【泣ける】神風特攻隊の兄が幼い妹に送った手紙が胸に刺さる・・・

みなさん「神風特攻隊」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

第二次世界大戦で大日本帝国海軍によって編成された爆装体当たり攻撃隊のことです。

命じられたものは、ただただ敵の艦船をめがけ体当たりし、生きて帰ってくることは出来ません。

そんな特攻隊の1人が幼い妹に宛てた手紙が泣けてくると話題になっているので紹介したいと思います。

両親を失い、兄妹二人だけとなった
大石清(おおいしきよし)伍長。

特攻隊員となり、出撃する前に
親戚に預けた妹に書き残したという
『静(せい)ちゃんへの手紙』

有名なお話ですのでご存知の方も
いらっしゃるかと思います。

当時17~18歳位かと思われるこの青年、
どんな気持ちでこの手紙を書いたのでしょうか・・・

両親も亡くし、たった一人になってしまう妹を
思う気持ちに胸が痛みます・・・

私たちが今日こうして平和に生きていけるのも、こんな形で戦場に散った方々のお陰なのでしょう。

改めて平和な世の中に感謝しつつ、この平和を守っていきたいと思いました。