高須院長「僕が人生劇場の舞台に立てるのは身を呈して日本を守ろうとして散った英霊の皆様のおかげ」「大村愛知県をリコールするために命をかけます」

高須克弥さんのツイート

僕は空襲下の防空壕で生まれました。

僕が人生劇場の舞台に立てるのは身を呈して日本を守ろうとして散った英霊の皆様のおかげです。

僕はご恩返しとして、英霊を冒涜する見せ物を愛知県の血税を使って支援する大村愛知県をリコールするために命をかけます。

愛知県民の皆さんに僕の心を届かせたいです。

関連ツイート

高須克弥 プロフィール

高須 克彌は、日本の医師。医学博士、昭和大学医学部客員教授、医療法人社団福祉会理事長、高須クリニック院長、浄土真宗僧侶。タレントとしてはオールアウトに所属。 芸能人を中心とした有名人の手術を数多く手がけた。また、格闘技K-1のリングドクターとしても活動した。国際美容外科学会会長および日本美容外科学会会長も務めた。
生年月日:1945年1月22日 (年齢 75歳)
高須克弥 – Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

今の日本人は国すら愛していない。殆どが自分の為ならどこまででも逃げる国民になってしまっている

すべて国とかのためというわけじゃなくて、家族や大切な人や村のため。でしたね。

高須先生ありがとうございます

高須先生を応援します。

お供いたします。私は純日本人ではありませんが、この国を愛しています。我愛する我が国を侮辱する輩に一矢報いたいと思っております。

大阪府民ですが、応援しています!高須先生、頑張って下さい

英霊を冒涜するなんて考えられん。。少なくともこの国に生まれて日本人であるのなら。

出典:https://snjpn.net/