【なんじゃこれ】グッチの新作セーター9万円が黒人侮辱だと批判され販売中止に!

高級ファッションブランドはフェンディの卑猥なスカーフのように、時に我々が驚くような奇抜なアイデアを世に送り出す。

一般人には想像できないような斬新なデザインはブランドを確立する上で重要かもしれないが、それが人種差別を彷彿させるようなデザインであれば、また話は別である。

ブラックフェイスは黒人侮辱にあたる
日本でも馴染みの深いイタリアの高級ファッションブランド「グッチ」。そのグッチが手がけた9万円のセーターが黒人を侮辱していると物議を醸し、販売中止となった。

そのセーターがこちらだ。

View this post on Instagram

Fashion can’t seem to learn from its mistakes. Back in February 2018, dozens of iterations of the balaclava walked the @gucci runway in Milan. Based on vintage DIY knit ski masks, no one clocked them at the time for having any racist connotations…or maybe they went unnoticed among the layers and layers of styling. Rihanna even wore one version just a couple months later at Coachella. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ Last night though, a knit black turtleneck balaclava with red cut-out lips resembling blackface that wasn’t on the runway, caught twitter’s attention…and Gucci’s almost immediately. Within a few hours, they pulled the sweater from sale and issued an apology. All things considered, it’s probably clear now that these brands are severely lacking the cultural context and knowledge to avoid these same pitfalls. If these global brands are serious about their commitment to increasing corporate diversity, it needs to happen at all levels and departments, not just the creative teams. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ • #gucci #skimask #fashion #knitwear #blackface #blackhistorymonth #luxury #luxurybrand #europeanfashion #turtleneck #balaclava #diy #knittingpattern #vintageknitting #pinterest #pinterestfail #rihanna #milanfashionweek #mfw #mfwss18 #ss18 #dietprada

A post shared by Diet Prada ™ (@diet_prada) on

口元まで覆う黒いセーターは口の部分だけ抜かれ、その周囲は赤く分厚い唇を想像させる。

このデザインが黒人侮辱を意味する「ブラックフェイス」を連想させると批判が殺到したのである。ブラックフェイスとは黒人以外の演者が黒人を演じるために顔を黒塗りにするもので、世界では人種差別行為だとされている。

グッチ側は謝罪し販売を中止することに
これを受け、グッチは公式ツイッターでこう謝罪した。

深く謝罪いたします。そして実店舗とオンライン両方で商品を取り除き販売を中止することを発表します。今回の出来事を通して、社内の多様性を高めていきたいと思います。

近年、プラダの人形が黒人差別だと批判を受け販売中止になったり、D&Gのプロモーション動画で中国人モデルが箸でピザやパスタを食べる様子が公開されたりと、高級ファッションブランドにおける人種差別が問題となっている。

これに対しては「なんでも差別に結びつけすぎ」だという声も多く上がっているが、誰もが納得のいく”正解”を導き出すのは難しいのかもしれない。