【痛っ!!!】大学棒高跳び選手の股間にポールが刺さる動画から思わず目を背けたくなる!

棒高跳びのポールが股間に刺さる
あらゆるスポーツに危険はつきものだが、思わず目を背けたくなるような痛々しい動画がSNSで公開され話題となっている。

米ユタ州にあるブリガムヤング大学で棒高跳びの選手として活躍するのはザック・マックウォーターさん(21)。この日、彼は練習風景を撮影していたようだが、棒を乗り越えたかと思いきや、ポールが股間に突き刺さってしまったのだ。

https://www.tiktok.com/trending?referer_url=https%3A%2F%2Fedmm.jp%2F101576%2F&referer_video_id=6794111744542280966

 

男性陣はもちろんのことながら、誰もが思わず「痛っ!!!」と口走ってしまうようなシーンである。

ポールはザックさんの履いていたショーツを貫通し、睾丸に刺さってしまったというのだから、その痛さはとんでもないものだったに違いない。

18針縫合するも機能は無事か
ザックさんは泌尿器科専門医でもある父親とともに病院へ向かい、父親によって18針縫合されたとのこと。

その後、ザックさんがこの動画をSNSに投稿すると瞬く間に拡散したという。睾丸が傷ついたことを危惧した彼は、当初「僕の未来の子供たちよ、安らかに」と冗談めいた一言を残していたが、父親の見解によるとただ外傷のみで機能には問題なさそうだという。

今回の事故を受け、ザックさんは他の棒高跳び選手たちに、たとえ練習中であろうと内側にスパンデックス素材のショーツを着用し、ポールの先にはキャップを付けるようにと警告している。自分の体を守るためにできることはやる、そう思わずにはいられない動画であった。