北海道がマイナス20度を下回って闇堕ち 腹

2月9日、北海道の気温が氷点下20度を下回り、天気予報で見たことのない表示が掲載された。日本中で騒ぎになっている。

黒い…。

どうやら天気予報は氷点下20度で黒くなる仕様だったようだ。大寒波に見舞われた北海道は全地帯が真っ黒になり暗黒の地と化した。去年の夏はとても暑かったのにここまで寒くなるとは…。

道の駅。「日本一寒い街」と電光掲示板でPR。

早朝5時にはほぼマイナス40度を記録していた場所もあった。

参考までに比較基準を用意しておく。

一時的にとはいえ、南極と肩を並べるレベルにまでなったのは驚き。日本列島は一体どうなっているのだろうか…。

あまりにも寒く、ベランダでこんなカップヌードルの芸術作品も作ることができた。

半袖半ズボンの子供を発見。寒そうな表情をしているように見えるのだが…。

こちらは通称ゴーストアップルと呼ばれる珍しい自然現象。リンゴが腐り落ちて氷だけが残る現象だ。

寒さはこれからますます厳しくなっていくかもしれない。ネット上では「松岡修造が海外に行ったのではないか」「救世主として早く戻ってきてほしい」と話題になっている。

▼この記事をシェアする