IOCバッハ会長、テレビでの五輪視聴率の高さに触れ「日本人は大会の開催を受け入れている」

IOCバッハ会長、日本人は五輪を「受け入れている」 テレビ視聴率の高さに触れ(字幕・31日)

▼記事によると…

・国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は30日、ロイターなど報道各社とのインタビューに応じた。

・感染対策について五輪関係者の検査件数はすでに約35万回を数え、そのうち陽性率はわずかに0.02%に過ぎないと述べ、改めて安全性を強調した。

・また日本での大会開催について、テレビでの五輪視聴率の高さに触れ「日本人は大会の開催を非常に受け入れている」との見方を示した。

https://jp.reuters.com/video/watch/idOWjpvC6X43QZ78XCQITBI3S065K1E3Q

トーマス・バッハ

トーマス・バッハは、ドイツの弁護士、元オリンピックフェンシング選手である。1976年モントリオールオリンピックに西ドイツ代表として出場した。第9代国際オリンピック委員会 会長。ドイツオリンピックスポーツ連盟執行委員会元委員。
生年月日: 1953年12月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

受け入れてねぇ

どうでも良いけど、日本人のあなたに対する評価は極最低なので、勝手にご満悦なところも総○やテド○スと同じタイプの異○者と確信しました。

やってれば見るだけ。

どのチャンネルしてもついてるだけだし‥。オリンピックのモラハラを受けてるだけ。

老人はTV観るしかないですからね。その老人がめちゃくちゃ居るのが日本ですし。おすし。

見てないよ。

バッハッハッハ

出典 https://sn-jp.com/