【Wの悲劇】妻には国内出張だと嘘をつき愛人とイタリア旅行した英男性がコロナ感染でパニックに!

新型コロナウイルス感染拡大で、各国では出入国を制限したり外出自粛を要請したりと対応に追われている。しかし、事前に旅行を予約していたからとか学校が休校になったからとか、身勝手な言い分で旅行を決行してしまう自己中心的な人がいるのも現実だ。

妻に嘘をつき愛人とイタリア旅行へ
今月、イギリスにも新型肺炎が蔓延するイタリアに旅行に出かけた男性(30代後半)がいたという。

帰国後、男性には軽い症状が見られたため検査をしてみると新型コロナウイルスの感染が確認されたという。

だが、この男性が震え上がったのは新型コロナウイルスに感染したことだけではなかった。

なぜなら、男性は妻にはイギリス国内への出張だと嘘をつき、愛人とイタリア旅行に出かけていたからだ。

足取り調査で全てを白状
感染が確認されると、当然ながら公衆衛生当局による足取り調査がおこなわれる。当初は虚偽の報告をしようしていたものの、あらゆる矛盾が生まれたためついに観念した男性は、妻に嘘をついて愛人とイタリア旅行へ出かけていたことを白状した。

公衆衛生当局はその愛人を濃厚接触者として検査をする必要があるというと、男性は頑なに愛人の名前を言わなかったという。浮気、そして浮気相手までが特定されることを恐れたのだろう。

海外のメディア報道によると、男性の妻は男性がコロナ感染していることは知らされたもののイタリア旅行に出かけていたことは知らないままだという。現在は治療のため隔離生活を送っているというが、回復して自宅に戻るころには妻が家を出てしまっている可能性も否定できないだろう。

男性は完璧なアリバイ工作をしており浮気がバレるなんて1ミリたりとも思っていなかったようだが、今はイタリアから出国できただけマシだと思っているという。新型肺炎に感染し、妻には浮気がバレる寸前だが、まさに自分自身の愚かさが招いたWの悲劇である。