続けてきたんだ!」

と語りました。

髪の毛は無事「childrenwithhairloss」に
寄付され、サイトで彼の行動が公表
されるやいなや、多くの大人たちに
驚きと尊敬を与え、たちまちニュースや
ネットで話題になったそうです。

とても6歳の少年が決断したこととは
思えません。しかもとても強い
意志に驚かせれます。

何でもすぐに諦めがちの私も
多く見習うところがあり、脱帽です。

そして澄み切るほど純粋な
彼の優しさに心が熱くなりました。