【狂気】ノルウェー発!デスダイビング世界選手権の映像がヤバすぎる!

派手なアクションで腹から着水するヤバイ飛込み競技「デスダイビング」!
デスダイビングは、1960年代ノルウェー、オスロの公共プールで子供たちがやっていた遊びに端を発するエクストリーム・スポーツだ!

毎年夏に世界選手権が行われているのだが、その命知らずなパフォーマンスがヤバイ!

さっそく動画を見ていただこう!

高さ10mの飛び込み台から飛ぶのだが、普通の飛込競技とは異なる。

派手に飛んで、腹から着水し、水しぶきを上げる!

判定は、スピード、ジャンプの高さと強さ、独創性、水しぶきの上がり方などが基準となる。

派手な着水で、観客も大盛り上がり!

着水の瞬間、実況が「オ、オォ~。」と痛そうな感じを出してくれる。