“アベノマスク”廃棄に6000万円 → 立憲・小川議員「責任を問われる人はただのひとりもいないのか」

小川淳也議員のツイート

一連の事態、責任を問われる人はただのひとりもいないのか。

小川淳也

小川 淳也は、日本の政治家、元自治・総務官僚。立憲民主党所属の衆議院議員。立憲民主党政務調査会長。立憲民主党香川県連代表。総務大臣政務官、旧立憲民主党代表特別補佐などを歴任。
生年月日: 1971年4月18日 (年齢 50歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

いねぇだろ

国会議員が問題視する内容?他にやることあるんじゃないの?

あの頃はマスクがない!マスクがない!とマスコミにあおられて日本社会全体が集団ヒステリー状態となっており、それを鎮静化させるためのものだった事を考慮に入れるべきでは?それともあのままマスク不足解消まで放置することが最善の策だったと言うつもりですか?

国会議員であるあなたも。その当時立民は何を国民の為にしてくれましたか?提案や批判以外。このマスクの効果は決して少なくありません。心理的安心感も大きいです。そしてその後保管してあるものの使い道、使ってくれる人を募るなど提案し実行しようとしましたか?結局立民は変わらぬ批判垂れ。

そういえば共闘で共倒した共産党は責任とって委員長交代してませんよね!

じゃあ民主党政権の失政の責任をお前とれよ 低株価で倒産身売り大損した人に賠償しろよ 就職難で就職できなかった人に賠償しろよ

当時、街中マスクを探してもどこにもなくネットで一箱5000円で買っていたがマスク配布を発表した途端にレジ前に山積みになっていた とてもありがたかった 感謝してますけどなにか

出典 https://sn-jp.com/