【これは知らなかった!】乾電池が古いか新しいかを一瞬で見分ける方法!

乾電池が古いか新しいか、どうやって判断していますか?
いちいちテスターにかけていますか?

テスターにかけるのが一番間違いはないんでしょうが、そんな事よりもっと簡単に、しかも一瞬で見分ける方法があります。

まずは片方の乾電池を持ちます。プラス側を上、マイナス側を下に向けます。
軽く上に持ち上げて手をはなします。

少し上から落とすと、あっさり倒れました。これは古い乾電池です。

次に、もう片方の乾電池も同じようにして少し上から落とします。

見事に立ちました!着地成功です。これは新しい乾電池です!

それでは、乾電池が立つか立たないかを見るだけで、なぜ新品かどうかが分かるのでしょうか?

新品の乾電池はマイナス面が平らです。一方で、古い乾電池はマイナス面が少し膨らんでいます。これは、電池内にある物質が電池を使用することで化学反応を起こし、マイナス面を内側から押しだそうとして膨らんでいるのだそうです。

もしくは、電池が満タンの場合は内部がジェル状になっているため跳ね返らず、使い切った電池では内部が硬い砂のようになっているため跳ね返るそうです。

だから、立たなかったんです。いや、立てなかったんです!

ちなみに、これを試すなら単3の乾電池がおすすめです(もともと立ちやすい乾電池で試しても意味がありません)。

▼動画はこちら・・