最高裁、夫婦別姓を認めない民法の規定は合憲 → 立憲・安住氏「最高裁決定は時代遅れ」

最高裁決定は時代遅れと立民安住氏

▼記事によると…

・立憲民主党の安住淳国対委員長は23日、夫婦別姓を認めない民法の規定は合憲と判断した最高裁の決定について「時代遅れだ。時代に合った対応を次期衆院選で訴えたい」と記者団に述べた。

https://nordot.app/780322517172879360

安住淳

安住 淳は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。立憲民主党国会対策委員長。 財務大臣、政府税制調査会長、衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣、民主党国会対策委員長、民主党幹事長代行、民主党宮城県連代表、民進党国会対策委員長、民進党代表代行等を歴任した。 父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
生年月日: 1962年1月17日 (年齢 59歳)
安住淳 – Wikipedia

ネット上のコメント

100万年先を走って、もはや人類を追い越してしまった方は違いますねー。

ガソリンプールは常識外れ

流行りすたりで法をいじるなら、真っ先に変えるべきは他にあるわ。

さすが、三権分立をガン無視。本多や石垣に激甘なのも納得。

日本人には当たり前の伝統文化。

国会議員が裁判官に圧力をかけて良いのか?三権分立を脅かしているとしか思えません。恐ろしい世の中になりました!

いやぁぁ。。。立民の方々のお考えは次々世代くらい先取りしすぎていて現代のおいらには理解不能なんですわ。もしかしたら人の世でない時代の先取りかも知れませんしな。

出典 https://sn-jp.com/