自宅待機を無視し帰省、母親が家に入れずテントで過ごさせる → コロナ陽性判明

検査後帰省の息子を母は家に入れずテントへ コロナ陽性判明 阿蘇

▼記事によると…

・熊本県は27日、横浜市で新型コロナウイルスの検査を受けた飲食店員の10代男性=同市=が、同県阿蘇市郡の実家に帰省後に陽性が判明したと発表した。横浜市は男性に自宅待機を指示していたという。

県によると、男性が実家の玄関先で母親に「感染者との濃厚接触があり検査を受けた」と告げると、母親は家に立ち入らせず、敷地内の納屋にテントを張って過ごさせたという。

ポリメラーゼ連鎖反応

ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、polymerase chain reaction, PCR)とは遺伝子検査の手法の1つで、DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して特定のDNA断片を選択的に増殖させる遺伝子増幅技術。PCR法と呼ばれる場合が多い。「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」と英語読みされる場合もある。
ポリメラーゼ連鎖反応 – Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

母は偉かった

お母さん Good job!

PCR検査受けるって事は、なんらかのコロナ症状があるか、クラスターの一員なんだろ。家に入れる訳にはいかんわ。その前に移動してをじゃねーよ。テロリストみたいなもんじゃないか。

検査を受けるくらいの疑いがかかってるのに、何故結果が出る前にウロウロしちゃうかな…。健康診断として検査を受けたわけじゃないでしょうに。

お母さん素晴らしいけど息子なんで移動したん?

ホームシック?このおかんが偉いよ。

母は偉大!!

出典:https://snjpn.net/