東京の上空に、虹色の雲『環水平アーク』が出現

東京の上空に環水平アークが出現 太陽が高いときに見られる虹色の雲

▼記事によると…

・今日6月26日(金)の関東では、南の空にきれいな虹色の雲が見えているところがある。

・この色づいている雲は、周囲に見える雲よりも高い所にあるとみられる。

・太陽が高く昇っている時間帯にしか見えず、冬場はお目にかかることができない。

2020年6月26日 11時43分
https://news.livedoor.com/article/detail/18477561/

環水平アーク

環水平アークとは、大気光学現象の一種で、太陽の下46度の水平線上の薄雲に虹色の光の帯が見えるもの。水平弧、水平環 とも呼ばれる。大気中の氷晶に太陽光が屈折して起こるもので、太陽高度が58°以上の時にしか出現しない。
環水平アーク – Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

少しどころじゃねえぞ

少しラッキーレベルなのに見た事も聞いた事もない…….

大昔の人達はこれを見て「天変地異の前兆だ!」などと騒いだのだろうか…

こんなの、はじめてみたー。ながいきはするもんだ。

少しラッキーな事はたくさんあるといいです✴思わぬ超ラッキーな事が起こるという事は、まぁまず無いですから。

綺麗だなぁ☺️

生きてる内に一度は見てみたい

出典:https://snjpn.net/