納棺師の男性がお仕事中、思わず涙してしまった理由に心が震える・・・。

映画「おくりびと」で話題になった納棺師。

亡くなった方を棺に収めるためにお着物を着せたり様々な作業を行います。

ご家族に寄り添い、旅立ちの準備を進めるという

とても大切な役割を担っている職業ですね。

そんなお仕事をされている、納棺師である木村さんのツイートに

大変注目が集まっています。

木村さんがいつものようにお仕事をしていると

こんな出来事があったんだそうです・・・

Twitterでの反応は・・?

泣かないのがプロという教えをされている方が多いようですが

遺族の立場だったらコメントにもあったように

泣かないのがプロならば、私は泣いてくださる素人に頼みたい。

こう思われる方も多い気がします。

木村さんがおっしゃっているように不快に思われる、妨げになる

などのことがなければ人として関わってもらえたら

少しは辛く悲しい気持ちも救われたりするものですよね。