67回目の結婚記念日 妻への面会はコロナで拒否された。しかし夫の起こした行動に世界中が揺さぶられた

中国・武漢から始まった新型コロナウイルスの影響は今や世界規模。アメリカ合衆国にまで飛び火したパンデミックは、今も広がり続けています。

ことの重大さに気づいたアメリカは、各地で徐々に封鎖措置を開始。その結果、映画館などの人が集まる施設が一時的に閉まるなど多くの人の行動に影響が出ています。

今回紹介するアメリカ人カップルも、大きな影響を受けたうちの1組。コネチカット州ヴァーノンに住むボブ・シェラードさんと妻のナンシー・シェラードさんは、3月14日の結婚記念日を、毎年一緒に祝ってきたそうです。

しかし2020年、新型コロナウイルスの拡大で、ナンシーさんが暮らす介護施設が面会禁止になってしまったのです。

一緒に結婚記念を祝うことができなくなってしまったボブさんとナンシーさん。しかしボブさんは、諦めませんでした。驚きの方法で、大切な日にナンシーさんに愛を伝えたのです。

実際にその写真をご覧ください!

ボブさんは、大きなボードと風船を持って介護施設を訪ねて、窓の外からボードを掲げたのです。

そのボードには、「君を67年間愛してきた。今も愛している。今日は結婚記念日!」と書かれていました。

ナンシーさんは感動した様子で、自分の部屋がある2階の窓から笑顔で手を振って、夫に投げキスを送り返したそうです。

いかがでしたか?この出来事を紹介した動画は以下よりご覧になれます。ウイルスは決して愛を引き裂くことはできないと証明してくれる、感動的なエピソードです。