【洗濯機で洗える!】靴にリュックにヨガマット、ペット用ベッドまで!便利な洗濯機活用術

ご存じのように、洗濯機の主な機能は洗濯をすること。でも、衣類やタオル、寝具以外にも、さまざまな日用品が洗濯機で洗えることは意外と知られていません。
この記事では、洗濯機で洗うことができる日用品や雑貨をご紹介します。気に入っている製品を長く大切に使うためにも自宅でお手入れしてみませんか?

1. 靴

スニーカーや上履き、シープスキンのブーツ、スリッパなどの靴は、洗濯機で洗えます。靴底についた泥や小石を歯ブラシなどで先に落として、優しく洗うのがベストです。洗った後は、水をよく切り、靴のなかに新聞紙を入れて、風通しの良い場所に。新聞紙を何度か取り替えれば乾きます。
スニーカーの紐と中敷はあらかじめ外しておきましょう。もちろん、洗濯機で一緒に洗えますよ。シューズ用のネットも市販されています。

(※ シープスキンのブーツは本革のため、洗うと質感が多少変わります。大切なお気に入りの場合は専門のクリーニング店でのクリーニングをお勧めします)

Geneva - Switzerland - 01/11/2009 - So many girls, so many ugg boots! Some love them like their partners!

2. キーボード

キーボード、使っているうちに汚れが目立ってきますよね。もちろん、キーボード本体を洗濯機で洗うことはできませんが、キーボードから取り外し可能なキーは洗濯できます。
キーは必ずランドリーバッグに入れて洗濯してください。新品のように綺麗になります。ただし、洗った後にキーを正しく配置するのがちょっと面倒ですが…。

3. リュックサックや布製バッグ

ジャケットと同じく風雨にさらされているリュックサック。ほぼ毎日使っているにもかかわらず、中にジュースをこぼしたりしない限り、めったに洗濯リストには入れられません。でも実はかなり汚れていますから、こまめに洗ったほうが◎。

バッグ類は洗濯表示がついているものが多いので、水洗いOKであることを確認してから洗いましょう。ネットに入れて、優しい洗い方で洗い、タオルドライして、風通しの良いところに干せばOK。

Cloth shopping bags

4. 帽子

帽子は汗やホコリで汚れやすいもの。洗濯表示がついているものは、表示を確認して洗濯マークや手洗いマークがついていれば洗濯機で洗えます。野球帽などのキャップ型の帽子は丈夫なので洗濯機で洗っても大丈夫なものがほとんどです。

帽子を乾かす時には、型崩れしないように帽子の中にタオルや新聞紙を詰めておくとよいでしょう。

我的帽帽们

5. キッチン用品

食品を扱うキッチンは清潔にしておきたいもの。でも、鍋つかみだけは、あまり洗わない人が多いようです。布製の鍋つかみはもちろん洗濯機で洗えます。
鍋つかみだけでなく、プラスチック製のコースターなども、洗濯機や食器洗い機で洗えます。

potholders

6. ペット用のクッション

自分の寝具を洗うように、ペットが寝ている毛布や枕もこまめに洗ってあげたいもの。

洗濯機に毛が詰まるのを防ぐため、洗う前にコロコロクリーナーなどで毛を取り除いてから、ランドリーバッグに入れて洗いましょう。

IMGP3757.JPG

7. おもちゃ

キーボードのキーと同じく、レゴのブロックなどのプラスチック製おもちゃはランドリーバッグに入れて洗濯機で洗えます。こうすれば、一度に気になる細菌や汚れを落とすことができますよ。

原則として、布製のぬいぐるみも洗濯機で洗えます。水洗いできないものは、重曹と密封できるフリーザーバッグでキレイにすることもできます。

lego

8. スポーツ用品

スポーツの後で汗をかいた服を洗うのは当たり前。でもすね当てやひじ当てはどうしていますか?ほとんどのすね当ては洗濯機で洗えます。においは汗そのものからではなく、増殖した細菌から発生します。殺菌するためにも、中性洗剤を入れた洗濯機で優しく洗い、しっかり乾かすことが大切です。

9. ヨガマット

ヨガマットもスポーツ用品ですが、ヨガのクラスの後に丸めて、そのまましまう人も多いのでは?ヨガマットも汗などで汚れていますから、キレイにしておきたいもの。PVC素材などは洗濯機で洗えます。表示を見て洗濯機OKなら大丈夫。その他のマットは、浴槽に中性洗剤または重曹を入れ、軽く押し洗いして、シャワーでよくすすぎ、風通しの良い場所でしっかり乾かしましょう。

実はいろいろ使える洗濯機、是非有効に活用させましょう。

洗濯機で洗えるのが衣類だけでないように、食器洗い機で洗えるのも食器だけではありません。こちらの記事を参考にしてください。