やぶ信の「にゃんこ蕎麦」が面白いと話題に

仙台にある蕎麦屋が「蕎麦で猫を再現する」というユニークなメニューを提供している。猫を飼っている人にとっては非常に嬉しいサービスだ。

一目見れば「にゃんこ蕎麦」の意味がすぐに分かるはず。
こちらがやぶ信のにゃんこ蕎麦。玉子と海苔で目が作られており、ネギでヒゲをつくっている。

これで確かに顔に見えるのだから面白い。現在、ネット上ではこの画像が拡散され「そば処居酒屋 やぶ信」(〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目6−13 プラザおおまちビル B1F)はネット上で注目の的になっている。

鰹節と煮干しつき。にゃんこ蕎麦は2月22日までの期間限定メニューで、売上の一部は猫のための寄付に使われる。

猫の顔は色々なパターンがあるようだ。こちらはやぶ信公式Twitterが愛猫ニーナちゃんに似せて作ったバージョン。鼻が魚肉ソーセージで、黒目部分が丸い。

写真を見せれば似せて作ってくれるようだ。店を訪れた人は素晴らしいサプライズ蕎麦を受け取った。

肝心の蕎麦もボリュームたっぷりで美味しそう。にゃんこ蕎麦は「家庭でもつくれそう!」とネット上で盛り上がり、自作のにゃんこ蕎麦の写真をアップする人も出始めている。

▼この記事をシェアする